« MMCXとFRUTECHでバランスケーブルを作成 | トップページ | 手直し »

2014年4月16日 (水)

あぁ、ロメオよロメオ、なぜにあなた「も」ロメオなの?

フフフフフ...
FRUTECHのあんなお高いプラグを買ったのには、理由があるのです。
これですわ...




Edition9romeo01




edition9さまをバランス駆動させるのに、その辺のプラグでは失礼であろうと思い、奮発したのです!( ̄ー ̄)ニヤリ
まったく、このオヤジの考えることは、どっかねじが飛んでいる...

何はともあれ、作業開始です!
edition9のハウジングは、簡単にヘッドバンドから取り外せます。




Edition9romeo02




イヤーパッドも、円周部の溝にはまっているだけなので、簡単に外せます。




Edition9romeo03






Edition9romeo04






サランネットは再利用したいので、慎重に剥がします...




Edition9romeo05





この状態にしたら、まずドライバーが付いている金属板上のノリを、キレイに取っておきます。(私はエタノールを使った)
その上で、この金属板をハウジング部から外すのですが...





Edition9romeo06




先のとがったプラスドライバーだと、頭をなめてしまいますから、注意が必要です。
そして、ハウジング部とドライバーがラインで結線されていますから、取り外しにも注意が必要。
決して焦らず、慎重に...




Edition9romeo07





このように...
ハウジング部の背面にはられたフェルト状のブツに、右側には赤色の印が付いています。
左右のドライバーが元のハウジングに取り付けられるよう、ドライバー側にも左右の別が分かるよう、印を付けておくといいかも知れません。


ラインを外し、古いハンダも除去...




Edition9romeo08





ハウジング部からコードとコードブッシュを外すのですが...





Edition9romeo09






Edition9romeo10






Edition9romeo11





外したコードは、大切に保管しておきます。
なぜかって?
今回の改造は、必要とあれば元の状態に戻せるところがキモなのです!


さて、先日購入したコードブッシュですが...




Edition9romeo12




ハウジング内部の底部にあたる部分を、カットしてやります...





Edition9romeo13





すると...





Edition9romeo14






Edition9romeo15





まるであつらえたようにジャストフィット!( ̄▽ ̄)
このコードブッシュ、実はedition9を念頭に選んだのですが、ここまで見事にフィットするとは、自分でもビックリですわ!( ̄ー ̄)ニヤリ


ここにMMCXのメスを仮に入れてみると...




Edition9romeo16




もう目の前にedition9 Romeoが出現です!ヽ(´▽`)/


ってことで、edition9に取り付けるMMCXメスの準備です。
今回は内部配線材として、オーグのPTFE被膜線0.3ミリを用意しました。




Edition9romeo17




ホット側には補強と絶縁を考慮して、スミチューブを被せました。
これをハウジングに仮置き...





Edition9romeo18








Cablebush05




一旦メスコネクタを抜き、ラインのみをブッシュ内に残した状態で、コイツを外側から充填。
で、充填した接着剤を押し込むように、メスコネクタを挿入...

(4/17修正:この接着剤では硬化しても十分な強度が出ませんでした。MMCXメスとコードブッシュはアロンアルファで接着し直しました)




Edition9romeo19





こうすることで、接着剤が硬化してMMCXがコードブッシュにしっかりと固着するハズ!
固着してもらわないと困る!(@Д@;
(上述の通り、十分な強度が出ませんでした。残念!)



実はこの状態で放置して、バランスケーブルの製作に移ったのです。
では、ケーブルも完成したので、MMCXとドライバーを結線します。




Edition9romeo20





ここまでに、何度も何度もテスターで導通と絶縁のチェックを繰り返しながら作業を進めています。
ココに来て「ショートしてる!」とか「どっかで断線してる!」じゃ、シャレになりません!
要はやるべき作業を、堅実に一つ一つこなしていきさえすれば、さほど難しい作業ではありません。
それに私の場合は、edition8で予行演習を行っているので、なおさらです(アレは予行演習だったのか!)



まだ接着剤は完全に硬化していませんが、この状態ならMMCXのオスを差すことができます。(内側からメス側を押さえておくことができるからね)
なので、ここで音出しチェック!




Edition9romeo21




すでにこの時点で、ただならぬ音をたてています!ヽ(´▽`)/
問題ないので、コネクタは差したままで、ハウジング部とドライバー部を組み上げます。




Edition9romeo22




サランネットを貼り...





Edition9romeo23





さらにはイヤーパッドを取り付け...





Edition9romeo24




ホラ、完成!(* ̄ー ̄*)




Edition9romeo25




ヘッドバンドに取り付けます。





Edition9romeo26






Edition9romeo27





あぁ、なんて贅沢な!!o(*^▽^*)o
音はまだ鳴らし始めなので参考程度ですが、もうね、シングルエンドの時と大違い!
edition9の潜在力ってのを、コレだったら絞り出せるかもしれない!という音です。


そしてRomeo化しちゃったわけですから、このedition9も気軽にお外に連れ出せるってもんです!
で、RSA用のコネクタを付けたバランスケーブルも、スミチューブを被せ直しました。




Edition9romeo28




左側のイヤーパッドが軽く外れかかってるけど、気がついてないフリしてね!




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ 



« MMCXとFRUTECHでバランスケーブルを作成 | トップページ | 手直し »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あぁ、ロメオよロメオ、なぜにあなた「も」ロメオなの?:

« MMCXとFRUTECHでバランスケーブルを作成 | トップページ | 手直し »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト