« Linkman LV-1.0のHead-Fi的運用 | トップページ | 鳴らぬなら 鳴らせてみせよう スピーカー »

2013年5月20日 (月)

D級アンプとかA級フルバランス・アンプとかフルディスクリート・アンプとか

昨日のブログで、LV-1.0のパワーアンプでヘッドホンを駆動するなどという暴挙に出ました。

一つ、注意を喚起したいのですが、このようなことができるのは共通のGNDを持たないヘッドホン、バランス仕様になっているヘッドホンに限ります
シングルエンド(普通のステレオ・ジャックですね)をLV-1.0のパワーアンプで鳴らそうとすると、余計な回路が必要になります。
全くオススメはできないです。
D級ヘッドホン・アンプが少ないのも、この辺に起因するのかもしれません。
また出力インピーダンスが低いので、ヘッドホンだとマッチングがどうのこうのと... よく分かりません!(;´д`)トホホ…
とは言え、小電力で増幅が可能で、装置自体も小型におさめることができます。
最近、デジタルアンプ搭載のPHPAが出ましたよね。
あれなんか、まさにD級アンプの考え方だと思うんですが、どうなんでしょう?
またQables社のiQubeはD級アンプとして有名ですね!
端正な音。
堂々たる鳴らしっぷり。
よくできたD級アンプだと思います。(先日、大放出祭で手放しましたが)




ということで、D級パワーアンプのLV-1.0がデジタル入力しか持っていなくて(DACを内蔵している)アナログ入力を持っていないのは、そういった理由もあるからだと、ざっと文献を当たってみてそれぐらいは理解できたと思います。
いや、思いたい!




人柱を趣味とする私です!
実験あるのみです!

音を聴き比べてみました!




Dclassamp




HP-A8のフルディスクリート・アンプで鳴らすTH900をリファレンスとして、K701とDT990PROをHeadRoom BUDA with UDAC、LV-1.0のスピーカー出力で聴き比べ。
使った音源はコチラ。




Shortstories1




Shortstories2




中島みゆきお姉さまの「短編集」です。
えぇ、「地上の星」で始まり「ヘッドライト・テールライト」で終わる、売れまくったアルバムです!
その中の「天使の階段」で聴き比べ!
音源は16bit/44.1KHzのCD音質(AIFF)。
それをSDカードに入れ、2.10Bのファームウェアに書き換えたHP-A8で鳴らします。(ついでに4倍にアップサンプリングかけてみた)




先ずはHP-A8 & TH900。
細部までの表現が本当に素晴らしい!
微細な表現からダイナミックでエモーショナルな表現まで、余すところなく聴かせてくれます。
本当に音楽鑑賞に最適な解をもたらしてくれるコンビ。
しかし不満もあります。
細部まで表現してくれるあまり、長時間の鑑賞に私は堪えられない。
否が応でも、細部の表現にまで私の注意を引きずり回す。
真綿のような音楽のソファーに身をゆだねるような、そんなリラックスできる音楽鑑賞にならないんですよね。(真空管アンプをかましたりするのも、そういった理由があるからです)
分析的な鑑賞には、私の環境の中では、もうこれしかないという組み合わせですけど。



続いてエントリーするのはDT990PRO & BUDAのフルバランス駆動。
音源はOpticalによりHP-A8からS/PDIFでUDACに入れてます。
モニターヘッドホンと言いながら、低域の量が多く、腰の低い音のDT900PRO。
入力インピが250Ωもあって、鳴らしにくいDT9900PRO。
それを意のままに、ブンブン軽々と駆動してくれ、その音は本当に心地いい!
低域はズンとタイトに沈み、決して得意じゃない高域も伸びやかとは言わないけど、十分に心地よく聴ける。(シングルエンドではこうはならないんです)
あらゆる意味で刺さるということはあり得ない音。(DT990PROですから)
これをLV-1.0(HP-A8とは同軸で接続)のスピーカー出力に繋ぐと、これまた軽々とDT990PROを駆動させます。
ただし、少し繊細さはなくなるなぁ(BUDAとの比較の上です。コレ単体なら、十分にアリの音です)




最後にエントリーするのはAKGのかつてのフラッグシップ、K701。
DT990PRO以上に鳴らしにくい!
それでもBUDAだと、まぁよく鳴ってくれる!キンキンと!(ボリュームはDT990PROよりも上げないといけないけどね)
もうね、シングルエンドでもバランス駆動でも、コイツには低音ってものがないのか!お前「響き」って言葉を知っているかい?って詰問したくなるぐらい、高域の硬さが耳について、長く聴いていられない。
そんな孤高のK701も、LV-1.0のスピーカー出力だと、心地よい響きをブンブンと鳴らしてくれます。
LV-1.0との組み合わせだと、DT990PROよりもK701の方が、私には断然好み!



以上、簡単、かつ、乱暴な比較ですが、参考になります?
エ?そんな変態システム、参考にならん?!( ̄Д ̄;;



One More Thing...




本論とは全く関係ないが、私、中島みゆきお姉さまの「夜会」を鑑賞する機会に恵まれたことがある。
あれは5年ほど前の大阪公演。
お安くない(確か2万以上したと思う)チケットを妻が手配してくれて、二人で観に行った。
周囲を見渡すと、チケット代金に見あった、少々お金をお持ちのような方々ばかり。
しかもどうも私と同年代。
野郎が多い!
そう、ヤマハのポプコン世代であり、中島みゆきお姉さまやいるかの「オールナイトニッポン」を深夜一人で聴きながら受験勉強していたガキ共だ!
それが少々お高くとまって三々五々と集まってくるんだが、まるで同窓会みたいだなぁと、一人腹の中で笑ってた。



圧倒の舞台!
私は表現の言葉を持たない。
あの機会を逃したら、一生、中島みゆきの生声を聴く機会はなかったろう。
そして「短編集」を聴くと、あの時の記憶が心の中に立ちのぼってくる。
きっとみゆきお姉さまは、この歌をこうお歌いになるだろう。
このように振る舞い、聴衆はあっという間にみゆきワールドへと引きずり込まれるだろう。
その記憶を思い起こしながらこの音を聴いていると、まぁまぁの出来の食品サンプルを聴かされているようだ。
本物にチャンと触れておくことの大切さを、改めて知らされた。


« Linkman LV-1.0のHead-Fi的運用 | トップページ | 鳴らぬなら 鳴らせてみせよう スピーカー »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Linkman LV-1.0のHead-Fi的運用 | トップページ | 鳴らぬなら 鳴らせてみせよう スピーカー »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト