« 妻と二人でコーヒーを | トップページ | 卒業 »

2012年3月26日 (月)

据え置き環境の電源対策 其の一なのだ

どもども!
今日も今日とて、こんな変態的な構成で外をうろついていたジャイアンです...


Furutech01


この写真には写ってませんが、耳にはHIROSEにリ端子したE8。
ムッチムチのエネルギッシュな音なんです。
かたやWhite Bispaで鳴らすTH900は、USB Isolatorの恩恵もあってとても煌びやかで聴きやすい。
低音なんて不得手だろうと勝手に思ってたんですが、なんのなんの、量感豊かでタイトな低音。
そうとも知らずに勝手に放置していてゴメンね、White Bispaチャン!


そんな私の所に、新たなるブツが届きました(マタカヨ!)


Furutech02


フルテック オーディオグレード インライン フィルター FLOW15です!



Furutech03


そしてもう一種類(実は二本)...
KOJO 電源ケーブルMedusa・メドゥーサ(2.0m) KS-0/2.0です。

Furutech04


コイツをね、Macとエルサウンドのパワーサプライに使おうと思いまして。
ついでにMacにはフルテックのインライン・フィルターを入れて、少しでUSBデータの品質向上に繋がればと期待して。
結果から言うと、大正解!www


ケーブルをとっかえひっかえして聴き比べてみました。
基準としたのは、MacPro標準のコイツの音。
Furutech06


そして早速、メドゥーサで...
Furutech05


デフォケーブルに比べて、一聴して音に明瞭さや力強さを感じます。
これだけでもいいじゃん!てな感じ。
でもそれじゃフルテック買った意味ないし。
というわけで、次はコレ
Furutech07


メドゥーサ&フルテック!
音の明瞭さはそのまんまに、グッと、グッとですよ音場が広がった感じで、繊細な表現もきこえてくる。
あぁ、これ、エエわぁ〜www


ではネタ的にこのバージョンも
Furutech08


どこのバカがPCにTUNAMI GPX-Rを使うっちゅうじゃ!(ココニオル!)
音がね、全体的にグッとタイト。
少々暗く沈んだような印象。
ジャズやクラシックには、こんなおバカな組み合わせもいいんじゃない?


さて、悪のり第二弾!
Furutech09


TUNAMI GPX-R単体での印象に、細部の表現力が加わった!って感じ。
でもさ、TUNAMI GPX-Rの力感がとても支配的。
本当に使いどころに困るケーブルだなぁ、コレ...


ということで、収まるところに収まりまして、Macの背面はこうなりましたとさ。
Furutech10


元はと言えば、白髪犬さんに「Macもアイソレーショントランスにつなぎたいから、できれば容量の大きいのがいいんだけど、どう思う?」とアドバイスを求めたのがきっかけ。
白髪犬さんがおっしゃるには、所詮、PCの電源はスイッチングなので、わざわざクリーン電源に接続することで大きな効果は求めにくいのではないかと。それならば、ノイズフィルターがいいんじゃないか?と。
早速調べましたよね!
そしたら、フルテックには6万以上もするインラインフィルターとか3万代のもあるんだけど、つい最近、そいつらの廉価版をリリースしたばかりじゃないですか!
PCごときには安いのでOK!とばかりに、ポチッたわけでございます。

実はこれ以外にも、インラインフィルターをタップやHeadRoom Desktop Power Supplyにもつけてみたんだけど、思うような効果は得られず。
HeadRoomのBalanced Ultra Desktop Ampを通すとHP-A8だと少し、Ultra Desktop DACだとかなり顕著にハムノイズがきこえる。
HP-A8単体だと、そんなもんはきこえないんだけどね。

それだけHP-A8の電源回路が優秀、もしくはHeadRoomのPower Supply Unitがショボイ、かつUDACがノイズに弱い(まぁ、DACは外来ノイズの影響を顕著に受けやすいデバイスではある)ということなんでしょう。
これはもう、アイソレーショントランスを導入して、大元の電源品質を上げるしかないよね。


Amazonアソシエイトに登録してみたんだけど、アハハハ、見事にAmazonの広告塔になっちゃった!

« 妻と二人でコーヒーを | トップページ | 卒業 »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

やはり電源は高ぇ・・・
興味はあるけどなかなか踏み出せない分野
しかし6万以上するフィルターとは恐ろしいものがあるもんだ

つきじさん、どうもぉ〜!


確かに電源関連は上を見ればキリがない世界ですね。
とはいえ、ある程度イイものを買ったので、そのパフォーマンスを存分に味わってみたい。
それ以上に、上流品質や電源環境整備の経験が、今後のオーディオ道に生きるだろうと思って、半分は勉強のつもりでやってるんですよ。
それにしても勉強代が高い!www

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 据え置き環境の電源対策 其の一なのだ:

« 妻と二人でコーヒーを | トップページ | 卒業 »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト