« オーディオ的バーベキュー | トップページ | edition8 補完計画 »

2015年7月19日 (日)

バカは二度焼く

我が家の重宝、edition8とedition9さんですが、最近、e8さんの右側が鳴りすぎるなぁと感じておりました。
もう四年ほども使い込んでいます。
製品寿命なのでしょうか...




Edition801




そもそもなお話ですが、MMCX対応に改造してみたり、バリバリとバランス駆動させてみたり、それはそれはたいそう使い込んできております。
ボイスコイルが鳴りすぎるようになるのも、分かります。


しかしです、だからといって焼くこたぁない!




前回のエントリーでLME49880をあっちゅうまに焼き上げてしまったと書きました。
ですので、片チャンネルの基盤には、オペアンプ1基分がぽっかりと空いています。




Edition802





その私の手元に、待つこと2日。
待望のLME49880が到着しました。




Edition803





サクッと作業。




Edition804





基盤に装着!




Edition805




ケースのケーブルの海に沈める。




Edition806





これで三機目のバランス・ヘッドホン・アンプです。
記念すべき第一号機は、白い恋人アンプ!




Edition807







オペアンプにはLME49860、バッファはLME49660
元はと言えばこの回路、LME49660のデータシートに掲載されているステレオ・ヘッドホン・アンプを元にして、バランス化してあります。
このステレオ・ヘッドホンアンプ回路も、既に何度も作っては壊しを繰り返してます。
途中でedition8も壊した(ボイスコイルを焼いた)けどね orz




Edition808




言うなればこの白い恋人アンプは、コクヨ・アンプを作るためのテストベッドのような存在。
ここで色々と技術的な問題を確認し、次なるステップへと進んでいったのです。
でも、このアンプ自体は、凄いいい音します!www


新旧アンプを並べると...




Edition809




Edition810




と、嫌になるぐらいインターフェースが同じ!
ボリュームが二連二個か四連一個かの違いだけ。



さてと、基本的な性能確認が取れましたので、フィールドテストへと持ち出します。




Edition818





もう既にこの時点で、周囲は好奇の目(恐怖の目)なのですが、そんなことには一切かまわず、サクサクと基本的事項の確認。
先ずはDC漏れの有無。


左ch...


HOT...

Edition811

COLD...

Edition812



端子間...


Edition813




右ch...

HOT...


Edition814



COLD...


Edition815



端子間...


Edition816




まぁまぁではないでしょうか!


背面の入力側もチェックしておきます!



Edition817





すべて0Vで問題ナシ!
このチェックを怠って、DACのデカップリングコンを焼いております(T^T)
いまだにそのDAC、放置中!(修理に8千円かかるんだもん!)



鳴らしておりますと、左chにノイズがのります。
どうもHOT側のバッファで問題発生中のもよう...


いい気になってロンギヌスの槍ゴッコをやっておりましたら...




Edition819





冒頭の写真に戻りますが...




Edition801_2




左chのボイスコイルを、こんがりと焼いておりましたとさ!(;´д`)トホホ…
懲りない、オレ!



自宅に戻りまして、よくよくチェックの上、回路を手直し!
具体的には4番ピンの負電源が、時々、3番ピンの信号入力部に流入していたようです。
そう!ノイズがのっているのを確認次第、直ぐに鳴らすのを止めるべきだったのです!



気を取り直して、手直し!




Edition820




edition8を鳴らすも...




Edition821





左chには、しっかりノイズ!
音は出ますが、本来の性能はもう出ません!


edition9では...




Edition822




edition9相手に、余裕の駆動力を見せてくれやがります!
憎いぜコクヨ・アンプ ver.2(LME49880バージョン)!



今はエージングとお仕置きをかねて、コクヨ・アンプ ver.2とedition8で鳴らしております。
これ、左側さえ本来の性能なら、とんでもなくいい音でっせ!
ちょっとポータブル離れした鳴りっぷり!
でもま、今はDACにHeadRoom Ultra Desktop DACを使っていますので、いつものiBasso DB2だと、また違う印象になるでしょう、鳴るでしょう、eition8が鳴ればなるでしょう orz



以上、バカは二度焼くの物語でした!(つд⊂)エーン




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ 



« オーディオ的バーベキュー | トップページ | edition8 補完計画 »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バカは二度焼く:

« オーディオ的バーベキュー | トップページ | edition8 補完計画 »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト