« 桜が咲いたぞ! | トップページ | La Concert »

2014年3月29日 (土)

ジャイアン的ポータブルおけるハイレゾ対応

私のポータブル・オーディオ・システムと言えば、知っている人ならば知っている、こんなフルバランスなもの...




Newportablesystem05





こいつをショルダーボストンの肩紐に括り付け...




Newportablesystem01




プレイヤーやバッテリーはカバンの中に入れて歩くというのが、私の流儀。
だが、なにかオカシイゾ?
何かがいつもと違うんじゃないかい?


そう気づいたあなたは、本当に鋭い!!ヽ(´▽`)/



ここがいつもと違うじゃないですか!!




Newportablesystem02





なぜ同軸が刺さってる?
このケーブルの先には何がある?



これ(iFi micro iLink)です!




Newportablesystem03





ついでにこれ(iFi GEMINI デュアルヘッドUSBケーブル)も、です!




Newportablesystem04





とうとうやっちまいました!(@Д@;



一年以上前から、ポータブルで本格的なハイレゾ対応をと計画。
当初はオーロラサウンドさんのHIFACE Two Proをと考えていたんですが、考えている間にiFiからトンデモが出てきちゃった。
で、さっさと心変わりして数ヶ月。
で、やはり「やっちまった」というわけです!( ̄▽ ̄)



こうやって使おうと、目論んでいたんです。




Newportablesystem06




で、ちゃんと鳴るんです!
iLinkの消費電力は2.5Wなので、エネループでも全然問題ないのです。



iBasso DB2の同軸コネクタが心許ないので、ポタ道の常道である...




Newportablesystem07





多段構成にして、コネクタへの負担を減らしてやろうと...



実はさっき机の上から落としちゃって、一気にコネクタ部分の接触に不良が生じたみたいで(@Д@;
機を見て開腹して、状態を確認します!




Newportablesystem08




これでWaltz for Debbyハイレゾ盤(24bit 96kHz)を聴いたのですが、もうポータブルでないですね、この音は!
iLinkがそもそも据置DDCなんだから、そうなってくれないと泣いちゃうところなんですけどね。



今ならば、こんなことしなくても、AK240とか持ってくれば、簡単にハイレゾを楽しめる。
DSDもOKだし、バランス駆動だってできるじゃないか!
ストレージ容量もデカイし!
価格も凄いけどね(;´д`)トホホ…


そういう「王道中の王道」を行きたくないのが、ジャイアン流!
敢えて人の考えの斜め上を行く!
理由?
面白そうだからに決まってるじゃん!!( ̄ー ̄)ニヤリ


ではお定まりの開梱の儀!




Newportablesystem09





今時は、何でもiPhoneライクなのね!




Newportablesystem10




そのiPhoneライクな箱の蓋を開けてみる。




Newportablesystem11




中身は...




Newportablesystem12





iLinkの方にはUSBケーブル(使わないけど)、BNCケーブルと変換コネクタ2個、光ケーブル、シリコン製の足。
GEMINI デュアルヘッドUSBケーブルには、マイクロUSB変換アダプタと袋。
このケーブル、70センチを購入したのですが、結構重量あります!





Newportablesystem13




以前から「どうなってるんだろう?」と疑問に思ってたんですけど、途中のスレーブは自由に動かせるんですね!




Newportablesystem14




このコネクタ部が出色の出来で、キッチリはまって、簡単には抜けません。
もちろん、がたつきが出てきそうな、そんな甘っちょろい作りじゃありません。
さすが、このケーブルだけでHIFACE Two Proが買えちゃう(しかも釣りが来る)値段だけあります。
このケーブルの性能については、後日、他のケーブルと比較して、音を聴き比べてみたいと思ってます。




Newportablesystem15




最初はこのOYAIDE AS-808Rを使っていたのですが、佐々木さんのMusic To Goで「30センチ未満の同軸ケーブルが推奨されている」と書かれているのを見て...




Newportablesystem16





付属品のケーブルに替えたのです。
手持ちのOYAIDE AS-808Rは、プラグも含めて、長さが60センチあるのです。




さて、iPhone上の再生アプリをHF Playerにしようか...




Newportablesystem18





それともFLAC Playerにしようか...




Newportablesystem19






と迷ったのですが、HF Playerの音の方がアップサンプリングをかけてもかけなくても、少し固く感じられたので、よりFLAC Playerの方が私好みの音を出すと判断!




Newportablesystem20





しばらくはFLAC Playerでいってみます!



SHATIのハイレゾ買っておいてよかったぁ〜!
めっちゃエエ音やん!



以上、Edition8って、こんな音も出せるんだぁ〜!と、E8の実力も改めて実感させられた、ポータブル・オーディオ・システムのジャイアン的ハイレゾ化でした!








ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ 








« 桜が咲いたぞ! | トップページ | La Concert »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアン的ポータブルおけるハイレゾ対応:

« 桜が咲いたぞ! | トップページ | La Concert »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト