« 中古ジャンキーのハイレゾの夢は夜ひらく | トップページ | iOS7でUSB出力を試す! »

2013年9月19日 (木)

電源ユニット清掃に挑戦!

約十日ぶりの更新です!
なので、長めです!( ̄ー ̄)ニヤリ(ま、だいたいいつも長いんだけどさ)



ブログで交流を暖めているオーディオ仲間に、なつみかんさんという方がおられます。
なんと私と同学年!
その上、同じMac使い!
さらには同じオーディオ趣味!
アキュフェーズのDP-700やKEFのLS50をお持ちという猛者です!
そのなつみかんさんの愛機、PowerMac G5がとうとう起動しなくなったと知ったのは一昨日前。
おそらくは電源ユニットだろうなぁ〜と、もしかしたらエアーブローで直っちゃうかもなぁ〜、なんて考えていたら、自分のマシンも気になってまいりました。
コレ...




Macprocleanning01





Intel Macの二代目だったかな、MacPro (early2008) です。
リリース直後の2008年1月に買ったので、もう五年半も使っています。
仕事でかなりハードに使い込んでます。
コイツ、毎日フル稼働させると、電気代に一万円かかります(・_・)エッ....?
デスクの上に置いてあるのは、デスクトップマシンだから... ではなく

1.床に置くと、本体内部がすぐに埃まみれになる
2.DACと最短距離で接続したいため


という、2つの理由から。
年に一回ぐらいはエアーダスターでホコリを吹き飛ばしてやるんですが、電源ユニットだけはどこまでホコリが取れているのか、外観から確認できないんですよね。
なので、ここは壊れる前の一吹き!
本当に壊してしまうかもしれないけど、電源ユニットを本体から分離して、本格的にエアーダスターにかけてやろうと目論んだ次第ですψ(`∇´)ψ
過去、特にOS9以前のマシンでは、よく分解修理や整備、コンフリクト解消もよくやったものです。
それを仕事にもしてました。
しかしOS Xになってからというもの、以前のシステムを思えば異常に安定しているので、マシンを本格的に分解修理とか、ましてやシステムをいじるなんてやったことがありません。(本当は少しあるw)
あぁ、システムエラーが懐かしい...( ̄▽ ̄)
今となっては、Sad Macさえ愛らしく思える(ウソデス!)



と、マクラはこの辺までにして、とっとと本題へ!



まずは、なににしても作業環境を作るために、ディスプレイを取っ払い...




Macprocleanning02





フロントパネルを取っ払い(ワンアクションで外れます)...




Macprocleanning03





ハードディスクを引っこ抜く!




Macprocleanning04





四台もディスクを搭載しているのにはわけがアリ...




Macprocleanning05





「これからはSSDの時代だ!」と三年前に起動ディスクだけはSSDに。
おかげでシステムとアプリの起動だけは、激早です!!
バックアップはTimeMachineで自動的に外部2テラに保存していますが、なにせ業務用でしたので、念には念を入れ、ファイル保存用に300GB2つでRAID0を組んでいます。(今となっては用無しですが、現在はDSDファイルで埋まってます)
なんでそんなに容量が小さいのかだって?
五年以上前は、それでも十分に大きな時代だったんですよ!!(# ̄З ̄)
右端はiTunes用ファイルを入れるための500GBと、保守用システムを入れた数十GBでパーテーションを分けてます。



因みに、起動ディスクに採用したSSDは...




Macprocleanning06





東芝製っすよ!Σ( ̄ロ ̄lll)
時代を感じますねぇ〜!
確か、当時5万円台したかと。
えぇ、コイツ、MacではTrim機能は使えません!
コイツを買った時、すぐに時代が追いついてきて、SSDが廉価に出回るようになると思っていたのですが、天は我らに災いをもたらした!
タイの大水害です!!
あれでSSDの普及が1年遅れ、メモリも高騰し、ハードディスクの需要も旺盛なまま高値安定が続いたんですよね。
今五万出せば、この倍以上の容量で、さらに性能の高いSSDが手に入りますもんね!



話が脱線しておりますが、脱線ついでにもう一つ...





Macprocleanning07





コレ、ディスクをMacPro内に固定するための金具(ホルダー)なんですが、このビス1個の品質が高いのにも驚きましたが、ビス脱落防止兼おそらくは絶縁性を期待しての、まさかのシリコンゴム製ワッシャーが、全てのビスに付いてます。
驚きはコレだけではありません。

さらにはです...




Macprocleanning08






コレ、なんだと思います?




Macprocleanning09






PCI-EXカードやカバーの固定用金具です!
非常に厚みのあるアルミ材に、これまたアルミ製の重厚なビスが、スプリングと共にはめ込まれています。
コレもまた当然の如く、ビスは脱落しません。
ビスの頭はローレット仕上げされていますから、指先二本で固定可能。
これら全て、見えないところですよ!
かようにアップルの物作りへの執念は、ただ事ではないんです!
しかし、スティーブ・ジョブズが復帰する前のアップルに、こんなこだわりは皆無でした。
昔のPower Macを分解するのが、どれだけ大変だったか!(特にPower PC時代!おかげで飯を食えたw)
スティーブ・ジョブズが復帰して数年で、アップルの体質はココまで激変したんですよ。
今後はどうなるんでしょうねぇ...




話を戻して...




Macprocleanning10






安全のためにグラボも撤去。
Apple Display Connectorなんて懐かしいI/Fが二基。
今となってはほほえましい性能ですが、私には十二分。




次に光学ドライブを撤去し...




Macprocleanning11






その奥のアルミパネルを露出させ...




Macprocleanning12






ビスを二本外すと(このビスがまたキレイなんだ!)




Macprocleanning13






電源に繋がるコネクタが現れます。
それにしても、これを隠すためだけにパネルを作るって...




Macprocleanning25






電源部はユーザーには触らせないということなんでしょけど... スゴイよね\(;゚∇゚)/




ここでMacPro本体をデスクから引きずり下ろして、天地をひっくり返すと...




Macprocleanning14






電源ユニットを固定しているトルクスネジにアクセスできます。
これをトルクスレンチで外します(トルクスドライバでは空間的に無理)
たまたま最近、ラチェット付きのビットを購入していたので、コイツを利用!




Macprocleanning15






取り外したネジには、しっかりと青い塗料が...




Macprocleanning16






今さらメーカー保証なんて関係ない!(´,_ゝ`)プッ
そしてコネクタを外し...




Macprocleanning17






このコネクタは、全てマジックテープでびっちりと、背面の板に固定されてます。
おそらくは品質管理の観点からの工夫ではないでしょうか。
本当に抜かりがないなと、感心させられます。
さて、これでやっと電源ユニットを外せました...




Macprocleanning18






空冷用のファンは、本体に固定したままです。
仕様はザッとこんな感じ。




Macprocleanning19






コレ、アップルに交換修理を依頼すると、五万以上かかるそうです。
Vintage Computerでメンテ用の新品ユニットを購入できますが、34,800円也!




さて、ご開帳!(* ̄ー ̄*)




Macprocleanning20






数えたら、トランス3つ、コイルは5つ。
主だった部品は、すべて基板にゲルで固定されてます。
ヒートシンクに固定されているレギュレーター類は、さらに上からアルミ板で圧着。
制震目的なんでしょけど、ハンパなく徹底されてます。
スゴイとしか言いようがない...




気になったのは、コチラのトランス...




Macprocleanning21






なぜかヤニが...
逝くとしたら、この辺からかな?
その前にコンデンサかリレースイッチ...
何にせよ、さほどホコリは溜まっていませんでしたが、それでもこの際ですから、隅々までエアーを吹き付けて吹き飛ばしておきました。




品質管理用でしょうか、使われていない(使いようのない位置にある)コネクタが...




Macprocleanning22







感心したのが、コチラ...




Macprocleanning23






電源インレットはVolex社製EMI除去フィルタ付きです。
この辺も、さすがProを名乗るだけあるなぁと感心しました(それともこれが普通なの?)




天板の下、光学ドライブの上部分に、こんな基板が...




Macprocleanning24






コレ、なに?
また、あまり知られていないMacPro (early2008) だけの隠しコネクタがコチラ...




Macprocleanning26






メインバス直結のSATAコネクタが二基、空冷用ファンの裏側にあります。
zionoteさんのブログで知りました。
秋葉館では、コレ用のケーブルとコネクタも売ってたはずなんだけど...
ここを利用しない手はないと、少々アイディアを温めています( ̄▽ ̄)




さて、逆の手順で組み付けて、無事に起動!




Macprocleanning27






本当は電源コネクタの接続不良で、最初は起動してくれなかったって事件は内緒です!(壊したかと焦った!)
これで少しでも私のMacProの延命が図れていればいいのですが。
なにせ、私にはこのマシンでも手に余るぐらいにパワフルですから。
ダテにクアッドコアのIntel Xeonを二基、載っけてないッスね!!ψ(`∇´)ψ
(んじゃ、年内リリース予定のTrash Mac【隠れコード痰ツボMac】はどんだけ〜... なの?4K動画の編集レンダリング作業を2つ3つ同時並行でリアルタイムにできるとか、もうわけ分かんない!)

« 中古ジャンキーのハイレゾの夢は夜ひらく | トップページ | iOS7でUSB出力を試す! »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576892/58222565

この記事へのトラックバック一覧です: 電源ユニット清掃に挑戦!:

« 中古ジャンキーのハイレゾの夢は夜ひらく | トップページ | iOS7でUSB出力を試す! »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト