« DSDダイレクト再生に酔う(北欧編) | トップページ | SHOCK!! SHOCK!! SHOCK!! »

2013年1月20日 (日)

手持ちPHPA大放出祭

現在、私のポータブル・オーディオ環境は完全にフルバランス仕様になっちゃってます。

もうね、iBasso DB2にSR-71B、そしてリ端子したEdition8、それらの上流にiPhoneとFOSTEX HP-P1を置いたら、ヘッドフォンを頭から外せない!
こんなに鳴ってくれるんだ!と、聴くたびに日々喜びも新た!


そのために出番を失った不憫なPHPAが、私の手元に増えてしまいました。
その中で「これならよそ様にお譲りしても、ご迷惑をかけることはないだろう」という品を3点、放出します!タダじゃないけど


まずはコチラ、White BispaことBSP-PHPA-03SN


Whitebispa1_2

Whitebispa2_2

Whitebispa3_2

限定生産品で、思わず衝動買いしてしまいましたぁ〜
中高域の響きが流麗なWhite Bispaですが、音的に私の好みではなかった!
なのでほとんど外出させてません。
また写真のエネループもつけちゃいます!
予備の化粧ビス、ジャンパーピン四つ、予備の天板、クッションシートなどなど、全部揃ってます!
さぁどうだ、もってけドロボウ!!


続いてご紹介しますのは、CORDA STEPDANCE

Stepdance1

Stepdance2

Stepdance3

こちらも備品は全て揃ってます。
背景の黒い音で、ヴォーカルが全面にグッと出てきて、力感も解像度もあって、iBasso D12 Hjと共によく持ち歩いていました(その後、その座はSR-71Aに取って代わられましたが)。
写真で分かるように、本体正面にクッションシートを貼っていた残骸が残っています。えぇ、立派な中古品です!
さらに言うと、本気の音を出させると電池の保ちが悪いです。
でも、そのデメリットを埋めて余りある満足を与えてくれた一台でした。


最後にご紹介いたしますのは、オランダはQables社のiQube v2


Iqubev21

Iqubev22

Iqubev23

写真に入れるのを忘れていましたが、もう一つ、一回り大きいシリコンバンドも付いてます。
コイツを買ったのがPHPAにはまる大きな契機になりました。
もう、何かにとりつかれたかのように、デジタル入力可能なDAC内蔵PHPAを買い漁ってましたね。iPadにSE535と一緒に持ち歩いてました。
最近では、TH900を外に持ち出すときにiQube君にお出ましいただいてましたが、そのTH900ももっぱら屋内使用になりまして(まぁ、当たり前)。
すっかりこの子の出番がなくなりました。
USB DACとしてみれば一世代前の代物ですが、アンプ部の性能は本当に素晴らしい!
コイツを手に入れるためにQables社に直訴し、タイムロード社の社長さんの手を煩わせ、ようやくフジヤ・エービックで仕入れられたばかりの現品を押さえることができたという曰わく因縁が背景にあります。


経年劣化で内蔵蓄電池の性能が落ちているハズですが、その際はヘックスレンチで裏蓋を開け、単四のエネループを入れれば、駆動も充電も問題なくできます(確認済み)。
今入っているのは当初から入っていた標準品ですが、手持ちのエネループ充電器でリフレッシュ処置をしてあります。


以上の三点の買い手を募集します!


お買いいただける代金が高ければ、まぁ嬉しいのですが、せっかく楽しみまくってきた(約一台を除く)PHPAですので「どうしてもコレが欲しいんだよぉ〜」という方にこそ買って、楽しんでいただきたいと思います。
そういう訳ですので、一番高く値をつけて下さる方ではなく、私の心の琴線に触れる「動機」をお持ちの方に、その方の言い値でお譲りしたいと思います。
ご希望の方は、このブログ右側の「メール送信」から「購入希望価格」に「購入動機」を書き添えてご連絡下さい。
私のTwitterアカウントにDMでもOKです。
送付方法はクロネコヤマト。
基本、送料着払い(前払い希望の場合は代金にその分を上乗せ)、代金振込手数料は受取人負担。
代金振込先は、私の指定銀行口座か郵便口座のいずれかご都合のいい方で。


お金の絡むお話なので、無用なトラブルは避けたいと思います。
仮にトラブルが起こっても、私は誠意をもって対応させていただきます。
同様に誠意をもってご対応いただける方からのご連絡をお待ちしています。
なお、この取引で知り得た個人情報を運送業者以外の第三者に開示はいたしません。
同じように私の個人情報も明かさぬこともご確約くださいませ。


本当は当初、四台放出する予定でした。
その四台目がコレ。


Pico1

Pico2

ピアノ・ブラックの塗装がとても美しいDAC付きPHPA PICO DAC/Amp です。
エージングも済んでいないくらい鳴らしてないので、今までも幾度か放出しようと思ってきました。
でも、この本体を手に取る度に、まるで小さな工芸品のような塗装の美しさと作り込みの細やかさに、どうしても決心が付きませんでした。
でも、今度ばかりはコイツの為にも、使ってくれる方に買っていただこうと心に決めたんですが、なぜか付属品も箱も見当たらない!(私、そういうのは取っておく人なんです)
「そうか!お前もオレの元を去りたくないんだな!」と勝手に思い込み、放出を断念した一品です
バカみたい


それでは購入を希望される方からの連絡をお待ちしております。
締め切りは1月24日の木曜日とさせていただきます。

« DSDダイレクト再生に酔う(北欧編) | トップページ | SHOCK!! SHOCK!! SHOCK!! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手持ちPHPA大放出祭:

« DSDダイレクト再生に酔う(北欧編) | トップページ | SHOCK!! SHOCK!! SHOCK!! »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト