« 舌の根も乾かぬうちに | トップページ | 葡萄が届く! »

2015年4月13日 (月)

グラウンドは太く短く

が大基本だそうです!(@Д@;
その基本に則り、例の電源回路でヘッドホンアンプを組み上げ、本日めでたくお外でお披露目となりました!www




Amp00





フリージング・ケースを使いましたので、タッパー・アンプと命名します!!ヽ(´▽`)/




この回路図に出会って、目から鱗が落ち...




Headphoneampgnd3





(ピン番号は後から私が付けました。回路図の提示者曰わく「オペアンプとバッファは同じメーカーのものを使う方が好ましい」ですって。私は手元在庫の一回路入りオペアンプBurr-Brown OPA604と同BUF634を使いました。BUF634が高かった!TLE2426は8ピンDIPをビスパで購入。8ピンDIP品は在庫限りだそうです。)
こういう風に組んだら動くのかなと、今まで散々痛い目を見てきた電気素人ジャイアンが考え...




Headphoneampgnd4





具体的にはこのように部品を配置し...
(この絵を考えるのが一番楽しい!)




Headphoneampgnd1





基板の裏面はこのようにハンダ付けとワイヤリング...




Headphoneampgnd2





黄色っぽく着色されているところには、すべて銅箔テープを貼り付けまして、それぞれの回路をGNDで被うようにしました。
なので、最初に行った作業は銅箔テープ貼り。




Amp01





この作業を行う前に、検証のために、先に作業を進めていたバランスヘッドホンアンプのGNDも銅箔テープに置き換えてみまして...




Amp03





まぁ見事に動作が極めて安定することを確認!
(基板枚数が3枚だし、重ねて配置するし、ついでにバッファ一個の3番ピンが折れかかってて「ピ〜、プシュゥ〜」とか鳴るし、ケースにショックを加えるだけで変な音出るしで困っていた現象が嘘のように治まった!)
コイツについては、また後日、改めて...



そしてハンダ付けにワイヤリング...
(グッチャグチャですが(ーー;))




Amp02





(※最終形とはちょっと違います)
表から見ると(シバザキ)コウ...




Amp04





オペアンプのシルク印刷が見えませんが、手元ストックのMUSES01を奢りました!




Amp05





それをタッパーに収め、POWEREXの9.7Vを二個、直列に接続し...
(MUSES01を駆動させるには9V必要なのです。満充電で11V超。3時間駆動後でも10V超。十分使えますね!)




Amp06





蓋をしてスイッチを入れると、ブルーLEDが美しい!




Amp07





天板がブルーに輝くアンプがあってもいいじゃないか!ヽ(´▽`)/w



正面からの顔は(シバザキ)コウ!




Amp08





なんか間抜けな顔に見えますが...




Amp09



Amp10


音には関係ないけど...


Amp11





出力のGNDが強化された回路なので、出力側のジャックが絶縁タイプなのは当然。
本当は入力側も絶縁タイプを使いたかったのですが、コテを当てすぎて壊しちゃったので、ストックの非絶縁タイプに。
ま、こちらのGNDは仮想グラウンドに落とすので、害はない(ハズ)。



併せて、MMCXコネクタのシングルエンド用ヘッドホンケーブルを作成。




Amp12





実はコネクタとケーブルは、かなり前にはすでに作成済み。
ただ出番がなかったので、ヘッドホン側のコネクタが付けられることなく放置されていたのでしたwww
久々にこのMMCXコネクタ自作キットで作業したけど、老眼にはキツイわぁ〜!(;´д`)トホホ…
センターピンが抜けそうになるアクシデントはありつつも、上手く問題を回避し、ノートラブルで使えてます!



さて、このアンプの音!なんですが、先に紹介したいつものお馬鹿システムでは、尻上がりに音が良くなりまして、あまりの気持ちよさに喫茶店の椅子に座ったまま爆睡してました!
それぐらい気持ちのいい音で、ビシッと締まって抜群の安定感を感じるソリッドな音と、シングルエンドのポタアンとは思えない響きに感動です!
特に低域の締まり、沈み、アタック感、全てにおいて大満足!ヽ(´▽`)/
私好みの音という観点から、過去最高スコアを与えたい!

高域の伸びやスケール感は、今後のエージングでまだまだ良化していくんだろうなぁという期待を持たせてくれる音ですよ、コレは!
(逆に言うとその点は先に作っていたバランスヘッドホンアンプに分がある)
このブログを最初から見ていただくと分かるのですが、私は今までホンマに「バカじゃないの?」と思うぐらい、幾多のポタアンを買ってきました。
聴き漁って買うんじゃなくて、買い漁って聴いてきましたw
だって、普段使いの中でないと、本当の音は分からないじゃないですか!!!



話を元に戻します。




私が作り続けてきたような、二回路入りオペアンプを二個、ついでにバッファも二個使ってステレオヘッドホンアンプを構成しよう、なんて考える輩には、この電源回路は非常に有用なのです。
例のVirtual Ground Circuitの記述によると、私が作っているような仮想グランドに多くの電流ソースが抵抗越しに接続されている回路においては(私の回路の場合、片chで四ヶ所、両chで八ヵ所、それに電源回路やLEDも加えると十三ヵ所)、仮想グラウンドの強化することはとても有用(なのだそうだ)。
そして、その仮想グラウンドに一番多大な影響を与える電流ソースは、何と言ってもヘッドホンからの帰還電流。



ちょっと頭の中でシミュレーションして欲しい(シュミレーションでもいいよ!)
ヘッドホンのボイスコイルで全ての電流が消費され尽くし、帰還電流が0Vになるならば問題はないし、それが理想。
しかしだ、実際のヘッドホンアンプとヘッドホンの使用において、ヘッドホンのボイスコイルを駆動させるための電気エネルギーが、全てヘッドホン内で消費され尽くされることはナッシング!
エネルギーの多少の差はあっても、ヘッドホンからの帰還電流がヘッドホンケーブル内のグラウンドラインを伝わって、アンプの仮想グラウンドに帰ってくる。
そしてこれが、仮想グラウンドを揺らす最大の要素になる、ということが書かれているらしい。
(らしいと書くのは、私が電気の素人だからwww)
アンプ内の仮想グラウンドが不安定な状態では、どんなに極上な音声信号が入ってきて、どれだけ精緻に増幅される回路が準備さていたとしても(荒れた凸凹路面では、いかなブガッティ ヴェイロンとて最大能力を発揮できないように)仮想グラウンド品質を上回る音声は出力されないのだ〜!のだ〜!ノダ〜!ノダ~!のだめカンタービレェ〜!



そして、電気素人の私が断言します!
このアンプのグラウンド強化電源回路があれば、バランス駆動は特に必要ないんじゃない?
(それでも私はフルバランスも止めませんけどね!www)
そう思わせてくれる鳴りっぷりなんすよ!



こんな組み合わせでも鳴らしました。




Amp13





音楽を楽しみだけなら、コレで十分にイイじゃん!という音。
ただコイツの音を知ってるからなぁ〜...




Amp14





実はこのnano iDSD、ただ今絶賛故障中!

右chからバリバリノイズ出ます!
(edition8に続く犠牲者出現!事件の詳細は後日!イイ子はRCA出力からDCを注ぎ込むようなバカなまねは止めましょう!)
早くこの組み合わせで聴きたい!!!




またこのアンプ、ムダにオペアンプやバッファの種類を持っている私には嬉しいことに、バッファも含めてソケット式。
なので...




Amp15






これらのバッファチップも使えます。
ってか、使えるようにするために、あえてパスコンの電解コンを100µFにしたんです。
(今までは4.8µFを使ってた)



とにかく大満足のアンプです!
まさか自作でこんな音を出せるなんて!
電源や仮想グラウンド、大切なんですねぇ〜!


最後に、今回作成した図表をPDFにまとめましたので、

「Headphone-Amp-Strong-GND.pdf」をダウンロード

アップしておきます。


one more thing...


以上のように書くと、とても順調に作業が進んだかのように思われるかもしれませんが...


とんでもありませんでしたよ!(@Д@;


これだけの配置図を作っておきながら、よく付き合わせて確認もせず、DCダダ漏れアンプを作った初日。
そのミスに気づくのに丸一日経過。
回路を組み直すも、入力用のピンとオペアンプの3番ピンが結線されてないのに気がつくのにまた丸一日。
入力用ピンと出力用ピンの右chが短絡しているのに気がつくのに、またまた丸一日。
なんとも情けないケアレスミスのオンパレード!!!ι(´Д`υ)アセアセ


自作の道は、茨の道だぞぉ〜!!!




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ 



« 舌の根も乾かぬうちに | トップページ | 葡萄が届く! »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラウンドは太く短く:

« 舌の根も乾かぬうちに | トップページ | 葡萄が届く! »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト