« 緊急事態!プロテクト解除せず! | トップページ | オーディオ的啓蟄(けいちつ) »

2013年3月25日 (月)

田舎バンザイ!

この一週間、バランス駆動で鞭を入れ続けてきたK701。
まぁ見事に鳴るようになりました!



K701



FOSTEX TH900ほどの懐の深さは感じませんが、なにせ開放型。
聴きやすい!
元来、音の重心が低くはない機種ですが、これだけしっかり締まった低域が再現されれば、十分じゃん!と思います。


さて、昨日、左CHに不具合を抱えてしまったパワーアンプ、Lo-D HMA-8300ですが、現在は快調に鳴ってくれてます。
しかし、今朝までは左CHが右にたいして20%ばかり音が出ないという状態でした

それを今日の夕方、コントロール・アンプのHCA-8300を経由して、両チャンネルに爆音を注入!
一発で両チャンネルとも沈黙!
プロテクト回路が働いたんですね!

(無茶苦茶するなぁ(;´д`)トホホ…)
しばらくしたら、何もなかったかのように鳴り始めます。
現状、左右のバランスにも問題はないようです


そして今、こうやって鳴らしてます!



Hma8300


HP-A8からWOO AUDIO WA2へ。

WA2のプリ・アウトからHCA-8300へ。
WA2のボリュームはMAX。
HCA-8300で音量調整。



もちろんHP-A8からHCA-8300でもいいんですよ。
その方が音も綺麗だし。
でもさ、ヘッドフォンを鳴らすのにいちいちラインを付け替えるのがメンドイじゃん!(なんてものぐさな!)
それにです、WA2の真空管アンプで癖付けして、HMA-8300のV-FETで増幅して鳴らすと、まぁジャズが思いっきり心地よい!( ̄ー ̄)ニヤリ
かなり曲を選ぶ構成ですが(やっぱりボーカルにはむかねぇ)、もうウッドベースの鳴り方が「そうだよ!こう鳴るんだよ!」という音なんですよ!
(私、吹奏楽部でコントラバス経験してます)
HMA-8300はV-FETの特性を活かして、思いっきり単純構成の回路になっています。
もちろん、部品点数も少ない。
その分、部品の吟味にはかなり力を注いで開発されたという経緯が。
真空管アンプ的なシンプルな回路に、大出力を持たせる!
そんな開発コンセプトがハッキリ、スッキリしてるんですね!

今時の「まずはマーケティングありき」ではないというところが、私の心をくすぐります!
ジャズやクラッシックが好きな私には、最適解なアンプとも言えるんじゃないでしょうか。
こうなると、あのスピーカーが欲しくなるよなぁ...( ̄ー ̄)ニヤリ


ということで、近所の迷惑にはなりようもない田舎であることをいいことに、大音量でThe Oscar Peterson Trioを聴いているジャイアンでした!
(東京23区内だったら、警察呼ばれてるレベルですw)

« 緊急事態!プロテクト解除せず! | トップページ | オーディオ的啓蟄(けいちつ) »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田舎バンザイ!:

« 緊急事態!プロテクト解除せず! | トップページ | オーディオ的啓蟄(けいちつ) »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト