« msBerryDACで人柱 | トップページ | ヘッドホンアンプは左利き »

2016年10月30日 (日)

比較してみた

RPi上で“Master Mode”で駆動してくれるI2S DACカードが、手元に二枚もあるんです。
どうしたって、色々と比較してみたくなりますよねぇ〜w



音的な比較は、まだイーブンな条件になってないので致しません。
(また音的な比較に、さほど意味があるとも思えないし。好み、主観の世界ですからねぇ)
今日、その条件を揃えるための加工を施しましたが、イヤァ〜、音が別次元だわ!w
右側しか鳴りませんけど、HPAの音も別物!
色々と試してから、後日、感想を書きたいなと。




その前に、昨日壊してしまったトランジスタを交換しなくちゃね!(ーー;)
最悪、同じトランジスタを入手できないとなれば、別のトランジスタを秋月あたりで入手します。
その時は、定電圧ダイオード(CRD)も交換しなくちゃいけないようです。
(昨日はTwitter上で助言をくださったDR.KSKさん、takoyakiさん、大変にありがとうございました!)
パーツセットに添えられてる回路図を見たら、チャンと使用トランジスタと低電圧ダイオードの記述がありました。
(キット同梱品はTTC007/TTA007で必要とするCRDは1.0〜2.0mA。コンパチ品は2SC3225/2SA1313で同じく2.7〜5.6mA)
そこをチャンと読みもせず、あたふたと慌てふためいた粗忽(そこつ)者のジャイアンでした!(@@;)
(まぁ、毎度のことですけどね!w トランジスタと低電圧ダイオード総取っ替えとなったらなったで、これもまたいいブログネタになるな、などと考える、転んでもただでは起きないジャイアンですw)




で、以前から気になっていた両機の違いというか、特徴を表にまとめてみました。





Comparedmatrix__2



1と2の項目は周知の事実として、3番目の「価格」は気になる人も多いのでは。
でも、5番目の「HPA機能」を見ると、少しその価格差が縮まる感じかな...
SABRE9018内蔵のHPAを、どう評価するかですけども。
ちなみに、私は使ってません(実は使ったこともない)
昨日のエントリーでも書きましたが、msBerryDACのHPAキットはビスパさんが販売しています(4,500円)



6番目の「ドライバ」については、私はあまり問題にしてません。
Linuxをいじるのも「楽しい」と思っているクチですし(だからラズパイDACは楽しいと思っている人ですからw)、たかじんさんの説明もとても分かりやすく、Linuxをsshログインでいじった経験のある人ならば、さほど労せずにインストール可能だと思いました。
たかじんさんならば、今後のディストリビューション・バージョンアップにも対応してくださるでしょうし。



7番目の「電源」については、デフォでの対応が真反対の両機ですけど、RPiからの給電がデフォのmsBerryDACも、あからさまに(と、nabeさんもコメント欄に書いてますw)「外部電源にできますよ」的なパターンですから、基本的な考え方は同じなのかなと感じてます。
(実は今日、このパターンをカットして外部電源にしました。せっかくトランス買って安定化電源回路キットを復活させたんですからねぇw)




私的に重要だったのは、8番目の「AirPlay」と9番目の項目。
msBerryDACは、各ディストリビューションにデフォでドライバが組み込まれている“HiFiBerry DAC+ Pro”で動くので、AirPlayにも問題なく対応しています。
ココ、アップル・ミュージックを愛用している私には、とても大切な点です!
しかしSabreBerry32は、マスターモードでは未対応。
(事前に分かっていた情報でした)
いったん「スレーブ・モード」にドライバを切り替えてやる必要があります。
でも、それでは音的に意味がない...(完全にないとは言いませんが)



それに加え、トラック間に無音部分をもうけていない音源でも、SabreBerry32で再生させると、若干の無音が生じます。
(I2Sで駆動中を示すブルーLEDも一瞬消灯します。マスター・モードの場合。スレーブでは確かめていません)
たまたまDL購入していた椎名林檎 x 斉藤ネコの「平成風俗 大吟醸」を再生させていて、気づきました。




515fkqowll





CD盤と異なり、こちらの音源ではトラック間に「無音」部分がありません。
シームレスに次トラックの再生が始まるように編集されています。
そこに、SabreBerry32では若干の無音部分が生じてしまう...
そうなると、せっかく美音に浸っていた没入感が、その一瞬で削がれてしまうわけでして、私的には結構大きな問題でした。
(問題になる楽曲は多くはありませんが)



そうした問題とは、HiFiBerry DAC+ ProコンパチのmsBerryDACは無縁です。
些細な部分ですが、私的には“AirPlay対応”も含め、とても嬉しいmsBerryDACのアドバンテージとなっています。



とは言えSabreBerry32には、音的にとても捨てがたい魅力を感じてます。
コイツ、私の聴覚というか、脳髄をダイレクトに刺激してくれる「小気味のいい音」をたててくれるんですよねぇ〜
また、SabreBerry32と併せると、とっても美味しい音をたててくれるヘッドホンアンプが据置でもポータブルでもあるものですから、なおさらなんですね。
あぁ、なんて悩ましい...



しかし、外部電源の効果、すんげんぇなぁ〜!




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ



« msBerryDACで人柱 | トップページ | ヘッドホンアンプは左利き »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 比較してみた:

« msBerryDACで人柱 | トップページ | ヘッドホンアンプは左利き »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト