« ジャイアンだって音楽を聴く | トップページ | ギター レストア計画(文系出身者の無謀な挑戦・アゲイン)その2 »

2016年3月 2日 (水)

ギター レストア計画(文系出身者の無謀な挑戦・アゲイン)その1

RPi3が発表されましたねぇ〜
電源がDC 5V/2.5Aとか...
きっとこの機に乗じて、この電源仕様を満たすUSB ACアダプターを出すところがでてくるんでしょうねぇw
でも、今回は技適の問題がありますから、流通はある程度、淘汰されるかも...



でも、私はRPi2で良いんです。
オーディオ・システムにとっては、電波を受発信するWi-FiとかBluetoothはノイズ源でしかありませんもん。
でも、買おうかなぁ〜と考えていたChromecastの代わりに、RPi3を買うってのはありかなぁ〜、なんて考えているジャイアンです。


SabreBerry32は、今んとこいいやw

先日、ローパスフィルターに使うフィルムコン選定で、せっかくギャレットオーディオさんから三種類も購入しておきながら、全部ボツにするという暴挙に出たわけです。
でもって、余ったコンデンサを、オーディオ先輩んとこのギター小僧であるご子息に、無償で譲ることにしたのです。
無償で譲ることにしたのですが、その際に、一言付け加えたのです...



ハンダ付けもやるよぉ〜!



でも、そうなると、ギター本体を私が預かっちゃった方が話が早いわけです。
だって、私はギターの電気的な構造を知らないし、知らないモノには手を付けられないし。
あ、もちろん、ここで言うギターってのは、エレキギターです。
あのギュインギュインと鳴るヤツですw



で、預かってきた...
(ブログネタにしてもイイという了解の下、ネ!w)

Guitar_01





とうとうこのバカ・ジャイアンは、楽器にまで手を出すのですw
そして、請け負った限りには、やり通さねばなりません!
(あのパワーアンプの二の舞は許されない!)
ですから、先ずは現物をジックリと観察・検証し、そして、ギターの構造や、ギターを取り巻く諸環境についても、知っておかねばなりません。
エェ、なりませんとも!




ヘッドを見ると...




Guitar_03






バーニーという、ギブソン系と言われる日本メーカーのレスポールモデルのようです。
正確なモデル名は不明。




子細に眺めていくと...




Guitar_02






Guitar_04






ネックは反ってないのは当然として、フレットも使用感が少ない。
多少の打痕がボディに認められるものの、大きなダメージはナシ。




ピックアップはハムバッキングですが...




Guitar_07






フロント側の固定ねじが、1つナイ。
(スプリングはピックアップの裏側にくっついてたw この程度ならビス1本で直ってしまうのだが...)




トグルスイッチのノブがナイ...




Guitar_06






ピックアップもトグルスイッチも、今回のレストアを機に、新しいモノに入れ替えます。
オーナーには、意中のピックアップがあるようですしw





個人的に、ここが美しいなぁ〜と思っているのが...




Guitar_05






ボリュームとトーンコントロールのノブ!
やっぱ楽器って、見た目も大切ですもん!
でもって、コイツらを活かせれば良いんだけど、今回、ボリュームとトーンコントロールのポット(ポテンションメーター、オーディオで言うところのボリューム。世界が変わると、言葉が変わるんですねw)も交換予定なので、そうなるとド定番のCTSとか、インチモノになってしまう...
でも、コイツは日本製。
使用されているポットもノブも、ミリ単位なのですよ。
日本製ポットは、品質は抜群なんだが、音がなぁ〜
(品質が高すぎるんですよ。例えが悪いけど、FOSTEXのアンプみたいな音になる)
アァ、悩ましい...




ここはオーナーと相談して、オーナーの意向をうかがって判断ですね。




色々と調べていて、気になったのは、ココ!




Guitar_08





フォンジャック(ココも交換する)ですが、信号線被膜の一部が裂けており、グラウンドと接触していたようなのです。
それも、おそらく常時ではなく、何かの拍子に接触するような現象を起こしていたのではないかと思われます。
(それらしいことは、現オーナーからも聞いています)
信号線とグラウンドが接触すれば、当然、音は出ないわけでして...
(;´д`)トホホ…
この機体の「元オーナー」は、コレが原因で手放したものと推察しました。

それを証明するように、他には大したダメージはないのに、このフォンジャックを固定してある樹脂プレートだけは、半分、割れている(ーー;)
プラグを勢いよく差し込んだり、こねくったりしたのでしょうねぇ。




で、現オーナーが中古店(おそらくはハード○フ)でこの子を見つけ、何とか鳴るようにして、コレクションに加えてやろうと買い受けてきた。
まるで江戸時代は吉原の「身請け」のような経歴をお持ちのギターなのでありますw
(チャンとバラして調べれば、すぐに分かったトラブルなのにねぇ〜)




納められているポット類は、この通り...




Guitar_09






ボリューム用のポットからトーンコントロール用ポットの間に、フィルムコンが見えるのですが、この色、形は、いつか見たぞ!
しかも、つい最近だ!
(なぜフィルムコンの足に装着されたチューブの色が赤・青・黄色なのかは、意味不明)




Guitar_10






この色、形は、先日のローパスフィルター選手権で、私が思いっきりダメだしをしたニチコンではないでしょうか?
容量は0.022µF。
先日取り寄せたフィルムコンの、十倍の容量...
結局、ココでも使えないヤツなのねw




ココは、オーナーとの話の中で、Orange Dropに交換することが決まっています。




裏側から見たトグルスイッチ...




Guitar_11







外せるものは全部外されたボディ...




Guitar_12






開腹手術で引っ張り出された臓物...




Guitar_13






テスター片手に、現回路をチェック!
音出しはしていませんが(ギターアンプなんて持ったないモン!)、動作を確認できないハムバッカー以外には、先に指摘したフォンジャックを除いて、問題はないようです。
今日、オーナーには、この回路図と、交換に必要な部品や線材などの材料とその価格を、写真付きの一覧表にして渡してあります。
(この手のプレゼンテーション資料作成は、仕事で散々やってきたので馴れているw)
ご丁寧に、StandardバージョンDeluxeバージョンの二種類もw
(たぶんDeluxeバージョンでいくでしょうw)





取り敢えずは、引っぺがせるものは全部、完全に引っぺがして、ボディやネックのポリッシングとコーティング。
さらに指板のクリーニングとケアも行いたいですね。
さてさて、どうなりますことやらw




使用部品のチョイスもさることながら、他にもチョコッと考えていること、ありますw

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ 



« ジャイアンだって音楽を聴く | トップページ | ギター レストア計画(文系出身者の無謀な挑戦・アゲイン)その2 »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ジャイアンだって音楽を聴く | トップページ | ギター レストア計画(文系出身者の無謀な挑戦・アゲイン)その2 »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト