トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

ヤワい男子

唐突ですが、大黒摩季が90年代にリリースしたアルバムを5枚、持ってます。
30代の頃、徹夜仕事をしながらMacに大黒摩季のCDをつっこんで、イヤホンで聴きながら「くっそぉ〜!なんでこんな仕事をオレは選んだのかなぁ〜!(T_T)」などと心でぼやいていたものです。


その頃、はまっていたのはフライト・シミュレーター。
マック版のシミュレーターって種類が少なかったのですが、その中でFA-18 Hornetってので、もっぱら遊んでました。
その時のBGMも大黒摩季。
ノリが良くて元気いっぱいに出撃するも、すぐに撃墜(T_T)
そんな私の仕事机には、フライト・スティックが常備されていました。(今もありますw)


ちなみに、マイクロソフトのフライト・シミュレーターも、最初はマック版だったってご存じです?
ゲームじゃないけど、エクセルもそうね!


何にしても、話は大黒摩季。


大黒摩季のアルバムは、90年代に4枚がミリオンセラーを記録します。
当時、大黒摩季はOLさん達からも絶大な支持があって、著作も飛ぶように売れてましたね。
その楽曲は元気が良くて、女性の思いをキモチイイぐらいに代弁してて、ヤワな男共をノックアウトしそうな力に溢れてます。


その初期の作品、「永遠の夢に向かって」をBUDAとK701で聴いてますが、いやぁ〜、さすがにバブルの香りがただよう90年代!
金がかかってるというか、クォリティ高いッス!


Ooguro1


「La, La, La」とか「POWER OF DREAMS」とか、手持ちのアルバムは全部お気に入りなのですが、その中で少し毛色が変わっているというか、彼女のそれまでになかった良さが現れていると思ったのは「Mother Earth」


Ooguro2


これらのアルバムを、クォリティの低いマックというプレーヤーで、これまたクォリティの低いイヤホンで聴いてたんですね、私は。
で、今になってBUDAとバランス化したK701で聴いてるんですが、いやぁ、やられました!
私もヤワな男の子でしたww


自分の中で、最近のアルバムも買ってみようかなと、大黒摩季熱が再燃です!

2011年6月29日 (水)

新兵器参上

こんばんは!はじめまして!


オイラはジャイアン宅にやって来た新兵器、ルーペ付きスタンド!


細かい作業が苦手なジャイアン様のお手伝いをするのだ!


6pin_1


両手に持つのはHIROSEの6pinプラグ。


ナニ?よく見えない?


これでどうだ!


6pin_2


しっかし、小さいよねぇ〜(ーー;)
ジャイアンに作業できるのだろうか?


6pin_3


ところでこのプラグ、固定用の小さなネジが付いてるのだが、これはどうやって締めるの?
ヘックスでいいのかな?
小さすぎて、ジャイアンには見えないときたもんだ(ーー;)

2011年6月26日 (日)

スリムにいこう!

なんなのでしょう?
どうも体調がすぐれず、午後2時まで寝ていたジャイアンですww


一日家に閉じこもっていると「お外で音楽を聴きたい!」症状が現れるワタクシです。
何かの中毒でしょうかww
といっても、オイラの住むのは田舎。
日曜日ともなると、ご近所の喫茶店はのきなみお休み。
対岸のカフェは、今日のような曇り空では行く気がしない。


ということで、おんぼろデミオを駆って市街地までお出かけしました。
本日のお供はKORG MR-2とRooth LS8と、とてもシンプルかつスリムな構成。
二時間ほどしか電池がもたないんだが、まぁイイカ。


Mr2_1


実はコイツらの間にポタアンをかますとなお良い音で楽しめますが、今日は日曜、ライトにいこう!
私の手持ち機材でLS8を割とまともに鳴らせるのは、このMR-2だけ。
SDカードにDSD音源を仕込む。
仕込んだ曲は
しょぱん「春のソナタ」
Bill Evans Trioの“Waltz for Debby”
Oscar Petersonの“Night Train”
Eric Claptonの“Slowhand”


DSDなのは「春のソナタ」だけで、その他はHDtracksから仕入れたFlac。
で、音はどうなのさというと、やっぱヘッドフォンの方がキモチイイよぉ〜(T_T)
でも夏は暑いんだよぉ〜(T_T)(T_T)(T_T)


再生中、MR-2の画面はこうなってます。


Mr2_2


蛇足ですが、この写真の加工前はこう!


Mr2_3


わかってもらえるかなぁ〜(ーー;)


トリミングしたのは一目瞭然として、MR-2本体のゆがみがとれているのがわかるでしょうか?(少し残ってるけど)
フォトショップって、ホンマにスゴイ(コワイ)アプリですねぇ〜!
奥様から「私の写真もスリムにしてよ!」と言われそうですww サギジャン

2011年6月25日 (土)

新世界から

あちぃよ!(@@;)


若い頃は、コレでも暑さに強かったジャイアンです。
飯田橋界隈の裏道を、汗をだくだく流しながら歩き回っていた二十代の頃が懐かしい...


何をやっても暑いので、どうしても暑いので、それでもエアコンは苦手なので、わが家の対岸にあるカフェに逃げ込みました。


Cafe59_1


ここのテラス席で、潮風に吹かれながらアイスコーヒーをチューチューww
週末ともなると、観光客やアベックで賑わうお店なのですが、今日はあまりの暑さにお客様も少ないもよう。


ここの店、営業時間が変わっておりまして、午後一時から日没まで。
閉店時間はお日様まかせなんです!
なぜかってぇと、ここのテラス席から見る夕暮れが美しいから。
暗くなると、なぁ〜んもおもしろくないから。
なにせ、飲み物と少量のケーキしかおいてないお店ですからね。


その代わりといってはなんですが、眺望がスバラシイ!


Cafe59_2


本日、この景色を見ながら聴いてましたのは、チェコフィルハーモニー管弦楽団演奏のドヴォルザーク「新世界から」
フルートの響きが潮風の音にきこえ、バイオリンのきらめきが水面を照らす日の光のように感じるという一品ですww


ちなみに、私の家はこの辺。


Cafe59_3


どうですか?
HeadRoomの音を聴きにいらっしゃいませんか?ww

2011年6月24日 (金)

アンポンタン?(Unportable?)

暑いよ、暑いよ、暑すぎるよ!(T_T)


少し長めの外出から帰ったら、打撲で寝込んでる親父さまが大変なことになっていたジャイアンです。
えぇ、キレイに拭いてあげましたとも!
この年になって、親父の尻の穴をしげしげと眺めることになろうとはww


なんで外出が長引いたかというと、用事が終わってもさっさと帰らず、行きつけの喫茶店でコーシーなぞ飲みながら、音楽に興じていたから!最近、電池をiPowerのLi-Polymerに替えて、すっかり外出時PHPAの定番になっているSR-71Aとedtion8の奏でる音に、時間を忘れてウットリ^_^


4pin_cannon1


それにしても気になるのが、四段の隣りに鎮座まします4ピンキャノンコネクタ!


4pin_cannon2


やっぱデカイよね、コレ(ーー;)


どれだけデカイかというと、これくらい...


4pin_cannon3


HP-P1よりも長い!( ・_・;)
ゴロゴロとするし、重い!
これはやはりマズイんでないかい?
はやりHIROSEのコネクタに替えた方がいいんでないかい?


しかし齢50の私は若干の老眼。細かい作業は骨が折れる。
なのでルーペの手配や器具の固定方法も工夫して、機をみて必ず付け替えてやろうと思った、親不孝者のジャイアンでございました<(_ _)>

2011年6月23日 (木)

バランス化「良い子・悪い子・普通の子」

本日は時間があったので、バランス化したヘッドフォン三種の聴き比べをしていたジャイアンです!


試聴曲は小澤征爾指揮、サイトウ・キネン・オーケストラ演奏のベルリオーズ「幻想交響曲」第1楽章、第2楽章。使用した機器は据え置き用にと大枚をはたいて買ったHeadRoom Balanced Ultra Desktop Amp、同じくUltra Desktop DAC、電源にDesktop Power Supply。

“Ultra”と銘打っているところが、なんか「すごそう!」と感じさせる三兄弟!

Headroom1

結論から書いちゃうと、「何でもバランス化すりゃいいってもんじゃないんだなぁ〜」という印象。


例えば、シングルエンドで聴くと非常に端正で、音抜けもよろしく、聴きやすいK701。

コレなんか「4芯片出し」でバランス化しやすいじゃないか!と喜び勇んで買ったものの、バランス化の結果は「うるさいなぁ!」。バランス化して低音がより出るようにもなった。しかし、高音の鳴り方がきつくなって、ギュインギュインとなってる感じ。シングルエンドの時の聴きやすさがスポイルされ、楽しくないという結果に(T_T)

考えれば、元来がシングルエンドで開発された製品だもん。勝手にバランス化されて「悪い子じゃん!」と言われても、AKGの知ったこっちゃないわねww


「良い子」だったのはedition8。

当たり前の結果といえばそうだけど、いやぁ〜、いいですわこの音は!BUDAのコッテリモリモリに精緻さと鋭さが加わったバランス出力をがしっと受け止め、それを見事に鳴らしてる。e8はBUDAの音を力強く表現し、BUDAはe8の実力を余すことなくたたき出してるって感じ。

さらに言えば、元来が音が耳のすぐ側で聞こえる感じのe8の音場だが、それが広がって感じる。例えて言えば、シングルエンドならコンサートホールの前列当たり、指揮台のすぐ後ろで聴いていた感じが、バランス化でホールの真ん中あたりで聴いている感じに変化する。


比較の上から「普通の子」の評価に甘んじなければならないのがDT990PRO。

でもさ、BUDAのバランス出力を受けてどっかのオーストリア産のように破綻しないのはさすが!表現力がグッと増したとは言わない。でも、とっても聴きやすくなった。キモチイイ!
でも、時々低音の鳴り方に「破綻しかかってる?」と思うこともある。


結果として「アメリカ産のアンプの上でドイツ勢とオーストリア勢のヘッドフォンが戦争して、ドイツ勢が勝った」みたいなったけど、あくまでも私の環境での、私の主観、趣味嗜好に基づく印象なので、K701をバランス化して悦に入っている人、怒らないでね!(^-^;

Headroom2

2011年6月21日 (火)

ヘッドフォンのバランス化

えへへへへ、オイラもブログを始めちゃいました。ヽ(´▽`)/
って言っても、たぶんオーディオ関係の写真と雑感を時々書き連ねるだけですけどさ。
popcultureさん他、みなさん、どうぞよろしゅう!<(_ _)>

さてさて、のっけから書き連ねるのは、生まれて初めてのヘッドフォンの改造だよ!
DT990PROは開腹してHWS-20平行シールドケーブルで両出し+リケーブル。四芯片出しK701のみならず、あの高価なハイエンド・ヘッドフォンedition8 Palladiumのケーブルまでぶった切るという蛮行の数々。
30年以上ぶりにハンダごてを握ったオジサンの力作を見てちょうだい!

Headphones_2

ポータブル・ヘッドフォンのe8に4ピンキャノンをくっつけちゃって、なにやってんだろうね、このオジサン!でかいし重いじゃ、ポータブルにそぐわない。いつかはHIROSEの丸形6ピンに付け替えてやろうなんて思ってるけど、はてさていつのことになるのやら。

で、ケーブルの先っぽに4ピンキャノンじゃ何も聴けない!そこで用意したるは以下のケーブルとプラグ。

Cables_2

さぁどうだ!これで念願のバランス駆動も可能だし、シングルエンドとの聴き比べもやりやすい。ステレオ・ミニはedition8をお外に連れ出すとき用。

ということで、以上、初めてのヘッドフォン改造の顛末でございます。
音の感想はまたのちほど。今はこの三機で心ゆくまで音楽を楽しみたい!だって、バランスで鳴らした音がとってもキモチ良いだもん!

トップページ | 2011年7月 »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト