« 懲りずにオーディの夜景・アゲイン! | トップページ | オーディオ的風水学 »

2013年3月11日 (月)

焼きを入れる!

根性焼きではありません!
我が家のK701君とDT990PRO君には、エージングとかバーン・インとかいうやつが必要だと思いまして、200時間ばかり鳴らしておりました。
その結果報告です。
今日はどうにも気分がすぐれないので、もうサクサクと、淡々と書いちゃいます。

使用音源は、以前e-onkyoで無料DLされていた “Jill-Decoy association” の「リハル」と「雲になって」(DSD録音盤)。
使用アプリはAudirvana Plus。
HP-A8の電源周りを見直したら、コイツの再生音がただならぬ変化を見せまして、嬉しい限りです!
DSD再生ができるアプリの中では、動作が安定しているのも、非常に嬉しいポイント!

まずはコイツだ!


K701

K701ですが、先週までは捻くれた鳴り方をしていた高域も素直に鳴るようになりました。が、解像度は高いものの表現力がなぁ〜(;´д`)トホホ…
BUDAやHP-A8でも鳴らしてみましたが、結果、私が感じたのは、K701は真空管アンプと相性がよろしくない!ただの平凡なヘッドホンに成り下がってしまいます。(チョット言いすぎかな)
精緻に駆動してくれるアンプだと、それにちゃんと応えてくれる力は持ってます。私の手持ちの中では、HP-A8との相性が一番でした
しかしです、真空管アンプは解像度ではなくて、真空管ならではの響きを味わえるのがミソ!
K701は、それを全く表現できないのでした。

一番鳴らしにくかったのもK701ですね。
WA2でボリュームが1時くらい、HP-A8で-6.5dBとか... DT990PROでも-11dBもあれば十分に鳴るのに!(それでもTH900だと爆音になりますが)



ではと、これを用意して



4pincanon



こうしてやりまして



Buda



すると、表現力が増すんですね!
それでも不満は残りますが、これがK701なのかなぁ...
ということで、コイツはバランス駆動でヤキ入れ継続決定!( ̄ー ̄)ニヤリ



次はDT990PROですが



Dt990pro



この子の鳴りっぷりは、相変わらずですね。ヤキ入れは必要なかったみたい。
どうしても澄んだ高域とはいきませんが、これはこれで十分に楽しめる組み合わせです!
ちなみにオヤイデのケーブルで両出しにして、途中、4ピンのXLRで継いでフルテックのプラグにつながってます。
コイツをBUDAでバランス駆動してやると、シングルエンドでは得られなかった高域ばかりか中低域の音像もくっきりと現れ、非常に楽しく聴けます。
表現力の懐の深さこそTH900には大きく譲りますが、十分に堪能できる音ですよ!
今回、一番の収穫でした!



で、お次はおまけでUltrasone Pro2900



Pro2900



私にとっては店頭で試聴して買った初めてのヘッドホン!
色々聴き比べて、どうも私の好みはウルトラゾーンだなと私のストライクゾーンを見極め(チョット笑っていただけたらありがたい)、結果、行き当たったのがPRO2900でした。
当時は5万以上もしたんですよ!(。>0<。)
でも入荷する頭からドンドン売れて、あっという間に在庫切れ。
私は再入荷された朝に行き当たったおかげで、入手できたというブツです。
今は価格も三万後半にまで下がり、お求めやすくなってるコイツ、なかなかヤリマス!
ジャズを聴くならコイツだな!と思って買ったのですが、Jill-Decoy associationはまさにジャズ!
ドはまりです!



さらにおまけでEdition8も鳴らしてみました。



Edition8



ウン、この楽曲なら大丈夫だな!
実はEdition8、WA2で鳴らすと、低域にビートの効いた楽曲だと「アレ?」って思うぐらい低域がグズグズになっちゃうんですよ。
まるでEdtion8らしくない!
ですが、この子はお外専用なので、実用上問題なし!( ̄▽ ̄)


で、結局、今ナニで効いているかと言えば...



Th900



ですよねぇ〜!( ^ω^)おっおっおっ

« 懲りずにオーディの夜景・アゲイン! | トップページ | オーディオ的風水学 »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

始めまして!
最近DSDに興味を持ち始めた若輩者の一人ですw
DSD初心者としてはこういうサイトが本当に勉強になります!
ところでiphoneアプリの「DSD-1」というアプリをご存知でしょうか?
その名の通り「iphoneでDSD音源再生しちゃうぜ!」というアプリです。
自分もHP-P1を使っているのですが、こちらでiphone→HP-P1では96kHz出てないという実験結果を見まして「あれ?ならこのアプリ+HP-P1の場合はどうなるんだろう?」と疑問を持った次第です。
既出だったとしたら大変申し訳ないのですが、興味があれば是非お試しください。

chokさん、コメントをありがとうございます!ヽ(´▽`)/
また、こんな極私的な実験的ブログを「勉強になります!」とは過分なお言葉!
ダメ人間になっちゃいますから、あまり見習わないようにとアドバイス申し上げます(・_・)エッ....?


DSD-1というアプリは寡聞にして知りませんでした。
早速調べましたが、このアプリ、正確には「DSF音源をDSDなんちゃって再生しちゃうぜ!」というもののようです。
なぜか?
それはiPhone/iPod touch、並びにiPadはDSD信号をネイティブ再生できないからです。
ですので、いったんリニアPCM信号に変換して再生していると推察されます。
その様に推察する背景として、まず、iPhone/iPod touch/iPadに搭載されているDACチップはシーラスロジック製であり、DSD再生には対応していないことがあげられます。
http://blogos.com/article/53411/
次に、iOSでオーディオ信号を司っているのは、Mac OS Xと同じCoreAudioであろうと言われています。
これもまたDSD信号を扱うことはできません。(デスクトップでは、コイツを騙すためにDSD over PCMなんて手法がとられているわけです)
またDSD-1の説明を見ると、2.8MHzのDSD信号をアプリ内で352.8KHzまでダウンコンバートさせて再生処理を行っています。
CPUの再生処理能力や搭載RAM容量を考えれば、避けて通れぬ処理だと思われますが、この352.8KHzのDSD信号を16bit/48KHzのリニアPCMに変換することによって、iPhone他での再生を可能にしているのが、このDSD-1と思われます。
なので、もしHP-P1に出力可能だとしても、当然、出力される信号は16bit/48KHzです。(HP-P1ではDSD再生はできません)


ただし、誤解しないで欲しいのは、それはCD-DAで規定されている16bit/48KHzとは別物です。
CD-DAでは16bit/48KHzのリニアPCMの中に20Hz〜20KHzまでの音声しか入れません。これがCD-DAの規格だからです。
CD-DAからリッピングで抽出した音源もまた、この縛りから逃れることはできません。
しかしDSFからDSD-1によりコンバートされた16bit/48KHzの信号には、この規格は全く関係ありません。
ですからDSD-1では、もっと低域の音も、もっと高域の音も、16bit長の中に収めるように設計されている可能性があります。
だからこそアプリの説明の中に「CDを遙かに凌ぐDSD音源の音をお楽しみ下さい」と書かれているのではないかと思うのです。
実際に確かめたわけではないので、あくまで目に見える情報だけで書いてますので、実際とは違う可能性も大です。
なので、間違えていたらゴメンね\(;゚∇゚)/


chokさんの気分を害することを承知で書かせていただくと、DSF音源をお外でも聴きたいと思うなら、私ならFLAC変換してFLAC Playerで再生させます。(実際にそうしてます)
DSFをFLAC(中身はWAVE)に変換するというのは、先に書いたCD-DAの音声再生可能帯域の呪縛を逃れて、iPhone/iPod touch/iPadで再生可能にするのと同じ意味を持つからです。
またFLACであれば、ファイルサイズがDSF程の大容量にならないという利点もあります。
まぁ、音なんて各人の好みですから、実際に聴き比べてみてどちらを気に入るかだけなんですけどね( ̄ー ̄)ニヤリ

なるほど!ジャイアンさん、詳しい解説ありがとうございます!
20代の若造の身分では色々な機材で実体験!ともなかなかいかないので、こういう理論の話は本当にためになります。
こういう知識を溜め込みながら、正しいダメ人間になっていくんでしょうねw
すでに自分も十分手遅れですが…

これからも楽しみにしていますので、頑張って道を踏み外してください!

正しいダメ人間... Σ( ̄ロ ̄lll)
頑張って道を踏み外す... モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!


激励の程、痛み入ります!(色んな意味でw)(;´д`)トホホ…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼きを入れる!:

« 懲りずにオーディの夜景・アゲイン! | トップページ | オーディオ的風水学 »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト