« 三兄弟(縁の下の力持ち編) | トップページ | 三兄弟(何か凄そうなアンプ編) »

2016年10月23日 (日)

三兄弟(ウルトラ・うすらバカ編)

本日、地元地域でちょっとしたイベントがありました。
その企画段階からかかわっていたジャイアンなのですが、頭に思い浮かんだアイディアを後先考えずにポンポンと口にしちゃうワタクシは、ドンドン企画内容を膨らませちゃいまして「アレもやりましょう!コレもやりましょう!」と提案したのです。
したのはいいのですが、結局、広げた風呂敷をたたむのもワタクシと相成りましたw
大小を問わず、昔から多くのイベント開催にかかわってきた経験で培った引き出しを、チョコッと開けただけなのですが、時間と人員が限られていたので、少々苦しみましたとさ。



そんな提案の中で「音響にも力を入れましょう」と項目もありまして、その提案実現のために、ワタクシの部屋にある機材をゴッソリ、会場に持ち込んだのです。
そしてその中には、自分で組んだパワーアンプも2台あったのです。
その内の1台が、イベント終了後、部屋に持って帰ってきたら左chだけ音が出ない!



はじめはケーブルを疑い(これも自作ですから。そして私のへたっぴぃなハンダ付けですから)、次にプリアンプを疑い、そして最後に「もうコイツだな」と開腹されたのが、イベントで持ち出したパワーアンプ。
中を見てビックリですわ。
移動中の振動で、左chの出力線が断線してました...(ハハハハハ)
へたっぴぃ〜なハンダ付けで、撚り線ではなく、わざわざ折れやすい単線を使っていたものだから(それも興味本位で)、ハンダ部分でポッキリと...
よくこんなイモハンダで、こんなもんを組み上げたものだと、過去の私を笑った本日のジャイアンでした。


という枕にもならない話からの、DACなお話となるのが、今回のエントリー!
主人公はコイツです...




Dac_front



Dac_rear




我が家の据置機器では唯一、バランス出力を持つUltra Desktop DACです。
入力は192kHzまで対応しており、当時としては立派なスペックだったのです。
(もちろんDSDなんぞには対応してませんよ)
入力にはSPDIFな同軸と光、そしてなぜかミニBなUSB。



オォ、これでMacからハイレゾ音源(当時はそんな言葉もなかったけどね)を出力させることができるぞ!



当時の私は、そう期待したのでございます。
しかしその期待は、Macに接続してみて、あっさりと裏切られたのでございます。
なんとこのUSB入力、48kHzまでしか対応していません。
当時のことですから、どうもPCオーディオ用途はあまり考慮されていなかったようです。
同軸や光入力も、おそらくはCDトランスポートからの入力を考慮してのものだったのではないでしょうか。



それでもコイツでハイレゾ再生を実現させたかった!
そのために購入したのが、なぜかなぜかのフォステクス HP-A8という訳なのですよw
DSD再生を早々と実現させたHP-A8を、D/Dコンバーターとして利用しようと考えたのですよ。

(USB入力だけでなく、同軸や光入力も内部の高精度クロックで叩き直してくれるという機能がありますからねw)
バカもここに極まれりといった感じです^_^;



では、サクッと中を見てみましょう。




Dac_inner





ハイ、写真は以上でオシマイ!
I/Oポートなどを除けば、そのほとんどが表面実装部品で構成されてます。
先日の電源ユニット、そして後日紹介するアンプユニットとは、全く似ても似つかぬ面構えですw



真ん中に鎮座しているのは、ESS社のES9018S。
すぐ近くに50MHzのクロックが見えます。


左上にUSBポートがあるのですが、そこに使われているレシーバーはPCM2902E。
コイツがUSB1.1対応でして、それが故にUSB入力の上限が48kHzだったというわけです。


SPDIFなレシーバーにはシーラス・ロジック社のCS8416。
エェ〜ト、コイツのおかげで192kHzまでの入力に対応できているのですが、その192kHzの信号を突っ込むと、時々、ロックが外れます。
もう今どきの常識からしたら、本当に「ダメじゃん!」的な性能です。
(44.1kHz x 4の176.4kHzだと問題は起こりません)
本当にハイレゾなんぞは全く考慮されてない性能なのですヨヨヨのヨン!



ES9018Sを制御するためのPICマイコン PIC18F24J10や、そのI/O拡張用IC MCP23017等が手前側に見えます。
(実は私も意味が良く分かってないですw)



それでもです、フルバランスでヘッドホンを鳴らそうと思うと、ウチにはコイツしかいないわけですよ。
しかもHP-A8導入動機の半分は、コイツの為だったのですよ。
あぁそれなのにそれなのに、そんなアタイの努力も虚しく、192kHz入力であっさりロックが外れる不甲斐なさ...



なにが Ultra Desktop DACだ!
ウルトラ・デスクトップ・うすらバカだ、コイツは!


と、今回の開腹作業を通して思ったのでございます。
でも、アンプユニットはとっても気に入っているのです。
なのでぜひいつの日か、バランス出力を備えたDACを導入したいものだと、いまだ懲りずに考えているジャイアンでございます(コリロヨ!)




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ



« 三兄弟(縁の下の力持ち編) | トップページ | 三兄弟(何か凄そうなアンプ編) »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三兄弟(ウルトラ・うすらバカ編):

« 三兄弟(縁の下の力持ち編) | トップページ | 三兄弟(何か凄そうなアンプ編) »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト