« 3.0が出ましたね | トップページ | そして静電気は伝わるのです »

2016年11月30日 (水)

しようがなく仕様に従う

先日ですね、msBerryDACを表に連れだして「ウォ〜!気持ちいい音やなぁ〜」と悦に入って帰ってきたんですけどね、家に帰ってきてから「また聴こう」とmsBerryDACに電源を入れると...



Pi~~~~~~~~~~~~~~~!!



また発振ですわ(ーー;)



もう慣れっこですw
この音は電源が発振してる音!
ケースを引っ剥がして、msBerryDACに電源を入れたままレギュレーターICを触ると、発信音が消える...
そしてケースをぶっ叩くと、また鳴り出す。
さらに叩くと、消える。
(トレェ~ン・トレェ~ン ハシッテユ~ケェ~♪)




接触不良確定ですね(マタカヨ!)




もうお年がお年のジャイアンですので、肉眼で確認するのを諦めて、スキャナで高解像度スキャニングチェック!





Powerregurator_2






問題はココですね!
ハンダを盛って、状況終了!
もう叩いても鳴りません。
ってか、私の作るアンプは「昭和のテレビ」か!
しかも昭和40年代、50年代のテレビか!と思うような珍事件w
その昔のテレビは、大概の不具合は、叩くと直ったものです。
決して現代の液晶テレビなんぞを叩いてはいけませんよ!
本当に壊れますからw




その昔は、電気屋のオジサンが家までテレビの修理にきてくれたものです。
その修理の様子をジッと眺めるのが、私は大好きな子どもでした。
機械が大好きで、オヤジの腕時計なんて、何個分解したでしょう(その割には怒られた記憶がない)
分解するだけして、1つとして元に戻せなかったんですけどねw



そんな過去を持つ、とある方から「ヒトバシラー」と呼ばれてしまったジャイアンです、今晩は!
そんな呼ばれ方をすると、昔の「キカイダー」とか「ハカイダー」を思い出すじゃないですか!w > 白髪犬さん



さてさて、世の中にはMOODE 3.0がリリースされたのですが...




Moodeos_1




dual-kernelってとこが、1つのミソですね。
で、このバージョンになって、私、個人的に困ったことになりました。





MoodeはWi-Fiも含めたネットワークの設定を、Network Configurationパネルで行うんですが...


Networkconfigurationpanel





あ、コレは私のiPhoneにテザリングでぶら下げた時の設定です。
(って書いても分からないですねw)
普通はこの画面からSSIDやらパスワードを、ぶら下げたいWi-Fi毎に入力しないといけないんですね。
で、利用するWi-Fi環境が1つなら、何の問題もないんです。
1つだけなら...

私のように、自宅Wi-Fiにぶら下げ、お外ではiPhoneのテザリングにぶら下げたいとなったら、ちょっと面倒。
どれだけ面倒かというと、出かける前にLANケーブルにぶら下げてラズパイを起動させ、私のiPhoneのSSIDをパスワードを入力。
戻ってきたら、またLANケーブルにぶら下げて起動させ、今度は自宅Wi-Fiのソレを再入力。
Wi-Fiやテザリングにぶら下げる前に、有線にぶら下げる儀式発生!




アァ〜、チョォ〜メンドクサイジャイナイデスカ!
o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!



そういう面倒くささから逃れるために、今まではsshでリモートログインして、“/etc/network/interfaces”をいじっておったのです。
その作業時に、自宅Wi-FiとiPhoneテザリング接続に必要なSSIDとパスワードを、別書類としてラズパイの起動ディスクに保存。
そうやっておいて、“/etc/network/interfaces”には「Wi-Fiん時はその書類を参照しんさい」とかきこんでおったんですね。
これがとても便利で、上の設定画面は全く利用してなかった。
Moode 2.7までは、こんな利用方法もできてたんです。




で、Moode 3.0でも同じだろうとたかをくくって、同じ設定を施したら、まぁWi-Fiから落ちる落ちる(ーー;)
まず最初の接続につまずく。
一度Wi-Fiドングルを抜き差しすると繋がるんですが、しばらくするとまた接続が切れてる。
また抜き刺すする...
また切れる...



オォ〜・ノォ〜(ヨォ~コォ~!)!!
私がキレそうですわ!



最初はWi-Fiドングルに施したシールドを疑ってみたりしたのですが...




Wifidongle_1

Wifidongle_2







状況に変化なし!



で、これは3.0では、もうこの裏技は使えなくなったのではと疑いまして、素直にNetwork Configuration画面で入力したら、ウソのように問題解消
その時の“/etc/network/interfaces”の内容が、コレ...




Moodeos_2_2




(パスワードはハッシュ化しないのね...)

前のバージョンでも「このファイルはネットワーク設定画面で自動的に生成されるんだからね!」と、ツンデレ的な文言が書いてありましたけど、私はそれらをも全部デリートして、書き換えて使ってたんです。
それが、3.0からは通用しなくなってしまっておりましたとさ(;´д`)トホホ…
他に裏技的対応方法があるのかも知れませんが、私にゃそこまでLinuxな野郎ではないので、ココは素直にMoode 3.0の仕様に従うことにしました。




となると、出かける度、また帰宅する度に有線にぶら下げて、設定を変えるのかい?というジレンマに陥るので、もうこの際、起動ディスクを「自宅用」と「外出用」の2枚作りましたw
技術的にこのジレンマを回避できないなら、物理的に回避してしまえ!という結論に達したのでありますw





とまぁ、昨晩からこんなことを検証したりしておったのです。
イライラしながら、心のどこかでワクワクしてましたwww




そんな折り、白髪犬さんのmsBerryなラズパイDACの写真を拝見し、心癒やされながら...




そうか!
その手があるな!




と気づかされるものがあり、上の検証をしながらサクッと工作してみました。


Sabreberry32




Msberrydac





2台とも尾っぽを引っ込めました!
SabreBerry32はRCAにしたかったところですが、このケースじゃスペースが...
それはまた、別の機会にしようと思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ



« 3.0が出ましたね | トップページ | そして静電気は伝わるのです »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576892/64565619

この記事へのトラックバック一覧です: しようがなく仕様に従う:

« 3.0が出ましたね | トップページ | そして静電気は伝わるのです »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト