« 先行開発バージョン“2.10B”を聴く | トップページ | Linkman LV-1.0を完成させる(やっとかよ!) »

2013年4月24日 (水)

続・先行開発バージョン“2.10B”を聴く

私のお気に入りの音源にStevie Wonderの“Love, Harmony & Eternity”という、日本独自企画のベスト盤があります。



Love_harmony_eternity


3枚組でボーナストラックも含めて51曲集録。
HP-A8のSDカード・ダイレクト再生では、1フォルダに50ファイルが上限(正しくは30ファイルが上限でした)なので、一曲だけ間引いて聴いてます。

こうやって聴いてると、ランダムプレイもできるようになると嬉しいな!と思えますねぇ!
ぜひ実現してやってください > フォステクスさん!



ふと「フルバランスでも聴いてみたい」と思い立ち...




Sddirectplay1




こうしてみました!
HP-A8もUltra Desktop DACも、光と同軸の両方が使えます。



しかしここで一つ、問題が発生しました!
SDカード・ダイレクト再生に限った問題なのですが、上記のような構成で鳴らすと、ネクスト・トラックの頭で、ボリュームを回したときに発生する「ギャングエラー」のようなノイズが一瞬だけ鳴るのです。(光でも同軸でも)
ほんの一瞬だけで、すぐに曲頭の音声が流れ始めます。
全てのケースで起こるわけではないようで、曲の頭から一定以上のレベルの音声が入っているトラックで発生するようです。(結果、ほとんどのトラックで発生)
またHP-A8のPhoneジャック、また背面のライン出力では発生していません。(してれば、開発の人も気づきますよねぇ)
デジタルアウトだけに限った現象のようです。
でも、これだけの材料ではUltar Desktop DACの問題である可能性を排除できません。
それで、こういった構成でも試してみました。





Sddirectplay2





写真では分かりにくいですけど、HP-A8とiBasso DB2を光、同軸接続の両方で鳴らしてみました。
アンプはRSA SR-71Bです。
結果、同じ現象が再現されます。
これでHP-A8の2.10Bの問題と確認されました!
16bit/44.1KHz、24bit/88.2KHz、24bit/48KHz、24bit/96KHzなどでも試しましたが、同様にノイズが乗ります。



HP-A8をSDカードプレイヤーとしてのみ使うなどという変態的使い方
をする人は、ごく少数だと(もしかしたら私だけかも?)思いますが、ぜひ改善を望みます!



とまぁ、ダテに「多段バカ一代」を名乗っていないジャイアンなのでございました!
( ̄ー ̄)ニヤリ



« 先行開発バージョン“2.10B”を聴く | トップページ | Linkman LV-1.0を完成させる(やっとかよ!) »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・先行開発バージョン“2.10B”を聴く:

« 先行開発バージョン“2.10B”を聴く | トップページ | Linkman LV-1.0を完成させる(やっとかよ!) »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト