« より失敗の少ないMMCXケーブルの作り方 | トップページ | お宝発見! »

2014年5月 3日 (土)

あぁ、DT990PROまでも...

3年前、春のヘッドホン祭で上京したときに中野で買った米屋のDT990PRO
なぜか店員さんに「コレ、ポータブルじゃ鳴らないですよ」と会計時に言われたんだが、「えぇ、知っています。据置で使うんです」と答えたっけ。
250オームもあるハイインピなDT990PROなのに、わざわざそういった忠告してくれていたってことは、きっとポータブル用に買ってクレームを入れてきた客がいたんだろうなぁと思うジャイアンです。


とまれ、このDT990PRO。
まともな姿でいたのはほんの数ヶ月。
道具を一通り揃えたところで、早速分解され、バランス仕様にされてしまっていたのでした。
それもDT990PROの音を楽しみたかったからじゃなくて、純粋に技術的な興味で。


そんな不幸な身の上のDT990PROは、さっきまで臓物をぶちまけられ、こんな姿で放置されていたのです。




Dt990pro1




ごらんのようにイヤーパッドは外され、サランネットも取り外され、ドライバーむき出しの状態。
ムゴイ!!Σ( ̄ロ ̄lll)

そんなDT990PROの救済のために、共立電子さんからパーツが届きました。




Dt990pro2






Mmcxbr

(画像は共立エレショップさんより拝借)


全長10ミリにも満たない、パネル用のMMCX-BR(メス)です。
千石さんの方が安かった(;´д`)トホホ…)
こんなものがあるなんて分かっていたら、edition8や9のRomeo化で使ったのに...
edition8と9にはケーブルホールの内側に、板をはめ込められるスリットがあるんですよね。


Romeo14
(この写真ではちょっと分かりにくいね)


Edition9romeo10


それを利用すれば、もっと安全・強固なコネクタに出来たのに...
(いつかやってやろ!というわけで、実はもう2セット分買ってありますw)


さて、コイツをどうやってDT990PROに固定するかですが、今回はプラ板を使うことにしました。




Dt990pro3





熱には弱いが、加工が容易だし、プラ板ならマルボロアンプやラッキーアンプの製作で余るほど買っておいたから、在庫を消費しないとさ!(;´д`)トホホ…


このMMCX-BRのネジ部分の系が3ミリ強。
なので3ミリの穴をあけて、やすりがけ。
やすりを差したまま、プラ板をグルングルン振り回しただけですけどねw





Dt990pro4





もうバッチリ!
注意!
作業途中で部品を不用意に落とさないように!
ネジがフローリング材の目地に入り込んで、見つけ出すのに苦労しました!
( ̄Д ̄;;

この状態でラインをハンダ付けするのですが、当然、プラ板は溶けるわけで...
(5/4追記:ワッシャーにハンダ付けして組み付けすれば良かったんだ!残念!)





Dt990pro5





サクッと作業を終えて、プラ板が冷えて固まるまでの間に、位置や傾きを調整。
幸いだったのはプラ板にさして熱が逃げないので、ハンダ付け作業自体は容易でした。


この状態でDT990PROのハウジングに空いた穴にあてがい、ヒートガンで熱風を当てながら、必要なアールをつけてやるのですが、一つ目では温度が高すぎて、プラ板自体が溶けかけた...
その上、私は何を考えたのか、ヒートガンの吹き出し口を指先でつかんじゃったものだから、火傷しちまったい!
ただ今、左手中指の先、絶賛水ぶくれ中!( ̄○ ̄;)!



プラ板を写真のように横長に切り出したのは、ヒートガンで熱風を当てる際に、指でハウジングに押さえられる部分にするため。
結局、思っていたほどの高温にする必要はなかったし、一度にエイヤ!と曲げるよりは、ゆっくり、何度も回数を重ねて曲げる方がキレイなアールが付く。
なので、無駄な工夫になってしまった(^-^;
ま、何事も実際にやってみなければ、問題点は見えないってことだ!



と文章ばかり書き連ねているのは、写真を撮っていないから。
別にDT990PROのドライバにラインをハンダ付けする写真なんて、要らないだろう?


というわけで、途中を全部すっ飛ばし、最終的にはこうなった!





Dt990pro6





接着剤でハウジングに貼り付けた後、硬化してくれるはずのシリコーン樹脂接着剤を塗布。
そろそろ必要な強度が出てきているので、先に紹介したHPC-22Wのバランスケーブルで鳴らしてみた!



イイじゃない!( ̄▽ ̄)
ただ残念なのは、左で接触不良が発生。
たぶんセンターピンのハンダ付けが甘かったのだろう。
後で手直しだな!( ̄ー ̄)ニヤリ



Dt990pro7





こうやってケーブルの出ていないDT990PROをあらためて見てみると、なんか違和感だなぁ〜!ヽ(´▽`)/




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ 



« より失敗の少ないMMCXケーブルの作り方 | トップページ | お宝発見! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あぁ、DT990PROまでも...:

« より失敗の少ないMMCXケーブルの作り方 | トップページ | お宝発見! »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト