« 日本語環境での “FLAC Player” 使用上の制限事項 | トップページ | 略奪スピーカー!(其の一) »

2013年4月11日 (木)

Sound Potionさん、ごめんなさい!またもや侮っていました!

来るMonolith到着に備え、トラペジウムを鳴らしているジャイアンです!


まず最初に!
Sound Potionさん、ろくに使いもしないで長らくトラペジウムをお蔵入りさせていてごめんなさい!
コレ、とっても良い音するんですねぇ!!(イマサラカヨ!)( ̄○ ̄;)!
いやぁ、放出しなくて良かった!( ̄Д ̄;;


購入したときのDAPはiPod classic。
ポータブルDACはiBasso D12 Hj。

現在はiPhone4SでFLAC Player & iBasso DB2。



Trapezium1



Trapezium2



インコネは白髪犬さん謹製カンタペルメ。



Trapezium5



という風に、購入時から大きく再生環境に変化があります
で、今さらながらに驚くのは、このトラペジウム、良質な音を放り込んでやると、実に上質な音を奏でてくれるという当たり前の事実!
あれからCDのリッピングを二回もやり直してますし、DAPも違う、再生アプリも違う、DACも違うんですから、良くなってくれてなくちゃ泣いちゃうところ。
ではありますが、なんですかこの鳴らしっぷりは!と驚いてます!
あの鳴らしにくいRooth LS8でも、軽妙に鳴らしてくれます!(LS8が存分に鳴ってるときは、耳の中での存在感が軽くなる。そんな状態で鳴ってくれます)
SR-71Aまでの「ミチッ!」としたタイトな響きや「ズンッ!」と落ちる低域ではありませんが、全帯域に渡って十分な密度を持った響きがあります。
これいいわぁ〜!
音楽を楽しめるぅ〜!

ホンマ手放さなくて良かった!ι(´Д`υ)アセアセ


これでますますMonolithの到着が楽しみになりました!



One more thing!!
HP-P1とiBasso DB2を繋ぐ光ケーブルにプロケーブルで買い求めたブツを使ってます。
決して買い求めやすい価格ではないのですが、チョット面白いギミックが潜んでいます。



Trapezium3


通常の状態。



Trapezium4



差し込まれているときの状態。


スレーブの中にスプリングが仕込まれているようで、光ケーブルの断面が発光・受光素子に対して直角に当たるよう押し当てられる構造になっています。
少々堅めのケーブルでポータブルには不向きなのですが、このギミックはポータブルでこそ活きる技。
ってわけで、紹介させてもらいました!
私と同じような構成を持ち歩いている人って極々少数派だとは思いますが、参考になれば幸いです!

« 日本語環境での “FLAC Player” 使用上の制限事項 | トップページ | 略奪スピーカー!(其の一) »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sound Potionさん、ごめんなさい!またもや侮っていました!:

« 日本語環境での “FLAC Player” 使用上の制限事項 | トップページ | 略奪スピーカー!(其の一) »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト