« まぁ描いてみた | トップページ | 2.54ミリの迷宮 »

2011年11月 9日 (水)

目から鱗が落ちる

えぇ、目から鱗が落ちましたとも!
ナニにって?
電源の奥深さにです!


masarinさんのご指摘のおかげで、仮想GNDをいう意味を初めて知ったジャイアンです。
そんなことでポタアンを作ろうとしてたなんざ、とんだお笑いぐさなんですが、こちとら初心者なんでそんな事も想定内。
勉強するには、汗とともに大いに恥もかかなけりゃねww


で、昨日の回路図ですが


Amp_1_3


これにバッテリー二個で中点を取る、一番簡単な回路を加えてみました。


Amp_1_4


ついでに赤色LEDも加え、たまたま買ってたALPS製SW付きのボリュームを基板に実装。
LEDとステレオミニジャックはケースに固定させるので、基板とはコネクタを介して接続させる。
2階部分もあるので、やたらと接点の多い構成にしてしまった
音的には影響が出るかなぁ〜... ま、そこはお勉強のためのテスト・ベッドということで
masarinさん!
せっかくのアドバイスを裏切ってすいません<(_ _)>
これで鳴らなかったら、思いっきり笑ってやって下さい!


話は冒頭に戻って、仮想GNDを色々とネットで調べていて、まぁなんとたくさんの方式があり、それぞれに長短のあることか!と驚いたのであります。
それで思い返されるのが、私が某電子計量計測器のメーカーに勤めたときに先輩技術者から言われた「回路設計の腕は電源設計をやらせればすぐに分かる」という言葉。
こちとら根っからの文系出身者。(本当は理系を目指したかったが、学力がそれを許さなかった
当時はそれがどういう意味なのか、サッパリ分からなかったわけです。
その意味が今日、すこぉ〜し垣間見えたような気がするのです。
電源は家屋に例えれば土台!
上にどんな立派な家を建てても、土台が軟弱であれば意味がない。
と同じように、どんなにすぐれたアンプを考案しても、電源がプアなら、その性能を発揮させることは出来ない!と、本日悟ったのであります。
と同時に、なんでSR-71Aは6P電池2個なのか、ホワイト・ビスパは単四が4個なのか、なぜ電池の出力電圧よりも内部抵抗値の方が71Aの音色に重要なのか、電池の電圧が下がってくるとなぜあんなにノイズを盛大に吐き出すのか、DCオフセットとは何なのか、やっと少し分かってきたのです。
もうね、それが分かっただけでも、今回挑戦して良かったと思えるのですよ。


今回のアンプが終わったら、次は据え置き型のディスクリート・ヘッドフォンアンプ(差動増幅型)に挑戦しようと思ってるんです。
で、それも終わったら、電源回路の迷宮を巡る旅もいいなぁ、なんて思い始めているジャイアンでございました。

« まぁ描いてみた | トップページ | 2.54ミリの迷宮 »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

自己コメント。
とんでもない初歩的なミスを発見!
ICソケットの大きさを間違えてます。
作業の前にソケットを基板にさしてみて「あら?」と気がついたww
また図面に手を入れなきゃ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目から鱗が落ちる:

« まぁ描いてみた | トップページ | 2.54ミリの迷宮 »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト