« 夜景に見るオーディオの夢 | トップページ | 無謀な文系出身者の挑戦! »

2013年2月27日 (水)

電源周りをいじった結果なんですけどね

オイ!o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

と叫びたくなるほど、音がシャキッとしました!
特にHP-A8の出音がダイナミックになった感じです。

昨日、電源タップをこんな風にしたんですが...


Powersupply1


ヘッドフォンアンプにつながるケーブルと、TSUNAMI、HP-A8のインレットに刺したフルテック オーディオグレード インライン フィルター FLOW15 のアース線をカットしたんですが(今まではPCの電源ラインに入れてた。もったいねぇ〜)



Powersupply2


真空管アンプで聴いても、BUDAで聴いても「今までこんな音したっけ?」と思うほどに変化!

その変化がFLOW15のおかげなのか、アース線をカットした恩恵なのか、はたまたその相乗効果か、判然としません。
とはいえ、DACに良質な電源を供給してやるのは、非常に有効な音質改善方法ですから「めんどくせぇ〜」と今までやってこなかった事の方がオカシイ!



エ?
で、肝心の真空管アンプはどうなのよって?

グフフフフフフフフ!(*≧m≦*)
まだ言わなぁ〜い!ψ(`∇´)ψ

« 夜景に見るオーディオの夢 | トップページ | 無謀な文系出身者の挑戦! »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
やはり電源は大切みたいですね。
私のHP-P1も電源周りを改造したいです!
でも、まだ保証期間だから弄れないチキンなワタシ、、、


ここ最近のジャイアンさんの試みは個人的に非常に参考になります!
これからも情報提供よろしくお願いします(笑)

では。更新頑張って下さいm(__)m

mic92さん、コメントありがとうごいます!
更新はボチボチがんばります!(  ̄^ ̄)ゞラジャ


HP-P1の電源改造を考えてるんですか!
アレ、少々難易度が高いときいてますが...
私はDDCとしてしか使ってないし、とっくに補償はなくなり、バッテリーもへたったにもかかわらず、構わずに外部バッテリーに繋いで使ってます。それに今後の計画で... ゲホゴホンゴホゴホ(||´Д`)o


あぁ、こんな所までpm2.5が!アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!


過去の経験でDACへの安定かつノイズののっていないクリーンな電源の供給が、DAC本来の性能を発揮させるために、とても重要であることは知ってました。が、それは本格的にオーディオ用の電源を揃えるときにやろうと思いて、これぐらいでは効果がないだろうと決めつけてたんです。しかし、案外こんなことでも強烈な効果があることを知って、自分でもビックリしてます。電源ケーブル自体は三千円ほどのモノなんですが。
今は同じオーディオ仲間のご厚意に甘えて真空管に寄り道してますが(エェ音で鳴りまっせ。詳細は後日)私の頭の中には試してみたい実験プランがぎっしり!
かなりお馬鹿なことを本気でやりますので、乞うご期待です!( ̄▽ ̄)

良い実験でしたねぇ。
ちょっとボクも電源周りを考えます。

まっぱさん、コメントサンクスまたきてローソン!セブン-イレブン蚊帳の外!( ̄ー ̄)ニヤリ


オーディオ機器類と他の機器の電源を完全に分けてもありますが、コードも他の電気機器やデジタルケーブルと近接しないようにとか、そういった工夫もしました。
また私の部屋の電源コンセントは、家屋内の他の電源と回路を分けてあるので、よくある家電製品からのノイズ影響も受けにくいんです。部屋のエアコンのオン・オフでも、全く音に影響与えてないようです。エアコンも一台ずつ別回路にしているおかげでしょう。
仕事柄パソコンが必須なので、ストレージ保護の為にも電源にノイズが混入するのを嫌い、自宅のプランニング段階でそのような設計にしておいたのが、こんなところで功を奏してるんですよo(*^▽^*)o

おはようございます。

>私はDDCとしてしか使ってないし、

以前から疑問だったのですけど、DACが重要なのは身を持って知りましたが、
DDCって必要なんですか?
重要性がよく理解できないのですが、、

>過去の経験でDACへの安定かつノイズののっていないクリーンな電源の供給が、DAC本来の性能を発揮させるために、とても重要であることは知ってました。

そうなんですか。
これってポータブルアンプのHP-P1でも効果あるんですかね?
私の家のコンセントから充電しながらイヤホンを繋いで、無音の状態だとノイズが!!
音楽を再生すると聞こえませんが。
これって電源環境が汚れているって事ですよね?
なんとかしなければ、、、、、

おはようございます、mic92さん!


DDCを使うのには私の場合、二つの意味があります。
ポータブルの場合、HP-P1の音が素直すぎて面白くなく、WolfsonのDACチップを使っているiBasso DB2の音の方が好みですし、ポータブルはフルバランスに拘ることにしてるので、HP-P1にはDDCとしての役目に甘んじてもらうほかないのです。
でもiPod/iPhoneから直接、iBasso DB2へデジタル入力はできないでしょ?だからHP-P1で音楽用のデジタル信号に変換されたものをOptical OUTから取り出し、iBasso DB2に入力して使ってるんです。本当はCoaxialで接続したいんですけど、HP-P1には出力がありません。
据え置き環境でも同じ理由でHP-A8をDDCとしても活用しておりますが(もしくはDSD音源のD/A変換器として)、これはPCオーディオならではの問題が存在するからでもあります。時々(よく、かな?)iPod/iPhoneのデジタルアウトやPCからのUSBオーディオ信号と、DACで扱えるデジタル音声信号は全く別物だということをご存じない人がおられるようです。
この辺は一度、ブログで分かりやすくまとめてみたいテーマですね。


HP-P1の電源ですが、内蔵バッテリーで駆動させている限りにおいては、全く問題はありません。それでも電源周りの強化の為に改造にはしる方もおられます。その辺は人それぞれ。
ただし、HP-P1の背面、mini-USB端子に電力を供給しながら使うとなれば、話は別です!
私の経験で電源への影響が一番分かりやすかったのは、車のシガーライターから給電した時でした。モロにオルタネーター(エンジンに取り付けてある発電機です)のノイズが音に乗ります`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
エンジンの回転数に同期して、ノイズも変化します。分かりやすいでしょ?
> 私の家のコンセントから充電しながらイヤホンを繋いで、無音の状態だとノイズが!!
ということですから、充電に使われているACアダプターがスイッチング式で、それが発生させるノイズが音に乗っているのだと思います。トランス式のACアダプターや外部バッテリーを使用することで回避できるかと思いますが、そもそも充電しながら使うというのは、内蔵バッテリーに負担をかけ、寿命を縮めることになるかもしれません(それでも構わずに私はやってますけど)
話は少しそれますが、ベンチャー・クラフト社のGo-DAPなどは充電しながらの使用はできない仕様になっています。(たぶんそれだけ電源周りの設計が煩わしいものになり、コストアップにつながるからだと思います)そんな事もあって、私は浮気をせずにHP-P1一筋なんですよ。ArgoRythm Soloも持ってるんですが、あれはACアダプターでの充電のみですから、出先でバッテリー切れを起こしたらアウト!後継機は10時間以上の連続使用が可能になっているそうですから(ちゃんとFOSTEXに倣って、iPod/iPhoneのバッテリーも減らないような仕様に改められています)それを使うという手もあるのですが、私、アレは嫌いです。音もデジタルアウトの品質もHP-P1に劣るんですよねぇ(私感ですが)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電源周りをいじった結果なんですけどね:

« 夜景に見るオーディオの夢 | トップページ | 無謀な文系出身者の挑戦! »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト