« 私の部屋は肥だめだったというお話し | トップページ | FLAC Player & Portable Full-Balance »

2012年4月 1日 (日)

Riding With The King

少々お疲れモードのジャイアンです!
いろいろありましてねぇ〜、ここのブログに書いてるようなオーディオ三昧の生活というわけでもないんですよ... にしても、いつ仕事してるんだ、このオッサン!という勢いですよね!


さて、本日最初のお題はオペアンプ!
昨晩、くろぇさんからお譲りいただいた五種類のオペアンプを、とっかえひっかえしながら聴き比べておりました。
で、私なりのレビューでも書こうかなと思ったんですが、ムリだと分かった!www
だから、ザックリまいります!


Db2_1


Db2_2

コレはDB2付属の正体不明オペアンプがのってる図。


まずバー・ブラウン兄弟のOPA4277とOPA2134。

Db2_opa4277


Db2_opa2134

双方とも私には物足りない音。
スペック的にどうのこうのということよりも、私の好みの音じゃない。
特にOPA2134はダメでして、印象的にはDB2がコイツをちゃんとドライブしきれてない感じ。
だから、出てくる音が音楽じゃない。


次、LINER TECHNOLOGYのLT1112。


Db2_lt1112


コレ、いいですねぇ〜!!
さすが±1Vからでも仕様を補償してるだけあって、ちゃんと鳴らしてくれてます。
見晴らしも良好だし、ヴォーカルには艶がのるし、低域の量感も響きも文句はない。
文句はないのだが、特にコレでないと困るというわけでもなく...


さぁ、次!ナショセミ兄弟のLME49720とLME49860。

Db2_lme49720


Db2_lme49860


LME49720は高域の伸びがとても美しくて、低域の適度にハリのある響きがキモチイイ感じ。
そしてLME49860は、その上をいくポテンシャルを持ってる感じがして、低域は量感がありながらもタイトで私好み。
ということで、しばらくはLME49860でいくことにします!


Db2_3


Db2_4


少々問題がありまして、すこぉ〜しノイズみたいな音がのるんですよね。
オペアンプとの相性もあるのか、それが耳につくのと気にならない程度に少しあるかなと思うのと。
ノイズ、というよりは、ある条件の音(特にヴォーカルで感じたんですが)がザリザリと聞こえる感じ。
きしょくよくない!
なんとかしたいなぁ〜...


コレについては、ヘッドフォンとの相性も少し疑ってます。
特にEdition8をバランス接続させてるときに、より顕著に感じます。
そうでなくてもドライブ力の強いバランス接続。
Edition8のいいとこだけじゃなくて、ネガな部分もでてきてるんじゃないかな?とも疑ってます。
この辺は、ぜひほかのポータブル・ヘッドフォンをバランス化してみて、聴き比べてみたいですね。
たとえばベイヤーのDT1350とか。
検証だけなら、手持ちのK701やDT990PROでもできるんだけど、持ち出せないんじゃ面白くないじゃん!www


次のトピックス!
本日、MoonAudioさんからSilver Dragon v1のインター・コネクト・ケーブルが届きました。

Db2_5


ヤフオクで買ったオーグのインコネと比べて、正直「どっちでもいいんじゃないの?」っていうとてもいい加減な印象しか持たなかったんですが、強いて言えば銀龍の方が低域の表現がキモチイイ。
よってしばらくはこいつで運用していきます!


さぁ、さくさくと次のトピックス!(マダアルノカヨ!)


ふとiPhone4SでFLAC playerを立ち上げて、P1 → DB2で聴いてみたんです。
いやぁ〜、むっちゃくっちゃ気持ちのいい音で、たまらんのんですよ!
もちろん、入っていた音源はハイレゾの24/96 FLACなんですけどね、普通の例えば16/48なんかをFLAC playerで再生しても気持ちよく聴けるんじゃないのかなぁ〜、などと思ってしまったのですよ。
要は、iPhoneデフォのプレイヤー vs FLAC playerを思い立った!


んで、今やiPod化しているiPhone4をこうしてみた。

Flac1


デフォのアプリは外せませんから仕方ないですが、それ以外のアプリは全削除!
SIMなんか入ってないし、Wi-Fiも要らないので通信機能カット!
触るのはFLAC Playerとデフォのプレイヤー、メモリ解放ユーティリティーのiMemoryGraph、環境設定のみ。


桑田佳祐のMUSICMANをFLACに変換しFLAC Playerへ、同じ音源をiTunesで同期!
で再生させてみた。
上がFLAC Player、下がデフォのプレイヤー。

Flac2


Flac4


心持ち、FLAC Playerの低音や高域の表現が丁寧かなぁ...ぐらいの感想しかもてなかった orz
ま、いいかぁ〜、P1じゃハイレゾ・データをビットパーフェクトで生かせるわけじゃないんだけど、それでもビックリするぐらい音がキモチイイから、これはこれでありだよなぁ〜、と自分を納得させました。
でも納得できないのがメモリの使用量でして、上がFLAC Player起動後、下がデフォプレイヤー。

Flac3


Flac5


まぁFLAC Playerのメモリ・イーターなこと!
このアプリのためだけにiPadの最新版が欲しいわ!(イヤイヤ、ホンマツテントウダロ!)


てなわけで、少々の使い勝手の悪さ(楽曲管理がねぇ)はありつつも、音質にもこだわりたいのでしばらくはこれでいきますか、という本日のブログでございました。

Flac6


« 私の部屋は肥だめだったというお話し | トップページ | FLAC Player & Portable Full-Balance »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

LME49860は49720より耐圧の上限が高いだけで他のスペックは変わらないはずなんですが、実際聴いてみると違うんですよね。スペックに出ない違いがあるようです。
私も2ちゃんのスレで49860を勧められるまでは49720と同じものだろうと興味を持っていませんでした。実は全く一緒だろうとされるLM4562というものもあるんですが、これは聴いたことが無いのでわかりません。秋月で買えるので機会があれば試したいところ。


ノイズのような音は特定の曲や音のみで出るのでしょうか?それでいてipod直なら出ないとすれば、私の聴く曲でもそういうものがるので試しに聴いていただきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Riding With The King:

« 私の部屋は肥だめだったというお話し | トップページ | FLAC Player & Portable Full-Balance »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト