« また変態的な... | トップページ | 私の耳はロバの耳 »

2016年10月 8日 (土)

抜き差しならない... 比較的...

レムちゃんが不憫ダヨォ〜(T^T)


私は一時期、ヘッドホンアンプの自作にはまっていました。
その「自作道」とも言うべきオーディオ的「自殺道」にはまったきっかけは、三栄電波で販売されている音松さんブランドのヘッドホンアンプキット(現在はVer.2.0になってるんだね)を購入した事に始まります。
(その次に挑戦したのがHA10miniだった。いきなり難易度上げすぎと、自分でも笑っちゃいました...でも十台以上作ったw)

この時に、中学生以来のハンダ付け作業に挑戦。
オペアンプを買い漁ったり、抵抗を載せ替えてみたりと、散々遊んだくせに、実はちっとも使ってませんw
(実機はまだとってあります)



この時、「音が良くなるなら」とついでに購入したのが安定化電源回路キット
しかしです、何をどのように使い方を誤ったのか、過負荷によってトランスが逝ってしまわれて数年。
ずっと棚に転がっておりましたとさ。


でこの度、SabreBerry32を購入し、尾っぽの生えたラズパイDACを組み上げたのを機に、この安定化電源回路を再生させることにしたのです!
と言うわけで、また三栄電波さんからトランス基板キットだけを購入。




Trance_1





以前のキットとはトランスが変わっています。
なので、基板そのものも、115V用に自分でジャンパー線をハンダ付けしなくちゃいけなくなっていたりとか、ちょっとだけ仕様が変わっておりましたとさ。



これが爆発したトランスだ!




Trance_2





爆発っていっても、ポン!とか音がしたわけではなく、気がつくともの凄い発熱をしていて(その段階で電源を切っておけばよかったものを!)、いつの間にか形状まで変化して、全く機能しなくなっておったのですよ。




さて、サクッと組み上げまして、手持ちのアクリル板をカットして、穴開けて、手持ちスペーサー(手持ち在庫だけで組んだので、トランス基板と安定化基板のサイズが違うw)で固定して、ゴム足をつけたのがコチラ...




Trance_30





この状態で、出力が安定しない事案発生!
3端子レギュレータの放熱板がグラグラしており、コイツを動かすと、設定電圧になったり、出力が極端に落ちたり...



コイツは放熱板がチャンとハンダ付けされてねぇじゃねえか!



今だから分かる初歩的なミス。
放熱板は放熱のためのパーツですから、その放熱能力を上回る勢いで、ハンダごてで加熱しなければならなかったのに、それが分かっていなかったかつての(そして今でも)未熟者の私は、ハンダ不良を見過ごしていたのですよ(T^T)
(他のハンダ箇所も、イモハンダのオンパレードorz)




Trance_31





たぶんこの放熱板を、ちゃんとGNDに落とさなきゃならなかったのを、ハンダ付けのミスで「GNDに落ちたり落ちなかったり状態」にしちまったのだと思うのです。
ま、これがトランスが逝っちゃった原因かどうかまではわかりませんが...



この状態で、出力電圧を5Vに調整して、SabreBerry32に接続。
無事に動きます!
これでiFI-AudioさんのiUSBPowerを、本来の場所に戻すことができます!
(そしてそれこそが、トランスを購入した最大の理由でもあるのです)



で、この安定化電源回路キットは2回路分のっていますので(それぞれの定格が5VA)余っている1回路でもって、無謀にもラズパイに給電!
Raspberry Pi 2推奨の電源は5V/2Aですので、これは明らかに定格オーバー(しかも倍だ)なのです!
でも、ものは挑戦!
ダメ元で接続してみたら、ラズパイも駆動します!
でもです、この電源回路からしたら完全に過負荷状態( ・_・;)
ラズパイがアイドリング状態で、トランスは指をなんとか乗せられる発熱。
3端子レギュレータの放熱板に至っては、アッチッチ。
(SabreBerry32に給電している回路の放熱板は、ホンノリと暖かい程度)
でも100℃にまでは至っていない。
ラズパイに一生懸命仕事をしてもらっている状態だと、さらに発熱するのですが、それでもこれなら使えるかなぁ〜状態w
その時の出力電圧が5.14Vくらいだった。
今は5.01Vまで下げました。
これだけで、触って分かる程に発熱量がダウン。



だったらこのまま使っちゃおうか!オイオイ(ーー;)



と言うわけで、本日、給電専用のマイクロUSBケーブルが到着したのです!




Trance_4





コイツを真ん中でぶった切って、こうして、ああして、こうやって、電源回路に直接ハンダ付けしてやったのですよw




Trance_5





共立エレショップさんからDCプラグも届いていたので、コチラも仮のプラグを取っ払って、ハンダ付け。
(ブツの値段より送料の方が高い。それでも普通に買うよりは安い^_^;)



で、今は、こうのようにして鳴らしています。




Trance_6






Raspberry Pi 2のUSB、全口埋まってます!w


なんでこんなことをしてまでSabreBerry32用の電源を用意したかというと、iUSBPowerを本来の使い方に戻したかったのが一番の理由でしたけど、そうすればSabreBerry32の音を表現するのに、手持ちの据置USB-DAC HP-A8の出音との比較で表現できるじゃん!ということに気がついたからでもあるんです。


もちろん今までの使い方でも、ケーブルを抜き差しした上でMPDの設定をいじるだけで、比較することはできましたよ。
でもね、その抜き差しの手間が、抜き差しならない問題を生じさせるのですよ!
つまり、抜き差し動作で身体を動かした分だけ、前後の音の比較の障害になっちゃう。
身体を動かしている間に、前に聴いてた音を忘れちゃうお年頃www
(これも老化か?)


でもこうやってSabreBerry32用の電源を用意しておけば(DACには綺麗な電源が必要なんでィ!)、Web UIの設定画面からMPDの設定をいじるだけで、自分の姿勢を全く変える必要なく、簡単に出力先をSabreBerry32とHP-A8の間で切り替えられます。
こんなふうにして...




Volumio_playbackoptions_1r


Volumio_playbackoptions_2r
ラズパイの負荷を少しでも減らすために、HP-A8を出力先に設定する時は、I2S DACはオフにした方がいいのでしょうが、そうなると再起動が必要で、再起動を待っている間に、私の海馬から音の記憶が消去されてしまう...


このようにすると、私の老化した聴覚でも、音の比較が「比較」的容易に行えるんじゃないか?
そのように、足りない頭で考えたのです!(トランス購入の言い訳をね)


とは言え、ラズパイとHP-A8の間にはiUSBPowerGEMINIiPurifierが挟まっているので、音的にはUSB出力につきもののジッターを可能な限り低減させているという、品質的なゲタを履かせた状態。
(その前に、集合住宅に住んでいる現在、電源品質はどうなのよ?的な問題はあります。現状で打てる手は打ってますけど、そこまで厳密に言っちゃぁオシマイよw)
この状態で比べるのは、ちょっとアンフェア?、と言うか、他の人には参考にならないかも^_^;

私の主観ですけど、SabreBerry32の出音を評価するってのは、とっても難しいと思うんですよ。
SabreBerry32自体が半完成品状態で出荷されていますし(よってユーザーのパーツチョイスで音は変わる)、十分に鳴らし込んではみたけれど、そして音は気に入っているんだけど、どうにも表現に困るなぁ〜と悩んでおったんですな。
ググってみても、SabreBerry32の音質について言及しているサイトは見当たらないし(私が気づいてないだけかもしれんけど)、もしかして他の皆さんも同じような思いをお持ちなのかなぁ〜、などと考えてみたり...





と、盛大に前置きが長くなってますけど(このエントリー、前置きだったんかい!にしては長ぇな!)、次回と次々回で、据置環境とポータブル環境で鳴らしてみた感想を書いてみたいと思うのです!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ



« また変態的な... | トップページ | 私の耳はロバの耳 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抜き差しならない... 比較的...:

« また変態的な... | トップページ | 私の耳はロバの耳 »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト