« 文系出身者の挑戦シリーズ!自らのしくじりをリカバリーせよ! | トップページ | 文系出身者の挑戦シリーズ!Lo-D HMA-8300編、ついに結末を迎える! »

2013年7月10日 (水)

文系出身者の挑戦シリーズ!なるか(そして鳴るか)リベンジ!

昨日の公約どおり、エレクトロニック・クリーナーを丸々一缶使い切って、歯ブラシでゴシゴシしながら洗ってやりました!




Boardcleanning04






結果!ヒューズは飛ばなかった!!
が、左CHで一ヵ所、右CHでは3ヵ所の抵抗が発熱!
煙まで吐いた!!ヽ(´▽`)/
左CHは真っ赤に発色!!o(*^▽^*)o

まぁ、散々やね!
でもさ、ヒューズが飛ばなかっただけで、大きな一歩前進だぜ!
発熱抵抗は特定されているから、問題箇所も特定可能だぜ!



そ・の・ま・え・に・・・
昨日破壊したコネクタを修繕しなければならない!
そこで、PCの給電用コネクタのメスピンを使おうと思ったのだが、どうにもこの基板のピンには大きすぎて具合が悪い。
ということで、ビボシ端子セットを用意。
そして...




Boardcleanning01





ラインにオスを





Boardcleanning02





基板にメスを装着して




Boardcleanning03





無事解決!!
ココで電圧チェック!
二系統の電源が入っていて、V1が±100V、V2が±50V。

今日も派手にスパークしてくれたんだが、そりゃするよね!
指にもビリビリくるしさ( ̄ー ̄)ニヤリ




さて、これからどうしてくれよう!
結局問題は、私が「接点復活剤」をシュッとした事が原因で、どこかに導通箇所を作っちまったって事。
これをKUREのエレクトロニック・クリーナーで洗い落とそうと試みて、ヒューズが飛ぶことだけはなくなった。
また右CHレギュレーターを守ってる100Ω抵抗の発熱も止まった。
しかし、問題点が四ヵ所、残ってる!
こうなればやることは簡単!
問題箇所に導通があるんだから、その被膜を洗い落としてやればイイ!
そこで近所のドラッグストアに走り、洗面室からはあるものを取ってきた。




Boardcleanning05






エタノール500ミリリットルを二本(これだけで三千円だぜ!)歯周病予防の友、超音波歯ブラシ!
要はエタノールとこの歯ブラシで、超音波洗浄を試みようと決意したのだ!
もうね、やるこたぁ分かってるんだから、ここまできたら後には引けんのよ、オジサンは!凸(`、´X)




基板の裏表を一通り洗ったら、流れ落ちたエタノールはこうなった!




Boardcleanning06






コンソメスープではない!
歯ブラシは...




Boardcleanning07





これで歯を磨くことはないな...




左CHの問題は解決した!(やったね!)




Boardcleanning08






回路を追いかけていったら、温度センサに過電流が流れるのを防ぐ為の抵抗だった。
そこにショートが生じていて、流れてはいけない電流が流れ、抵抗が真っ赤っかに焼けたというわけだった。
なので、当然の如く温度センサとその付近を徹底洗浄!
これで発熱はなくなった!( ̄ー+ ̄)




問題は右CHで...




Boardcleanning09






昨日まで激しく発熱していた100Ω抵抗は、その抵抗を止めた。
がだ、その下のトランジスタを保護している(熱暴走を防ぐ為なのかな)抵抗が、段々と熱を発し、ほっとけない状態になる。
さらにもう一ヵ所...




Boardcleanning10






ここの550Ω抵抗(すでに抵抗値は440Ωまで目減りしてる)がかなりの発熱。
回路を追うと、図のように三端子レギュレータの一つを保護している。
都合三度ほど、しつこいぐらいに洗浄とテストを繰り返して、少し状況は改善したけど、やはり症状が再現する!┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
もうエタノール一本、使い切っちゃったヨォ〜!
この部分の洗浄で流れ落ちたエタノールも、まだ汚れている...




Boardcleanning11






そして明日も飽きもせずに再挑戦しようと、用意だけはしている。



Boardcleanning12







最初は盲攻めに洗浄を繰り返してきたが、今日になってやっと問題箇所を特定できるようになった。
しかもだ、自分で回路を読んで、一ヵ所だけは問題を解決できた。
文系出身者、回路を読む!!
同じ理屈で、他の三ヵ所の問題も解決できないわけがない!!
もう音質がどうとか、解像度が、音像が、なんて小理屈、関係ナシ!!
意地だね、意地!!





鳴らぬなら 鳴らしてみせよう パワアンプ!




ところで、ここまでの経緯から、何かアドバイスがあれば、どうかコメントをお願いしたいです!m(. ̄  ̄.)m

« 文系出身者の挑戦シリーズ!自らのしくじりをリカバリーせよ! | トップページ | 文系出身者の挑戦シリーズ!Lo-D HMA-8300編、ついに結末を迎える! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

ジャイアン様


 コネクターソケットの代替え品、良いアイデアですね!感心しました。で、記事を拝見しいて、ふと単純に思ったのですが、そのコネクタ達(2つのコネクタ)は、基本的にこのボードに電源を供給しているとしたら(そうだと思いますが)、供給している電圧自体が「異常」なのでは?と言う事です。


 出来るか出来ないか分かりませんが、そのコネクター部分に分配されている電圧(多分DCだと思いますが)、が基板のシルク印刷に表示されていたら「儲けもの」ですが、このAmpから供給される電源ではなく「まともな」電圧を外部から入れて様子を見てみると言う手も考えられます。もしも、この様な状態で「ロック」が解除されるとしたら、このコネクタが供給している電源異常で「OVP(Over Voltage Protection)」が働いている事になります。それと、この様な状況ですと電流の「異常」も考えられますが、どうも、様子を拝見している限り、「OCP(Over Current Protection)」機能が無いか「死んでいる」気がします(部品が真っ赤になると言う事は、働いていないと考える事が出来る)。


 そして、多分、アルコールによる温度センサ関連の「お掃除」で、100%とは言いませんが「OTP(Over Temperature Protection)」の機能は、ある程度働いているのでは?と思います。


 これらの部分が、この回路上の何処にあるのか、良く分かりませんが、この辺りの部品を徹底的に確認するのも一つの方法だと思います。


 お粗末な考察ですが、次のアクションの助けになれば幸甚です。


Jim,

Jimさま、コメントをありがとうございます。
実はココまでのチェックは一番最初を除いて、電源供給コネクタだけを接続して行っています。
今日になって、他のコネクタも接続してチェックしてみましたが...
結果はこの後のエントリーを読んでいただければ分かります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文系出身者の挑戦シリーズ!なるか(そして鳴るか)リベンジ!:

« 文系出身者の挑戦シリーズ!自らのしくじりをリカバリーせよ! | トップページ | 文系出身者の挑戦シリーズ!Lo-D HMA-8300編、ついに結末を迎える! »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト