« ラズパイDACに活を入れる その4 | トップページ | iPod classicのララバイ(ラズパイ) »

2016年2月21日 (日)

ラズパイDAC 〜隣の芝生は青いのか?編 その5〜

近所に、実に枝振りの良い梅の木がございます。




Capacitor_00





青空を背景に、八分咲きぐらいまで花を開いてくれています。
春ですねぇ〜!
桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿と申しまして、梅の枝振りには、人の手が入ってこその美しさがあります。
ありますが、上の写真では、どこが梅の花だか枝なのか、チョット分かりづらいのです。




そういう時は、フォトショップでこのような呪文を唱えます。




Capacitor_01





アンシャープマスクという処理です。
ただシャープネスをかけるだけですと、梅の花が引き立たない。
ですので、このパネルで、明度や色相が大きく変化する部分、境目にそってピクセルを「潰す」ような処理を行うんです。
(パラメーターは任意に設定する必要はあるけどね。ここは経験と勘がモノを言うw)


すると、こうなります...




Capacitor_02





どうでしょう?
画像をクリックして見ていただくと良く分かると思うのですが、こちらの方が梅の花が視認しやすいと思います。
ウェブ画像の場合、画像の表示具合は閲覧環境に大きく依存するので、この処理で、誰にでも見えやすくなるわけではないのですが、少しでも違いが分かってもらえたら幸いです。
そして大切なことですが、この処理は、確実に元のデータを破壊し、一部を劣化させることで、画像全体としての意図を強調させる処理だと言うことを理解していただけたなら、なお嬉しいです!



なぜこのブログで、画像処理を紹介するのか?
ジャイアンはフォトショップも使えるのだぞ!と自慢するため!
(事実、このブログに掲載している写真のほとんどは、フォトショップでトーンカーブを弄ってます)



もありますがw、オーディオにも通じる考え方なので、チョット紹介してみました。
例えば、クラブミュージックに適したヘッドホンやイヤホン、またアンプの出力設定なんてのもあるでしょう。
これは物理的にリスナーが音に「アンシャープマスク」をかけているようなもの、と考えることもできます。
クラッシックに適したのもあれば、ジャズのような比較的小編成でアコースティックな音に適したものもあるでしょう。
これなどは、できるだけ「色づけ」されない出音となる機材の組み合わせが好まれるかもしれません。


さらにもっと上流にさかのぼって考えれば、音源をCDなどにパッケージングする際にも、アーティストの音楽的指向性を元に、リスナーの見勝手な嗜好性をおもんばかり、更にはCDとしての物理的な限界を考慮して音を弄っているはずです。
ハズです!

で、その際には、上の画像で紹介したような処理も行われているかも知れないと、画像加工にいそしむ毎日を送ってきたワタクシは思うのでありますw




ウ〜ン、今回の枕は硬いなぁ〜w
本当はナイキスト周波数から折り返し雑音の話を書こうかなぁ〜と思っていたのですが、メンドイので、リンク先を参照くださいw
(実際のノイズをココで聴けます)
なぜって、コレがDACの出口にLPFを必要とする「理由」だからです。
(ということを昨日知ったジャイアンですw LPF不要のDACチップもあります。SabreBerry+に搭載されているESS社 ES9023Pもそのようですね。こういうのは内部にLPFを不要にするカラクリが施されているそうです)
なので私としては、ココで色づけなど行われて欲しくない。
色づけは、その先のアンプやヘッドホン、スピーカーで行いたいですから。
なので、できるだけ「無味無臭」であることを終着点に、LPF用フィルムコン選別を行いました。




まず、元々搭載されていたフィルムコンWIMA MKS2ですが...




Capacitor_03





今回手配した、同じWIMA MKP2と比べると、コレだけ違う...




Capacitor_04






MKP2は頭の部分に仕様がプリントされています。
で、今回聴き比べたフィルムコンを並べると...




Capacitor_05_2






身も蓋もない話しですが、この並びが、私の中での評価ですw
左側から右側に向けて、私の中での評価が高くなる、と...
つまり右に行くほど、私の耳には「より色づけが薄い」と感じられたといったわけです。





まず最初に、結果的に基準点みたいになっちゃったWIMA MKP2ですが...




Capacitor_06






最初からコイツが載っかっていれば、今回のような、LPF用フィルムコンを聴き比べて決めよう、なんていう企画は思いつかなかったでしょう。
要らぬ手間と言えばそれまでですが、コレも良い勉強の機会になったと喜んでいます。
ブログネタにもなったしねw
単価70円(@ギャレットオーディオ)




で、評価の低い方に移りますが...




Capacitor_07_2





ある帯域から下の響きが、まったくいけてないWIMA MKS2君。
中高域に不満は覚えませんでしたが、低域のある程度から下がねぇ(@Д@;
(ジャイアンの個人的評価です)




そして、私の中で意外な思いがしたのが、ニチコンさんのFX...




Capacitor_08






上から下まで、全体にマスクがかかったような音でして、音のグレードを落としてくれているような印象に。
アララララな結果となりました。
(あくまでジャイアンの個人的評価です)
単価20円(@ギャレットオーディオ)




私の中で密かに期待をしていたコイツが、次点となりました...




Capacitor_09






Orange Drop 716P 単価160円(@ギャレットオーディオ)
ギター小僧御用達フィルムコンのようで、Orange Dropで検索すると、ギター関連の情報ばかり...
とても色づけが薄くて、かつ、その薄い色づけがとてもマイルドで、私的には好印象!
ルビコンの音を聴かなければコイツに決めていました。
だってさ、見た目がオモシロいじゃん!
(どういう評価基準だ!)




Capacitor_11





この画だけでネタになるなぁ〜と、心密かに期待してたのに...




で、今回めでたく採用となったのは...




Capacitor_10






ルビコン 単価20円(@秋月)
ついでに買っただけで、全く期待していませんでした。
でもね、コイツが一番、音的には無味無臭。
何も足さないし、何も引かない。
そんな感じでした。



で私としては、DACの音に色づけなんぞ、欲しくない訳ですよ。
できるだけDACチップ本来の音が出て欲しい。
だから絵的にはオモシロくなくても...




Capacitor_12






もう、ルビコンを採用するほかはなかったのです。




Capacitor_13





アァ、なんてつまらない絵面(えづら)なんだ!(;´д`)トホホ…
でも、ケースに入れちまえば、見えないことだし...
ア〜ァ、なんてつまらない展開なんだ!




ケースに戻す前に、ケースにチョット加工を施したのですが...




Capacitor_14






裏蓋を開けなくてもSDカードを出し入れできるようにしようと思って、ヤスリでギコギコと開けたのですが...




Capacitor_15






ラズパイの取付位置がケースの真ん中にこないことを失念したまま、真ん中に開けちゃったので、中途半端に使い物にならないという無様な結果に...




マァ、ソンナコタァイイカ...
モウスコシ ヒロゲレバ イインダシ...




で、残ったフィルムコンですが...




Capacitor_16






私のオーディオ先輩のご子息がギター小僧でして、愛蔵機フェンダーの再生にOrange Dropを使いたいとのたまうのです。
なので、彼に譲ることにしましたとさ。
「4つ要るんだけど...」と言われているので、追加で手配するかぁ〜w


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ 



« ラズパイDACに活を入れる その4 | トップページ | iPod classicのララバイ(ラズパイ) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラズパイDAC 〜隣の芝生は青いのか?編 その5〜:

« ラズパイDACに活を入れる その4 | トップページ | iPod classicのララバイ(ラズパイ) »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト