« ブログに見る2013年 | トップページ | 単線は短線に限るのか(もしくは内部配線材) »

2014年1月 1日 (水)

オーディオ的お年玉

つい先ほどまで、Eテレで「ウィーン・ニュー・イヤー・コンサート」を観ておりました。
我が家のAV環境はとても貧弱なので、音的にはアレなんですが、やはり音楽の都ウィーン(英語的にヴィエナ“Vienna”と呼ぶんだとか)。
2002年には小澤征爾氏がタクトを振り、話題になりましたね(エ?ナッテナイ?)
今年ダニエル・バレンボイム(エ?ボイン?)氏がタクトを振りました。
現在のベルリン国立歌劇場 音楽総監督なのだそうです。

何が好きって、必ず毎年アンコールで「ラデッキー行進曲」を演奏するのですよ。
指揮者が聴衆の方を向いて、タクトを振るのです。
そのさまが、指揮者、聴衆共に非常に楽しげで、「あぁ、音楽っていいな!」と思わせてくれるのです。
だから好き!

でもチケット料金はとんでもない高値(特に今年は!)
€4,800って...(約70万円!!)
立ち見でさえ€200でっせ!!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

これに飛行機代に滞在費を足し合わせると...

私、これならEdtion5買いますわ!(・_・)エッ....?



そのような正月をおくっている私の元に、お年玉が届きました!!




Cable1




長さ1.5mのオーディオ・テクニカ製ラインケーブルです。
送り主は、ブログ仲間のぢるんぢるんさん

ブログで「どうしてくれよう、このケーブル!」とのたまっていたので、「私に送れば?」とご提案
そしたらば、本当に送られてきまして、本日到着と相成りました!
( ̄ー ̄)ニヤリ

ちょうどこれくらいの長さの、シールドがしっかりしているラインケーブルが欲しかったのです( ̄▽ ̄)
なぜかって?
一部、自作ケーブルを使っていたのですが、プリに使っている真空管アンプのアンテナになっちゃって、右だけノイズを拾いまくる!
しかも、「なんだオーテクか!」などと侮ることなかれ(これ、たぶん20年以上前のブツではないかと思われ)
導体はPCOCCです。(貴重だよねぇ〜!)




Cable3



プラグはこんな感じ。



Cable2



片方のRの赤いリングが紫外線でボロボロなのは、時代の証。
ついてすぐに、強烈なヤニのニオイが漂ったので、エイヤ!とばかりに中性洗剤でジャブジャブと洗ってやりました。
おかげでケーブルそのもののニオイはほとんど取れました。
プラグの内部に、まだヤニが残っているようですが、これも時間の問題で取れていくでしょうヽ(´▽`)/

プラグの中を拝見すると...



Cable6





写真ではハンダ面が見えておりませんが、丁寧なお仕事。
接点は金メッキ処理のようです。
よくみると分かりますが、シールとの色がプラグ内部に当たる部分と外部の部分で違います。(これでもキレイにしたのですよw)

そして、ケーブルをサクサクとエルサウンドさんのラインレベル出力分配器 ECD-1に取り付けて...




Cable4



右から2番目にさしてあるのは、静電気対策用のJODENプラグです。
(まぁ色んなモノをもってますねぇ、アタシは!)
両端のケーブルはMOGAMIのNEGLEX 2534です。

でもって、初号機君に第二種特別警戒態勢でお守りいただき...





Cable5





本年は明けました!!( ^ω^ )

ア!こいつぁ〜 春から 縁起がエエわい!!
( ^ω^)おっおっおっ

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ 

« ブログに見る2013年 | トップページ | 単線は短線に限るのか(もしくは内部配線材) »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

私も一回洗ったのですが、ダメでしたか。ごめんなさい。
わが人生はタバコと共にまっ茶色です。

でも、ケーブルを聴き分けられるシステムって、
やっぱり羨ましいですね。
私の家では「なんか変わった!?」状態でした。

> ぢるんぢるんさん


私も一昨年までは吸ってました。
妻から「私の生涯最後の願い」と「禁煙」を言われ続けておりました。
それで妻が奈良に転居する前に、外来禁煙に駆け込み、禁煙に挑戦。
生涯最後のお願いと言われてはねぇ(@Д@;

ケーブルの音を聞き分けられるのは、ひとえに、今まで使っていた自作ケーブル(単線を自分で編んだケーブルです)のシールド性が低かったのと、ケーブル長の長すぎでした。
やはりあれは単線だけに短線にしておくか、内部配線に留めておくべきでしたね。


とにかく、まぁ、これが同じシステムの音かと驚くほど、音のキレが増して、非常に聞きやすくなって困っております。
スピーカーの前から動けなくて、困っておるのです。


風呂に入りてぇ...(;´д`)トホホ…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーディオ的お年玉:

» 指揮者不在?ウィーンフィル ニューイヤーコンサート@2014 [◆♪◆箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE◆♪◆]
■今年はバレンボイム!ニューイヤーコンサート2014 今年のウィーンフィル・ニューイヤーコンサート。指揮は5年前と同じダニエル・バレンボイムでありんした。元旦の19時を廻った頃 ...... [続きを読む]

« ブログに見る2013年 | トップページ | 単線は短線に限るのか(もしくは内部配線材) »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト