« バイアンプ & BTL駆動で遊ぶ! | トップページ | 中古ジャンキーのハイレゾの夢は夜ひらく »

2013年9月 1日 (日)

Audirvana PlusとPure Musicの奇妙な関係

最初に一言。
文中に「DSDファイル」という文言がたくさん出てくるけど、全てDSFのこと。
DSIFFやWSDではないので、ご注意を。


さて、本題!
私はMac上の音楽再生ソフトとして、いくつかの有料アプリを使っているのだけど...


例えば、掲題のAudirvana Plus。
これ、結構ユーザーが多いんじゃないかなと思う。
動作も安定してるし、私も愛用している。
次によく使うのはPure Music。
この二つはDSDファイルの再生(DSD over PCM)にも対応してくれていて、私はFOSTEX HP-A8で再生させている。


問題は、この二つのアプリで、DSDファイルの管理方法が違うこと。
Pure Musicは独自のUIを持たず、代わりにもっぱらiTunesのUIにたよっている。
DSDファイルもiTunesに認識させて(実際にDSDファイルは認識できないので、そのエイリアスにあたるApplelosslessファイルを認識させる)、iTunesのUIを利用可能にしている。
この辺の詳細は、過去のエントリー「ならず者のDSD道」に詳しい。





このエントリーで書いているけど、Pure Musicはエイリアス(Pure MusicではPure Music Bookmark.pmbmfとして)DSDファイルと同じ階層に置かれる






しかし今日、話題の俎上に載せたいのは、このPure Musicではなく、Audirvana Plusだ。
では、なぜPure Musicから話を始めたのか?
それは、Pure MusicでiTunesに認識させたDSDファイルが、Audirvana PlusのiTunes Integrated Modeで、なんの問題もなく認識され、再生できたから!
これには大変驚いた!
同時に、拍子抜けしてしまった(・_・)エッ....?




Audirvanaplus01







Audirvana Plusは独自のUIを持ち、楽曲ファイルを管理することができる。
味も素っ気もないUIだけど、iTunesで対応していないファイル(DSDやFLAC、ハイレゾのAIFFやWAVE)でも登録して、再生できる。
この辺の使い方は、ちょっと面倒くさい書き方してるけど、過去のエントリー「DSD再生三昧の日々(再生ソフトの憂鬱)」に詳しく書いたつもり。





同時にAudirvana Plusでも、DSDなどのファイルをiTunesに認識させて、iTunesのUIを使えるiTunes Integrated Modeで再生可能という機能もある。
(iTunes Integrated Modeでは、iTunesのUIを利用できるだけでなく、iTunes単体ではできない高音質化アルゴリズムによるアップサンプリングや再生DACへのDirect Access Mode、また音楽再生に悪影響を及ぼすOSの機能を停止させる機能などが搭載されていて、なかなか便利!ただしDRM付きの楽曲は再生不可。この辺はPure Musicも基本的に同じ)




Audirvanaplus03






これを選択すると...




Audirvanaplus04_2







このようなパネルが現れ...




Audirvanaplus05







“+”をクリックするか、ドラッグアンドドロップでウィンドウにファイルを直接放り込んでやればいい。
そして“Start”をクリックすればいいんだが、その前に絶対に忘れてはならない儀式がある。
コレ!





Audirvanaplus02






「“iTunes Media”フォルダを整理」と「ライブラリ追加時にファイルを“iTunes Media”フォルダにコピーする」のチェックボックスを外しておく!!
理屈は脇に置いておいて、Pure Musicでも同様に言えることなので、iTunesのUIを利用してDSDやFLACを再生できるアプリで、iTunes未対応のファイルを認識させる場合は、ココは必ず「外す!」と覚えておいた方がイイ。(認識作業が終われば、またチェックを入れておくこと)




こうすることで、Audirvana Plusの場合はiTunes上では自動的にこのように登録され...




Audirvanaplus06






実際のApplelosslessのエイリアスファイルは、ココに置かれることになる...(任意のフォルダを指定することもできる)




Audirvanaplus07






要するにPure Musicの場合は、DSDファイルが置かれているフォルダにエイリアスとして機能するApplelosslessファイルがパッケージフォルダに格納されて置かれるのだが、Audirvana Plusは上の画像のように、DSDファイルが置かれているフォルダ構成(ディレクトリ構造)まで独自のフォルダ内に再現し、管理している(アァ!メンドウクサイ!!)(パッケージフォルダには格納しない)
これだけDSDファイルの管理手法が違うのだから、Pure MusicでiTunesに認識させたDSDファイルをAudirvana Plusで再生できるわけがないと思っていた。
えぇ、完全にそう思い込んでいた。





しかし今日、iTunes Integrated Mode状態のAudirvana Plusを立ち上げて、何気にPure Musicで登録したDSDファイルをiTunes上でダブルクリックしたら、なんの問題もなく再生するじゃないか!!
それが冒頭の画像だ!




Audirvanaplus01_2






ただし、少々難もある。
DSDの楽曲をダブルクリック、もしくはリターンキーを押して再生が始まるまでに、少しだけタイムラグが発生するケースがまま起こる。
そして、その時には必ずと言っていいほど、曲の冒頭の音が少し切れて再生が始まる。
繰り返すけど、DSD再生の時だけだ。
理由は単純で、FOSTEX HP-A8が一瞬だけどPCM再生モードに切り替わる事があるから。
Audirvana Plus側の制限事項ではないが、FOSTEXの責任でもないと思う。
Pure MusicがエイリアスであるApplelosslessファイルを「パッケージフォルダ」に格納しているのが原因で、Audirvana Plusがうまくハンドリングできないんだと思う。(そもそもAudirvana Plusはこの手法を採用せず、面倒くさくてもディレクトリ構造までもコピーしておく手法を採用したんだから、当たり前と言えば当たり前)
だから、やっぱり気持ちよくDSD再生をやりたいと思ったら、Audirvana Plus独自のプレイリストを使うか、Audirvana PlusでiTunesに認識させる方が、ストレスが少なくていいなと思ったというお話でした!
でも、Pure Musicの硬質な響きの音も好きなんだよね!( ´,_ゝ`)ハイハイ





蛇足だが、Pure Musicで“Memory Play”を選ぶと、最初に楽曲データをすべてメモリ上に展開してから再生を始めるので、その為にタイムラグが発生するケースがままある。(追記:DSD再生の場合は強制的にMemory Play。なので、マシンに相応のメモリ量が搭載されていた方がいい)
特に再生時間の長いクラッシックのDSD音源などでは顕著。
その点Audirvana Plusは、メモリ上に展開しながら再生も始めるので、その類のタイムラグは発生しない。
しかもAudirvana Plusの場合、次に再生されるファイルまでメモリ上に展開して、次曲の再生に備える。
この辺は音質をとるか利便性をとるか、トレードオフの問題。
確かに両者で、音質に違いはあります。
ここはもう、ユーザーの好みですね( ´,_ゝ`)ハイハイ

« バイアンプ & BTL駆動で遊ぶ! | トップページ | 中古ジャンキーのハイレゾの夢は夜ひらく »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576892/58104113

この記事へのトラックバック一覧です: Audirvana PlusとPure Musicの奇妙な関係:

« バイアンプ & BTL駆動で遊ぶ! | トップページ | 中古ジャンキーのハイレゾの夢は夜ひらく »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト