« ノイズの原因は | トップページ | 久々にe-onkyo »

2014年3月27日 (木)

Hybrid-DSDを試す

Hybrid-DSDは、BitPerfect Sound Inc.がリリースしたDSD Masterで生成できる音源ファイルです。
コイツの大きな特徴は二つ。

1.iTunesにインポートさせることができる
  (BitPerfect 2.0以降だとDSDネイティブ再生 (DoP) 可能)

2.iTunesやAppleロスレスファイルをサポートする再生ソフトでも再生可能


こんなとこでしょうか...


ここでザッと復習。


iTunesにDSDファイルを認識させ、iTunesのUIを利用して再生させる方法は、以前からありました。
例えばPure Musicの場合...



まず、iTunesの「詳細設定」でチェックを外し...




Itunespreferencesadvanced



メニューから“Add FLAC or DSD Files...”を選択し...




Puremusicmenu




DSDファイルをドラッグ&ドロップするウィンドウを開きます。






Puremusiceaddflacdsdtoitunes





ここに任意のDSDファイルを「ドラッグ&ドロップ」




Puremusicdragdrop





iTunes上に現れるはずですが、私の経験では現れないときの方が多かった。
対処法はあります...
オリジナルDSDファイルと同じ階層に、ブックマーク用のファイルが生成されるので...




Puremusicdsdbookmark





コイツをコンテキストメニューから「パッケージを開く」を選択してやります。





Puremusicdsdbookmarkm4a




ここにDSDファイルのロケーション情報を持った、見かけだけのAppleロスレスファイルがあるので、コイツらをiTunesにインポートさせてやればいいのです。
そして、先の「詳細設定」の二つのチェックボックスにチェックを入れてやります。
以上、終わり!




これでPure MusicでDSDのネイティブ(DoP)再生が可能になります。
可能にはなりますが、問題もあります。
大きく二つ。


1.生成されるAppleロスレスファイルは純粋にDSDファイルのロケーション情報しか持っていないので、iTunesも含め、他の再生ソフトでは再生不可。(但し例外あり。Audirvana PlusではDSDファイルを再生できた)

2.ネイティブファイルが持っていたメタデータの大部分が、生成されるファイルのメタデータに反映されない。



Pure Musicだけの環境なら、問題ないッス!
2の問題も、iTunesでメタデータ(情報を見るから弄る)を付加すればイイだけだし。
メンドイけど...(;´д`)トホホ…




Audirvana Plusは、独自のUI上でもファイルを管理できますが、iTunesにDSDファイルを認識させ、iTunesのUIを利用してDSDやFLACファイルの再生も可能です。
ま、ぶっちゃけPure Musicと同じような手法ッス!



まずiTunesの「詳細設定」のチェックボックスからチェックを外し(ここはPure Musicと同じ)...


Itunespreferencesadvanced_2





メニューから“Add files to iTunes...”を選択...




Audirvanaplusmenu




“Add files to iTunes”ウィンドウを開きます。




Audirvanaplusaddfilestoitunes




DACがDSDネイティブ再生に対応していない場合、ここで変換するPCMファイルのサンプルレートを設定します。
そしてこのウィンドウに、任意のDSDファイルを放り込んでやります(もしくはウィンドウ下の“+”をクリック)。
デフォルトでは「ミュージック」フォルダ内に「AudrivanaProxies」フォルダを作り、その中に生成したファイルを置く設定になっていますが...




Audirvanaplusaddfilestoitunes2






と、小難しい説明文を加えてみましたが、要するに...




Audirvanaplusaddfilestoitunes3




「AudirvanaProxies」フォルダ内に、オリジナルDSDファイルのファイルパスと同じディレクトリ構造を作りだし、その一番奥にAppleロスレスファイルが生成されます。
(不覚にも、コレを他のソフトで再生可能かどうか検証を忘れた...)
もちろん、Audirvana Plusの場合もPure Musicと同様に、ファイルがiTunesにインポートされた後は、例の「詳細設定」のチェックボックスにチェックが必要であれば入れてやらねばなりません。


Audirvana Plusの賢いところは、オリジナルDSDファイルが持っているメタデータを、そっくりAppleロスレスファイルに書き込んでくれること。
なので...




Audirvanaplusaddfilestoitunes4





こういうところはスマートだと思う!

思うに、この二つのアプリがApple AppStoreでリリースしない理由の一つは、この音源をiTunesにインポートさせる機能だと思う。
音楽再生プレイヤーは許すけど、オイラのiTunesを勝手にいじくって再生に利用しようなんていう奴には、AppStoreの軒先は貸してやらない!という、アップルの流儀があるからなんだろう。
だからBitPerfect Sound Inc.はBitPerfectにiTunesに音源をインポートさせる機能を付加するのではなく、ファイル変換アプリとしてのDSD Masterをリリースして、そいつにiTunesにインポートさせるという機能をオマケ的につけて、上手くAppleさんを怒らせずにiTunesにDSDをインポートさせることにしたんじゃなかろうか?
だってDSD Masterは再生アプリじゃないもん!
おかげでAppleのポリシーに抵触しなくてすんでるんじゃないかな?


長かったけど(よくガマンして付き合ってくれたね!)、ここからが本題!



DSD Masterの場合は、上の二つのアプリとは、振る舞いは似ているけど、アプリ自体の目的は全く違うし、その結果も、似て非なるモノなんだ。


DSD Masterを起動させると、まず設定ウィンドウが開くんだが...


Dsdmastersetting

Preference_panel_outpu_format







Preference_panel_output_sample_rate




このように、DSDファイルを任意のフォーマットに、任意のサンプルレートで変換できる「フォーマット変換アプリ」なのだ。
(Appleさんを怒らせないための大切なポイントね)
DSD Hybridが選択されている場合は、一つのファイルの中にDSDのデータとPCMのデータと、二種類の音源が含まれることになる。
DSDデータはBitPerfect 2.0以降でのみ再生可能なのだが、PCMデータはiTunesを含めたAppleロスレスファイルをサポートするアプリであれば再生可能、となっている。
そのPCMデータのサンプルレートを、ここで設定するというわけだ。


ちなみに、Apple AppStoreで扱われるアプリには、Appleによって厳格なルールが定められていて、このDSD MasterでDSD Hybridが選ばれる場合に限っては、保存するフォルダをユーザーが任意に選択しておく必要がある。




Dsdmastersettingexplanation




要は「iTunesにファイルをインポートさせる為ののアプリなんて認めないんだから!」というツンデレ的理由からだろう( ̄▽ ̄)


DSDファイルをDSD Masterで変換する方法はいくつかあるのだが(以前紹介した)今日はコンテキストメニューから起動させてみよう(DSD Masterは起動させておく必要はない)。




Dsdmasterfileconversion




すると“Progress”ウィンドウが開いて、変換作業が始まる。


Dsdmasterprogresswindow1




と同時に、私のMac Pro (early2008)の空冷ファンがうなりを上げる。
CPUを酷使するからだ。
変換作業には、CPUの性能によって相応の時間がかかるが、その実、実際の変換にかかる時間は大した長さではない。
一番時間をかけているのは、DSD音源の録音レベルを精査すること。
(設定ウィンドウでも設定できるが)この例のように、複数のファイルを同時に選択して変換作業に入ると、このファイルは同じ録音レベルの元でレコーディングされた一連の音楽トラックと認識される。
(クラッシック音楽を考えてみて欲しい。静寂の中で演奏されているように再生されるべきトラックが、「こいつのピークレベル、低いけど、コレがマックス値だから、ここで再生音量がマックス(0dB)になるように変換しとこ」なんてことをしてくれちまったひにゃ、トンデモ再生になっちゃうだろう?)
ここで言う「録音レベル」ってのは、SA-CD規格の「-6dB」のこと。
SA-CDのスタンダードでは「DSDレコーディングにおいては、入力音量を6dB絞っとけ」となっているんだそうな。
しかし、これに従わずに録音されている音源も存在する(音質を求めてのことだが)。
そこで、音源が本来持つダイナミックレンジをフルに活かした変換をするために、DSD Masterでは音源のレベルを特に念入りに精査してから、実際の変換作業に入るのだ。



と、技術資料には書いてあった...



変換が終わったようだ...




Dsdmasterprogresswindow2



Scaling Factorを見て欲しい。
この値だと2dB程のヘッドルーム(ダイナミックレンジ上の余裕)を残して(それだけ入力を絞って)録音された音源らしいことがわかるのだ。



と、技術資料には書いてあった...




設定ウィンドウで“Automatically add to iTunes”にチェックを入れておいたので、変換終了と同時にiTunesを起動させ、勝手にインポートまでしておいてくれる。
上の二つのアプリと違い、いちいち「詳細設定」の例のチェックボックスからチェックを外す必要はない。
なぜなら、DSD Masterで生成されたファイルは、iTunes Mediaフォルダにコピーされても問題なからだ(ユーザーがそれを望まなければ話は別だが、ここにチェックを入れないで使っているユーザーの方なんて、ほんの少数だろう?ってか、ここで書いている意味分かんないでしょう?w それが普通だと思う)




さて、iTunesを見てみると...


Dsdmasterfileimported




この様に、無事にインポートされている。
またAudirvana Plus同様、オリジナルDSDファイルのメタデータが、まんま、インポートされたファイルに反映されている。
(曲順だけは手入力が必要だった)
この辺は後発だけあって、抜かりないって感じ?ψ(`∇´)ψ

「情報」を見ると...




Dsdmasterfileimported1




Appleロスレスファイルには似つかわしくないファイル容量を持った、それでもAppleロスレスなファイルだということが分かる。
当然、このファイルはiTunes Mediaフォルダ内にも置かれ...(例の詳細設定のチェックが入っていれば、だが)




Dsdmasterfileimported2





と同時に、DSD Masterの設定画面で指定したフォルダにも“.DSDh”の補助的な拡張子が付与されただけの、中身はiTunes Mediaフォルダにあるモノと全く同じファイルが存在する。




Dsdmasterfileimported3




Appleの流儀では、DSD Masterの“Automatically add to iTunes”機能は、あくまでも「オマケ」的機能!ということなんでしょう。
しかし私には、このフォルダ内に生成されるファイルの方がよほど「オマケ」なので、躊躇なく削除してます!ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ


このファイルがBitPerfect 2.0以降ではDSDとして再生されるのは当然なのですが...





Menu_window_dsd




と同時にiTunesでもAppleロスレスファイルとして再生可能で、さらにAudirvana Plusでも...




Dsdmasterfileimported4




と同時に...






Dsdmasterfileimported5





Pure Musicでも、176.4kHz / 24bitのPCM音源として再生可能なのです。


以上、BitPerfect Sound Inc.の技術資料に書いてある事を、実際に試してみたというお話でした!

アァ〜!疲れた!(@Д@;



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ 



« ノイズの原因は | トップページ | 久々にe-onkyo »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

これってDSDをPCMに変換して再生するってだけで、iTunes上でのDSD再生じゃないと思うけど…
ハイブリッドDSDファイルの中のPCMを再生してるに過ぎないような

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hybrid-DSDを試す:

« ノイズの原因は | トップページ | 久々にe-onkyo »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト