« Cloud 9 | トップページ | 懲りずに今度はDDC対決! »

2014年4月 3日 (木)

USBケーブル対決

iFi GEMINI Dual-head USB Cableを購入してから、やってみたかった企画です!
USBケーブルでどこまで音が変わるのか?
または変わらないのか?
いざ、試してみます!



Usbcables1

Usbcables2_2




第一のコース!
オヤイデ d+ USB class S 1m!



Usbcables3





Usbcables4




ケーブル部分は錫メッキ線とアルミ箔のダブルシールド。
端子部分はプラチナメッキ+ロジウムメッキコーティング青銅合金ですって!
贅沢ですねぇ〜!(@Д@;




第二のコース!
iFi GEMINI Dual-head USB Cable 0.7m!



Usbcables5



この子も上に負けていません。
端子のハウジングはシールド性を考慮したアルミニウム合金製。
ケーブル部もアルミ箔と銅モールのシールド材を使ったデュアルヘビーシールド。
上の子もそうだと思うのですが、それぞれに異なる周波数帯域のシールド性能をもたせるためのデュアルシールドなのですね。
重いわけだわ!




第三のコース!
エルサウンド データ専用USBケーブル汎用版(Improved)

(私の常用ケーブルです)



Usbcables6




再生に使用するデバイスは...




Usbcables7




FOSTEX HP-A8とTH900です。
贅沢だなぁ〜( ´,_ゝ`)ハイハイ


使用音源は...




Howinsensitive




SHANTIの“Romance with me 24bit 96kHz”から“How Insensitive”。
これをBitPerfectのエンジンで再生させます。

以下は私の環境における、私の主観に基づいたコメントです。
細かい表現は苦手なので、大雑把なところはご勘弁下さいね!っと!



私の中で評価の高かった順に...




Usbcables8




意外や意外、d+ USB class Sの音が一番良かったです!
音の空間的な広がりも一番(GEMINIと僅差ですが)。
高域の伸びの気持ちよさ、低域の豊かな響きを伴った深い沈み込みも一番(やっぱりGEMINIと僅差なのですが)。
イヤイヤイヤイヤ、これはもったいないことをしてきました!
こんなことなら、コイツの0.7mを買っておけばよかったι(´Д`υ)アセアセ
今までお蔵入りさせてきてた私はアホ?(@Д@;


ただし、こいつの取り回し性は最悪です(^-^;
平べったい上に、硬い!
しかし、それこそがこのケーブルのミソであり、高い伝送品質を支えている要素なんですね。
イヤァ〜、ヤラレました( ̄▽ ̄)




Usbcables10




さっきから「僅差、僅差」と書いてますから、もう自明ではありますが、次に推したいのはiFi GEMINI Dualhead USB Cableです!
ただし、こいつと上のd+ USB class Sを比べるのは、ちょっとズルイ!
このケーブルはiFi iUSBPowerとのセットで語られるべきで、こういう使い方は、開発者からすれば「なんちゅうことしてくれんねん!」的行為ではないかと思います。


そして残念なことになってしまったのが...




Usbcables9




問題はないのですよ!
このデータ専用USBケーブル汎用版(Improved)君に罪はありません。
ただ、ハイレゾ音源の持つ豊かな表現力を遺憾なく堪能したいと願うなら、こいつに使われているケーブルでは少々役不足になってしまうのかもしれません。
事実、以前も私は聴き比べて、結果としてこのケーブルを常用してきたのですから。


以上のような結果になりました。
私には少々意外な結果です。
まぁ、色んな意味で以前とは環境的に変化している部分もあるので、そんなところも影響している可能性もあります。
ただし、オーディオ的に劣化をきたすような変化ではなかった思っているので、この結果はある意味、ハイレゾ音源再生を考える上での示唆を含むような気もします。
16bit 44.1kHzのCD音質ならば問題にならないことも、十分に高品質なハイレゾ音源の再生では音の違いとして感じ取れるということもあるって感じでしょうか。
(4/3追記:データ専用USBケーブル汎用版(Improved)d+ USB class Sの音を比較して前者を採用した当時は、リッピングに今ほどこだわりはなく、音源もハイレゾでなく、電源なども今ほどではありませんでした。そういった諸々のネガティブな要素もd+ USB class Sではしっかり聴き取れてしまった。それが原因で、そのような選択をしたのではと、今にして思います)


そして、この結果から...




Usbcables12





データ専用USBケーブル汎用版(Improved)君が代わりにお蔵入りとなりました。


番外編ですが、一応、普通のUSBケーブル (1m) でも試してみました。




Usbcables11




せっかくの高品位音質が台無しです!(;´д`)トホホ…
上の三品と比較して、あまりに狭い音場。
伸びない高域。
沈まない低域。
なかなか差が出にくいとも言われるデジタルケーブルですが、いやどうしてどうして、こんなにも違うか!と思うぐらいに、全く違います。
別物です!
音源が高品位なので、なおのこと、ケーブルの品質差に気づきやすいのかもしれません。
しかし、こんなに差が出るとは、やってみないと分からないものですねぇ〜!




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ 



« Cloud 9 | トップページ | 懲りずに今度はDDC対決! »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: USBケーブル対決:

« Cloud 9 | トップページ | 懲りずに今度はDDC対決! »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト