« ジャイアン、尾道をいく | トップページ | 文系出身者の諦めきれない想い »

2013年7月14日 (日)

汚部屋度が上がる!

毎日、暑い日が続きますが、汚部屋の気温が上がったわけではありません!
汚部屋(オーディオ部屋)レベルが上がったというお話です!( ̄ー ̄)ニヤリ



先ずはコチラ...




Yamahans200m01





そしてコチラ...




Yamahans200m02





本日、私のマイミクにしてTwitterのフォロワーさんでもある、りともんさんから届きました!
りともんさん、本当にありがとう!
これだけの梱包、本当に大変だったと思います。
随所に配慮の跡があり、感謝カンゲキ雨嵐!!でございますm(. ̄  ̄.)m



スピーカー(スタンド付きだぜ!)の方は...




Yamahans200m03





YAMAHA NS-200Mです。
ちょうど25センチ以上のウーファーが欲しいなぁと、日頃思っていたところだったんです!
そしてこの機体、備えられたウーファーはジャスト25センチ!
ツィーターばかりかスコーカーにも、カーボネイト・チタンが使われているというYAMAHAの信念が形になったようなスピーカー!



サブウーファーの方は...





Yamahans200m04





同じくYAMAHAのYST-SW010です!
こちらはまだ販売中の現役製品ですよ!



スピーカーの方に戻りまして...




Yamahans200m05






右はエッジを補修した跡があり






Yamahans200m06





左はセンタードームが1/3程へこんではいますが、いやぁ〜、そんなことに関係なくゴキゲンな音をたててます!
そう、端正な音ですね。
何かを誇張したり、何かが不得手であったりするんじゃなくて、全域に渡ってちゃんと鳴らしてるって感じの音です。
特にこの低域の響き、私、好きです!!
私、この音を聴いて思いました。
今までジャンクの山を築き上げて喜んできましたが、それがいかに稚戯に等しいことであったことかと!
まぁ、それはそれでとても楽しいんですけどね!( ^ω^)おっおっおっ



この私が、音を聴いているだけで何もしないわけはありません。
こうです!




Yamahans200m07





スピーカー端子のパネルを外すと、その裏側にネットワークがくっついていて、そのまま外に引きずり出すことができます。
コレ、なんでしょう?
誰か、分かる方は教えてください。




Yamahans200m08





まさかこれもコンデンサ?
こんなに容量の大きなコンデンサがあるの?
これは防備録代わり。




Yamahans200m09





特に液漏れの跡もなく、また防振対策だと思いますが、すべて基板にしっかりと固定されています。



さて、サブウーファーはモノラル入力なので、入力ラインを用意してやらなければなりません。
そこで、こいつを...




Yamahans200m10





こうしてやって対応します。




Yamahans200m11






ハッキリ言って、このスピーカーにサブウーファーは不要です。
それぐらいしっかり低域から、いい仕事してくれてます。
ただ映画を観るときとかクラブ系ミュージックを聴くときには、重宝しそうですね!
そして部屋はこうなりました!




Yamahans200m12





ちゃんとしたスピーカーを鳴らすと、こういう風にきこえるのね!と初めて知りました\(;゚∇゚)/
ホント、りともんさんには感謝感謝です!



事の経緯は、たまたま深夜にmixiでりともんさんのつぶやきを見たことに始まります。
その内容は「誰かスピーカーを引き取ってくれないかなぁ」というもの。
私が食いつかないわけはありません!
ジャ:「それって無料でってこと?」

りと:「えぇ、でも送料だけは負担してください」
ジャ:「そんなの当然だよ!着払いで送っちゃってください!」
りと:「サブウーファーとスピーカースタンドもあるんですが、いかがですか?」
ジャ:「全部送って下さい!」
ただこれだけのやりとりです!
えぇ、送料だけでいただいちゃったんです!




それが今日、届いたというわけなのです!
なんか最近、本当にスピーカーづいてるなぁ〜とつくづく思うジャイアンでございます!( ̄ー ̄)ニヤリ

« ジャイアン、尾道をいく | トップページ | 文系出身者の諦めきれない想い »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

初めましてです。
ここ最近オーディオに走り出したのでまだまだ分からないですが、恐らく灰色のコンデンサはフィルムコンデンサだと思われます。メーカーによっては形がごちゃごちゃですが、スピーカーのコンデンサってアホみたいに大きいです。
ただそれによく似たチューブラコンデンサ(電解コンデンサ)が存在しているので、リード線の根本に黒いゴム封がされていたら大体は電解コンデンサです。もし無ければ電解以外のコンデンサの可能性が有りますので、Audyn cap、Dyton等のフィルムコンデンサが使えます。

うりゃ〜さま、こんな場末の、こんな古いエントリーにコメントいただき、感謝カンゲキ雨嵐でございます!
このスピーカー、現在も私のメインスピーカーであり続けています。
色んな事がありすぎて、住む家も変わり、家族構成さえ変わりましたが(現在は独り身)、オーディオ一式だけは変わらないw


私もあれから少しは見聞が広がったようで、件のキャパシタの正体もなんとなく分かるようになりました。
分かるようにはなりましたが、そこには手を付けないままで鳴らしています。
いつかはもっといいスピーカーで鳴らしたいなぁ〜と思う、今日この頃です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576892/57790131

この記事へのトラックバック一覧です: 汚部屋度が上がる!:

« ジャイアン、尾道をいく | トップページ | 文系出身者の諦めきれない想い »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト