« ラズパイ・オーディオに挑戦 〜その6〜 | トップページ | ラズパイ・オーディオに挑戦 〜その8〜 »

2016年1月 5日 (火)

ラズパイ・オーディオに挑戦 〜その7〜

朝起きると、まずiPhoneでSafariを起ち上げ、ラズパイにWEB UIでアクセスして、音楽を再生させる。
そんなことが毎日の日課になっているジャイアンです!ヽ(´▽`)/


ラズパイにアクセスする前に、DACやアンプのスイッチを入れるために、一度、布団から這い出るけどさw


そんなラズパイ・オーディオを楽しんでいる私の手元に、一つの箱が...




Raspberrycase_01




NewLife NewDesign Laboratoryに注文していた、ラズパイ用のケースです。
(余談だけど、この会社のWeb上の社名表記が(つづり)が一部間違っている。誰か指摘してやってくれ。俺はヤダ!)

中身はこんな感じのラズパイ用ケース...



Raspberrycase_02




作りはガッチリしています。
反面、今までのケースに比べれば、容量は倍以上!
ハッキリ言ってラズパイには大きい。
側面のI/Oポート用の穴は、Raspberry Pi 2にジャストフィット。
その他にヒートシンクとか...



Raspberrycase_03




私は使わないけどクーリングファンとか(ノイズ源になるからね)...



Raspberrycase_04




ケースの中はこんな感じで、樹脂製のスペーサーやナット、底面にはネジが...



Raspberrycase_05





説明書などのペーパー類は一切なし。
まずスペーサーをラズパイの基板に装着しておいて、基板のステレオミニジャック、HDMI、micro-B端子をケースの穴にまず通し、スペーサーをケースの底面に固定する、って感じでラズパイを挿入。




Raspberrycase_06


Raspberrycase_07




後ろ側にはクーリングファン取付用の穴はない。
クーリングファンを付けたかったら、自分で穴を開けるか、別の方法でファンを固定しなきゃならない。
私はしないけどね。


ケース両端にある蓋は、それぞれ二つのネジで固定する。
SDカードの出し入れに、一々ネジを外さなけりゃならない一手間が増える。
それと、パイロットランプを視認しずらくなる。
しかもデカくなるときたもんだ。


それでもこのケースにしたのには、チョット訳がある。
ラズパイ用と銘打って売られてるケースって、意外と頑丈そうなのがない。
私が気づいた限りでは、ナイ(樹脂製ケースが多い)


でも私は、ラズパイをポータブルでも運用したい。
そうなると、落として割れちゃうような樹脂製では困るし、金属製であっても衝撃で変形するような華奢な筐体では困る。

それで、アレでもないコレでもないと悩んだ挙げ句、チョットお高めにはなったが、コイツにしたのだ。
余談なのだけど、実はSDカードもココから買ってるw
ラズパイはSDカードとの相性にウルサイとアチコチに書いてあるので、「チョット高いなぁ」と思いつつも、「動作するに越したことはない」とココで買ったw



さて、ケースに組み込んだからと言うわけじゃないけど、チョットした実験を行った。
同じCD品質の音源(44.1kHz/16bit)で、AirPlay経由で再生させた時の音と、USBメモリから直接再生させた時の、音の違いを確認してみた。



Raspberrycase_09


緑色のスティックがUSBメモリ。
たった2GBしか容量がないのだι(´Д`υ)アセアセ
音源は無圧縮のAIFFなので、アルバム三枚分程度しか入らないのだ(@Д@;

AirPlayはONKYO HF Playerから。



Raspberrycase_10




直接再生はWEB UIでコントロール。



Raspberrycase_11




結果、ガタガタ言うほどの違いはナイ!と、私の聴感では感じたのだ。
敢えて言えば、USBメモリからの直接再生の方が、音が優しい。
丁寧に再生してくれてる感がする。
少しだけねw
ホント、問題にならない程度の差。
それでも敢えて問題をあげつらえば、AirPlayでは、iPhoneを操作してから曲が流れ始めるまで、とか、曲のスキップとか停止とか、どんな操作も3テンポぐらい反応が遅れる。
まぁ、コレは仕方がない。
普通はしないけど、再生中にスクリーンショットを撮ると、AirPlayの設定がパ〜になるw
これは、iOSのバグというか、仕様ですねw



精神衛生上のことを考えれば、大容量のUSBメモリを買ってしまえばいいっちゅうお話なのだが...
USBメモリは、所詮は消耗品。
コピーと消去を繰り返していると、いつかは必ず不良が生じる。
(なのにUSBメモリにデータのバックアップをとる人を見ると、ちょっとビックリしてしまう)
それにだ、私は無圧縮音源を大量に持ち歩きたいから、わざわざ128GBのiPhoneにしたのだ。
これだけあれば、表で聴く用途には十分に足りる。
(64GBでは足りないのだよ(;´д`)トホホ…)
そうした経緯があるものだから、なおさら、ラズパイ・オーディオの為にUSBメモリを新たに買い足すという事をしたくないのだ。
だって、金がかからないのがラズパイ・オーディオの特筆すべき特徴なのに、何千円も出して新たにUSBメモリを買うなんて不経済だし、ラズパイ・オーディオをやる意味半減じゃん?


とか書きつつ、ケース買ったりバッテリー買ったり、結局は使ってるんだけどさw
ちなみに、ここまでのラズパイ・オーディオへの出費額は...



Raspberry Pi 2 B ボード&ケースセット  --- 6,390
micro SDカード16GB --- 1,580(コレが高かった)
USB Fi-Fi Adaptor --- 1,100
高出力タイプのモバイルバッテリー --- 2,960
ケース --- 3,580(コレが一番お高い気がする)

ここまでの合計 --- 15,610円!


ここまでの合計って、なに?
どういうことよ、ここまでって...(@Д@;



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ 



« ラズパイ・オーディオに挑戦 〜その6〜 | トップページ | ラズパイ・オーディオに挑戦 〜その8〜 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラズパイ・オーディオに挑戦 〜その7〜:

« ラズパイ・オーディオに挑戦 〜その6〜 | トップページ | ラズパイ・オーディオに挑戦 〜その8〜 »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト