« 電源キットで駆動させてみる | トップページ | やればできるもんだww »

2011年10月22日 (土)

音が出た。すぐ壊したww

今日も今日とて懲りもせず、HA-10miniの話題ww


HA-10miniに使われてる「小電力汎用バイポーラ小信号トランジスタ(SC-59パッケージ)」ってのは、こんなに小さいのですぅ〜。


Ha10mini1


ピンセットの先よりも小さいのですよ!
コイツを38個ハンダ付けせにゃなりませんから、そりゃもう苦労したんです。
で、分かったんですが、コイツのハンダ付けには特別なコツなんてもんはなかとです。(なぜ博多弁!)
正しい道具を正しく使い、焦らず集中して、丁寧な作業を繰り返すだけなんです。
私的なやり方としては、


1. 予備ハンダを基板上に丁寧に載せ(私の場合、一個につき二ヵ所)
2. 余ってたコテ先とカッターナイフの刃先で位置決めをし
3. カッターナイフの刃先で固定
4. 速やかにハンダ付け(決して焦らず、ハンダがぬれるのを確認)


でまぁ、こんな風にできたわけです。


Ha10mini2


で、何はともあれ音を出してみたんです。
そしたらよぉ〜、出たんだヨォ〜!


Ha10mini3


作業中に、誤ってトランジスタを一個、なかば溶かしてしまってたので、まぁ鳴らないだろう、鳴らなくても落ち込まないんでいいんだぞ!と、自分に言い聞かせながら作業をしてたんですよ。
そりゃまぁ、左chの音がバリバリで、とてもまともな音が出てるとは言えないんだけど、右chは確かにヨカ音でしたもん!(なぜ再びの博多弁?)


もう嬉しくてですね、んじゃさっきのトランジスタを予備の一個ととっかえてみたら、まともに鳴るんじゃねぇかと作業してたら...やっちまいました。
上段と下段を接続させるフレームを溶かしちゃったwww
ま、要するに、部品も基板も小さい分、私はルーペ越しに作業せにゃならんし、どうしても視野が狭くなるんですな。
だから、しっかりと事前に危険予知をしながら、ごく基本的な作業を黙々と続ければ、50才の電気工作初心者オヤジでも、なんとかできるもんだと言うことたい!

« 電源キットで駆動させてみる | トップページ | やればできるもんだww »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
これ、私にはとても無理だなー 凄いと思いますねー
据え置きタイプのヘッドホンアンプは一回TRYしたいなーとは思ってるんですが・・・(真空管式のやつとか)

おばんです、popcultureさん!


コレね、ハンダの練習にはもってこいですよ!
ハンダ付けがどんなに大切か、本当に思い知らされます。
基板も部品も大きくて基板上にスペースの余裕があって作業は楽だし、ハンダが回路とリード線にキッチリと回っていなくても鳴っちゃったりするもんですが、コイツではNGです。
しかもNG部分の特定が非常に難しいですし、リカバリーはもっと難しいです。
事前に作業手順をちゃんと整理して、丁寧な作業を飽きずに繰り返す。
それさえできればなんとかできるんじゃないのかなぁと、ついこの前までオレにはムリだと思っていた私は思うのですよww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音が出た。すぐ壊したww:

« 電源キットで駆動させてみる | トップページ | やればできるもんだww »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト