« 人柱魂に火が灯る | トップページ | 準備中 »

2014年8月 2日 (土)

今さらのFOSTEX HP-A8

どうにもHP-A8の調子が悪くなってきたのです。
USBに限ってのようですが、時々ロックが外れます。
しかもその頻度が、段々上がってきているようです。


つい先日、MacProでも、メモリカード用のライザーカード上にうっすら、本当にうっすらつもったホコリで、誤動作を起こしてました。
今住んでいる地域は、よく風上になる海の向こう側に、巨大製鉄所があるんです。
なので中国のPM2.5問題よろしく、この辺も空気が悪いのです。
しかも始末の悪いことに、伝導性を持つ微粒子が降り積もります。
精密機器にいいわけありません!
(クリーンルームが欲しいわ!)
ってことで、HP-A8も内部の清掃を行うことにしたのです!


Hpa801




Hpa802



さっそくトルクスドライバーで、天板をパカッと開けてみるのです。




Hpa803




清掃のついでに、各部を観察してみます。
まずインレットからトロイダルトランスまで。




Hpa804



ACインレットから入った電源は、ここで適正な電源電圧のコネクタにインプット!
ココは日本ですから、当然100V。
他に120V、200Vのプリントが見えました。


で、トロイダルトランス




Hpa805




この上にも、うっすらと微粒子状のホコリがつもっています。


これはデジタルI/Fボードのようですね。




Hpa806




デジタルレシーバーなのでしょう、旭化成のAK4118AEQが二つ、見えます。
このボードの下は...




Hpa807




電磁波の影響を排除する銅板も見えます。
奥の銅板の手前に、DACチップ AK4399EQが見えます。




Hpa809



DACチップから手前は、左右チャンネルが分けられて、丁寧にディスクリート回路を構成しているようですね。




Hpa808




ちなみに、これらの回路を構成しているキャパシタの上部にも、うっすらと微粒子状のホコリが...(;´д`)トホホ…
回路にいいわけないじゃん!



フォンアウト周辺...




Hpa810






この分野のDACは新興勢力の台頭著しく、発売当初こそ「DSD再生可能」で脚光を浴びたHP-A8ですが、今となっては凡庸の感は否めません。
しかしです、回路をしげしげと眺めていて思ったのですが、まぁ、マジメに作ってある!
回路の詳しいことは分かりませんが、物量を惜しげもなく投入して、丁寧にディスクリート回路を築き上げていることは、素人目にも何となく分かる。
実際、コイツの音(特にラインアウトは気にっている)は出色もの!
豊富なデジタル入出力I/Fのおかげで、高機能DDCとしても使える(実際、その目的もかねて買った)
現在の実売最低価格は85Kのようですけど、まだまだ十分、新興勢力にタメを張れる実力を持っていると、私は評価したい!



とか言いながら、iFI Audioのmicro iDSDに興味津々なんですけどね!( ̄▽ ̄)



清掃の結果?
ア、なんか別の原因だったみたい...
(オイ!(・_・)エッ....?)

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ 



« 人柱魂に火が灯る | トップページ | 準備中 »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今さらのFOSTEX HP-A8:

« 人柱魂に火が灯る | トップページ | 準備中 »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト