« 外部アンテナを作ってみた | トップページ | DSD再生にはまる »

2012年9月25日 (火)

HP-P1とFireStone GreenKeyで気がついたこと

ひっさびさの更新です。
個人的によんどころない事情があり、ブログ更新やTwitterもひかえてました。


でも、ポータブル・オーディオでもUSBアイソを使おうよ!と喧伝しまくってきた責任上、これは告知しておいた方がいいかも!と思うことがありましたので、久々の更新


私のポタ環境はこのように


Chottomatteyo3


DAPとしてのiPhone4とHP-P1の間に、デジタルノイズの除去を目的にFireStone GreenKeyを入れてます。
iPod classicなどではなかなかHP-P1を認識してくれないという問題もありましたが、ブログ閲覧者さんからのアドバイスで、iPod classicが満充電状態だと認識可能ということも分かりました。


でもです、iPhone4で音楽再生させていると(アプリはFLAC Player)、日によって音が違うことに気がつきました。
音がザラつくときと、もうウットリするほど美しい音を奏でてくれるときとあるのですよ!


「何が原因なんだろう?」


で、あるとき、「満充電のiPod classicなら問題なく認識される」という上述の情報にピン!ときたんですね。
あらかじめiPhone4を満充電状態にして再生させることを、ここ数日、続けました。
結果、音のざらつきは消え、もうウットリするほどの美音!
また、GreenKeyの発熱も微少。
その代わり、iPhone4への十分な充電は行われないようです。(かといって、劇的にiPhoneのバッテリーが減るわけでもありません)


これらの状況を総括するに、HP-P1のファームウェア・アップで実装されたDAPへの給電がGreenKeyの機能を著しく損なっていたのでは?と思えるのです。
HP-P1の問題ではないですけどね(ポタでGreenKeyなんか使うからだい!)
おそらくはHP-P1のバッテリー消費も通常レベルになってくれてるんじゃないかと思うのですが、まだ検証はしてません(メンドウクサイ!w)


ただそれだけを言いたくて、しばらくぶりに更新!
あ!そうそう!
デフォアプリよりも美音を奏でてくれるFLAC Playerですが(極私的意見ですが)、ハイレゾ音源を再生させたときの高音質ぶりはハンパないです!(私は外部DACを使ってるので、誰でも同様に、とは言い切れませんが)
所詮は16bit/48kHzでしか出力されないはずなのに、なぜこうも音が違うのか?
不思議ですね。

« 外部アンテナを作ってみた | トップページ | DSD再生にはまる »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

HP-P1からの電力供給が悪影響なのは分かっていたのですが、iPodの種類や世代によってはGreenKeyを通すと電力供給されなくなるようなので大丈夫かなと思っていました。

FlAC Playerについてはソースによっては確かに違いがあるかもって思いました。
これはフォーマットの違いかもしれませんしエンコーダの違いかもしれません。iTunesは残念ながらあまり良くないので。
ハイレゾは興味深いです。出力の制限がある以上は内部的にデコードしているはずなんですが、そのソフトウェアデコードの性能がFLAC Playerは高いのかもしれませんね。

こんばんはー 久々の更新でございますねー
今度新しいiPod Touch買ったらFLAC PLAYER入れようかなー
私は今でもUSB-ISOを使ってますよー

> くろぇさん


FLAC Playerはその挙動から、まず音源データをエンコードしてメモリ上に展開。その上で出力させているようです。
対してデフォの「ミュージック」は逐次エンコードさせながらの出力。
そんなところも音質に関係しているのでしょう。
Macで「良音」と評価されるプレイヤーも、FLAC Playerと同じようにメモリ上に展開してから出力させてますからね。
今年はハイレゾDAP元年と言えるほど、ハイレゾ音源対応プレイヤーが続々とリリースされている、もしくはリリース予定。
まずは音を聴いてみないことには軽々に判断はできませんが、私の中ではiPod/iPhoneの優位性がドンドン下がっていますw


> popcultureさん


Bus-Power Proはお外では使ってないんですか?
音質的にBus-Power ProとUSB-ISOではどう違うのでしょうか?
9V電池を使えば、Bus-Power Proもポタで使いやすくなるのではと、実は密かに狙っているのですがw

こんばんは。
毎回面白、楽しく見させて頂いています。

カナリ、オーディオに拘っている事がヒシヒシと伝わってきます!
そこで、少し質問なのですが、HP-P1のオペアンプを交換してみたいとおもっています。
今のHP-P1の音に不満があるわけではないのですが、少し遊んでみたくて思い立った次第です。

今のところMUSESのようなオペアンプに交換してみたいのですが、果たしてちゃんと駆動するのでしょうか?
なにやら動作電圧などがあるらしくて難しそうです。

技術はあるつもりですので、其処さえわかれば実行出来ると思います。

よろしくお願いします。

mic92さん、はじめまして!
コメントをありがとうございますヽ(´▽`)/
誤解のないように強調しておきたいのですが、拘っているのではないのです!
遊んでいるのですw


さてご質問の件ですが、私には皆目分かりませんスマン!
内部電圧はさほど高いものではないだろうとは思いますので、オペアンプ交換が可能だとしてもMUSESは厳しいのではないかと。
この辺はくろぇさんが詳しそうですね!ヨロシク!
彼のHP-P1は人の手によって電源部強化の改造が入ってます。

ご返答ありがとうございます。

拘っているのではなく、遊んでいるのですか!
あの五段重ねを見ると納得します(笑)

むぅ。
やはりMUSESは動作しないようですね。
もう少し考えてみます。

価格.comにも居るので、またお話をお聞かせ下さいね!
では。
ありがとうございました(^ ^)

> mic92さん


オーディオって、私にとっては実験場なんです。
試していくと次から次へと色んな疑問がわいてきて、それらをまた試してみないことには気が済まなくなってしまうんですよ。
まぁ困った性格です┐(´д`)┌ヤレヤレ

オペアンプに何V供給されてるかテスターで確認して、十分に動作するオペアンプを載せてみればいいと思いますよ。でもソケット式じゃないから変な挙動をしたり好みと違う音がしたら面倒なので、いっそソケットを取り付けちゃっても良いかもしれません。それくらいのスペースはあります。

電源強化とカップリングの変更、帰還抵抗の変更などもすると尚良くなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HP-P1とFireStone GreenKeyで気がついたこと:

« 外部アンテナを作ってみた | トップページ | DSD再生にはまる »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト