« チョット 〜バランス・インコネの聴き比べ〜 | トップページ | 私たちを救って!“Salva Nos” »

2012年6月16日 (土)

GreenKey 〜ここまでのまとめ〜

久々の更新でございます。


club_bluemoonさんからGreenKeyについての質問をコメント欄でいただいておりまして、確かに今までの説明では混乱や誤解を招く点も多々あるなぁと反省。
で、今まで使ってみて、私なりに気がついた注意点や試行錯誤などを簡単にまとめておきたいなと。


1.GreenKey接続の向き


PCオーディオ製品として開発されたGreenKeyは、通常はA type オスをPC側にセットします。
HP-P1と共に使おうという製品企画にはなかった使い方では、このA type オスをHP-P1側に向けなければ使えません。
実際に試してみました…


Greenkey2_1


これはHP-P1と併せるときの通常の接続方法。
ここに


Greenkey2_2


二種類の変換アダプターを用意しました。
AメスーAメスは見つかるものの、AオスーAオスはなかなかなくて、入手に困りましたwww


で、このように繋いでみました。


Greenkey2_3


なんとも大仰な感じですが、結果、全く認識されません!
GreenKeyに電力も供給されず、ピカリともしません!


では、GreenKeyに電力を供給できたら使えるのか?
というわけで、こんなものを用意しました。


Greenkey2_4


IPhone用防水ケースなどで使われるアダプターなのですが、コイツは本体の左側にmini USBポートを持っていて、給電が可能なのです。
これを使い、このように接続します。


Greenkey2_5


Greenkey2_6


結果、DAPにもGreenKeyにも給電はできます。
できますが、HP-P1とのデジタル接続はできません。


以上の検証から、HP-P1でGreenKeyを使う場合、Aオス側をHP-P1にAメス側をDAPに接続しなければならないことがハッキリしました。チャンチャン!


2.iPod classicと使うと、HP-P1とiPod classicのデジタル接続がうまくいかない


Greenkey2_7


私の環境では、全く認識されないというわけでもなく、何回かHP-P1の電源ON/OFFを繰り返してると、なんとか認識される、という感じです。
認識されて音が流れても、すぐに接続が切れてしまうこともありますし(iPod classic側は再生が続いてます)、しばらく無音が続いてから後に音が流れ出てくることもあります。
または何回トライしても繋がらない。又はiPod classicを再起動(クリックホイールの中央とmenuボタンを同時に長押し)で繋がるようになったり...
要は「不安定」なのです。


いったん接続が確立してしまうと、iPod classic側を操作しても接続が切れることはありません。もちろんGreenKeyを外せば、こんな面倒な問題は起こらない。この面倒さがあってもGreenKeyを使うかどうかは悩みどころですね。(私はそれでも使いますがw)


iPod touchの2Gや5Gでは何の問題もなく使えているという報告も受けています。私のiPhone4とiPhone4Sでも問題ありません(時々繋がらない時があるけど、そんな時はiPhoneを再起動)。おそらくはiOSデバイスでは問題が発生しにくく、iPod classicだけに限定した問題の可能性があります。
iPod classicはハード的にもソフトウェア的にも枯れたデバイスです。そう言う意味では、あきらめるしかないのでしょうねぇ(T_T)


3.GreenKeyを使うと、HP-P1のバッテリー消費が激しい


私の環境では、約2時間ぐらいしか駆動してくれません。なので、GreenKey併用では外付けバッテリー必須です。
またバッテリー消費が激しいという理由から、Soloでの使用はお勧めしません(充電にAC Adaptorが必要だから。外部バッテリーからの接続端子をどうにかすれば解決できる問題ではありますが)
またGo-DAP Unit 4.0や今夏リリース予定のGo-DAP Xは、充電しながらの駆動ができないので、これも全くオススメできないとwww


最初に書いたように、GreenKeyはPCオーディオでの使用を念頭に開発された製品であり、HP-P1と併用するポータブル運用は、たまたまうまくいった派生的な使用方法。
なので、ポータブル・オーディオでの使用に際しては、使用者個人の責任において使っていただきたいなと思うわけでございます<(_ _)>


さて、この写真。


Greenkey2_8


見慣れぬ物体と、二種類八本もの線材を用いたバランス用インコネです。
このお話しは、また次回と言うことで...

« チョット 〜バランス・インコネの聴き比べ〜 | トップページ | 私たちを救って!“Salva Nos” »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

検証お疲れ様です。
間に変換コネクタを噛ませても伝送的には何も変わらないはずなので、単純に順方向だと認識しないという結論なんですかね?不思議です。

そうだったんですか!(笑)

iPod側にgreenkeyのオス側を接続すれば何の問題もなく作動するのではと思い込み、実はAメス・Aメスのコネクターと、Aオス・Aオスの延長ケーブル、そしてgreenkeyの消費電力を考慮して、電圧の変更もできるちょっとお高めの外部バッテリーをAmazonの買い物かごに入れ、購入の手続きをし始めたのですが、最後のクリックをする前にとりあえずジャイアンさんに訊いてからにしようと思い、昨夜にブログにお邪魔して質問させてもらったのです。
そして、ジャイアンさんの今回の検証内容を拝見して、greenkeyがiPodクラシックで使えない(使いづらい)代物だという事実よりも、自分が購入しようとしているものを事前にするどく察知して、その答えを素早くアップしているところに驚愕を覚えました…
ジャイアン、偉大すぎます。
あのままAmazonで購入していたら、届いた物は全て無用となっておりましたね(greenkeyを使わなければ外部バッテリーも今の自分の使用状況では特に必要性ないですから)。
ま、でも、手元にあればいつか役にたちそうなものばかりですから、やはり購入しておきまり(笑)値段もしれてますしね。
販売元から返金にも応じるから使えなかったら送り戻してねと言ってましたが、greenkeyもPCオーディオを据え置きで楽しむ時に活躍してくれそうですから手元においておきます。
というより、HP-P1が認識するまで意地でも電源のON・OFF繰り返そうと思います。だって一度greenkey通した音聴いてないですから〜(笑)

とにかく、色々ありがとうございました。
これからもバイブルとなる内容の濃いブログを引き続き楽しませてください。

この検証、実は一ヶ月以上も前に行っていたんですが「こんなおバカな試み、誰も期待しとらんわ!」と、勝手にお蔵入りさせてましたwww


> くろぇさん
私は、たぶん認識してくれないんだろうなと思ってました。
iPod/iPhoneがデータ送出側と言え、PCではありませんからねぇ。
iPadでApple Camera Connection Kitを介して繋ぐと、iPadからちゃんと駆動電流も供給され問題なく使えますが(HP-P1は使いません)、これはiPadがPC的な働きをしてくれるから。
GreenKeyがHP-P1で使えたというのは、本当にたまたまラッキーだったというだけのお話しなのだと思います。


> club_bluemoonさん
その後、iPod classicをGreenKeyでうまく鳴らすことができたでしょうか?
エ〜ト、先に書いたように、事前に鋭く察知したのではなくて、私もclub_bluemoonさんと同じような事を考えてたというわけです。どうせ販売元に問い合わせても情報を得られるはずもないことは百も承知してましたから、とにかく試してみたというわけです。
何にせよ、お役に立てた(?)ようでなによりですwww

ジャイアンさん、こんばんは。

おかげさまで、私もなんとかgreenkeyを通した音を聴くことができました。
今日、昼休みにHP-P1のON・OFF繰り返して(笑)
あいかわらず、イヤホンのX10を使っておりますが、私にはHP-P1直よりさらに音場に奥行きが生まれたように聴こえました。HP-P1直とiPod直の音場の広さの違いをX10は感じとることができにくいイヤホンですが、greenkeyを通すとはっきりと音場の奥行きが広がったのを感じます。
これをベッドホンにしたら、それこそ激変になるのではと想像させられます。
早く、ベッドホン比較試聴して購入せねば(笑)
それから、JAZZの曲で感じたのが、HP-P1直の場合は『メインのトランペットやサックスが一歩前で鳴っていてその後ろでバスやドラムが鳴っている』なのですが、greenkeyを通すと、後ろで鳴っていたベースやドラムがメインの管楽器と横並びに聴こえてきます。ベースやドラムが前に出てくることにより、つまり音全体に迫力が生まれる感じになります。
それから、低音の解像度さらに上がりました。ヨーロピアンジャズトリオのアルバムからリベルタンゴを聴いた時にそれがはっきりわかります。冒頭、ウッドベースのソロで始まるこの曲ですが、イコライザーで低音下げれば相対的に低音の解像度が上がったように聴こえます。しかし、低音のボリューム落とさずにここまで高解像度の低音聴かせるとは、greenkeyなかなか良い仕事しますね!
ただ、iPodのバッテリー残量が少ないと、greenkey通したHP-P1は絶対にiPodを認識しようとしませんね(笑)
その場合はひたすらiPodの充電中のマークがつきっぱなしです。
greenkey通してiPodの充電。これでiPodの中身も綺麗な電気で満たされるのでしょうか?(笑)それがさらに良い音作りになれば、greenkey一つで二役ですね(笑)
とにかく、面白い製品教えていただきありがとうございました。

バッテリーについてなんですが、台風で帰宅できずに音楽を聴き続けて、気づけば4時間が経過。まだHP-P1のランプが緑ですw
条件が違うとは言え、倍以上もっているのは不思議です。

club_moonさん、コメントをありがとうございます
またGreenKeyで無事に認識もできたとのこと、あわせておめでとうございます!
コメント内容から「なるほどぉ」と思ったのはiPodのバッテリー残量の件。
私の環境でもiPod classicで認識されなくなって「なんでだ!」と、すでにiPodは捨て置かれた状態になっているのですが、これはさっそく満充電してみて、明日にでも試してみたいです!
ところで先日、ケーブルやプラグの商いで有名なオヤイデさんのブログで、ポータブル・オーディオ(バカ)自慢大会が催されていたのをご存じですか?
私の愛機も紹介していただきました。
私の環境がまったく普通に見えるぐらい、投稿されたポータブル・オーディオ構成がクレイジー!
まだご覧になってないようでしたら、一度覗かれることをオススメします(と、サラリと自慢してみるw)
http://oyaideshop.blogspot.jp


くろぇさん、それはなんとも不思議!
もうね、FireStone GreenKeyは謎に満ちてますね
くろぇさんのHP-P1は電源部が強化されていますから、その辺の事情も関係してるんでしょうかねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GreenKey 〜ここまでのまとめ〜:

« チョット 〜バランス・インコネの聴き比べ〜 | トップページ | 私たちを救って!“Salva Nos” »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト