« オーディオ的ペンパイナッポーアッポーペン | トップページ | 棲み分け »

2016年11月18日 (金)

干渉と鑑賞

7年近くもブログをやっていると、色んなことが起こるものです。
元はと言えば、ヘッドホン祭に集まった40代オヤジ達の情報交換が、当ブログの当初の目的。
それがそれが、いつの間にか6年以上も続いてる。
おかげで少なくない人たちとの交流もできましたし、我が家で放置プレイに晒されていたポタアン達を里子に出せたり、HA-10miniをお中元と称して無理矢理押しつけたり、YAMAHA NS-200Mをいただけたりと、大いに楽しませていただいております。



そんな当ブログに、一昨日の11/16、オモシロいコメントが投稿されました。
初めての経験なので、少々驚きました。
投稿主とその内容は「EaseUS SotwareのTeiと申します」からどうぞ。



他ブログへのコメントと同様、私のところにも「削除しておいてください」と書いてありました。
素直で心優しいジャイアンは、削除して差し上げました。
そして、他のブログへのコメントと同様「メールアドレスを連絡下さい」とあったので、バカ正直にメールも送って差し上げました。
ついでに「なんでこんなふざけた内容のブログを書いてる奴に、御社の製品レビューを書かせようなんて考えたんですか?」と書き送りました。




翌日、返信をいただいたのですが、それはもう冒頭から噴飯物の内容でした!




まず、ビジネス文書のハズなのに、本名を名乗らない。
相変わらず「Tei」のまま。
もうこの時点で、かなぁ〜り失礼ですし、アヤシイ!
怪しさプンプン、怒りプンプンですw



そしてもう一つの噴飯物の内容が!
(これが一番オモシロかった)
私に製品レビューをお願いしたい理由として、このエントリーを挙げてきたのです。



電源ユニット清掃に挑戦!




このエントリーは、当ブログで第2位のアクセス数を誇る人気ページ。
(第1位はあの暗黒史「文系出身者の無謀な挑戦 アンプ修理」です)
その内容が、実に分かりやすくて、とてもイイと仰る。
でもね、そう仰った同じ文面で、Windowsにしか対応していないバックアップソフトのレビューを依頼してくるのですよ!(バカ正直にレビューを掲載すると、また続いて「リンクを貼ってくれ」とかお願いしてくるようです)



自慢じゃないが、このジャイアン、いまだかつてWindowsユーザーであったためしは、PHS端末のアドゼロ以外には全く、完全にありません!
(ア!VMWareの仮想環境でなら、XP使ってたわ。どうしても仕事で1つだけ、Windowsなソフトを使う必要があって、仕方なく。でもアレもMac上の仮想マシンだからねぇ〜)
そして指摘を受けたくだんのエントリーも、完全に、徹頭徹尾、Macな内容です。
言ってみればMac礼賛の内容なのですよ。
つまり、このコメント主さん、MacとWindowsの違いさえ分かってない!
(たぶん、そんなこたぁどうでもいいんだな)




macOSにはね、“TimeMachine”という、とっても優秀なバックアップ機能がOSに付随しているんだよ > Tei。
(macOS向けのバックアップソフトは、アップル社によって駆逐されたも同然なのです)
そんな生粋のMacなジャイアンに、Macの分解清掃をテーマにしたエントリーの内容が良かったからと、Windows用ソフトのレビューを書いてくれと依頼してくる...




しれっと無視しようかなとも思いました。
でも、好奇心が勝って、メールしてみました。
そしたら、私の好奇心を少し満たしてくれるような、斜め上からの返信があったというわけです。
ちょっとだけオモシロいので、顛末をココに晒してみました。

もうちょっとオモシロい話になるのかなぁ〜と思ったのになぁw
ま、現実なんて、こんなもんですね。

とまぁ、大人げない話から入りましたが、まとにかく、前回の続きですよw





前回、Wi-Fiドングルにこんなことをして...




Shielding_01






こういう形で、お外に持ち出してフィールドテストを行ったのです!







Poweriq_07







端的に書くと、使えます。
で、ポタアンがないと、荷物が少なくて本当に楽。
(モバイルバッテリーを2個も持ち歩いているけどさw)
そういう風にとても使える奴だと分かったmsBerryDACなラズパイDACですが、iPhoneにテザリングでぶら下げた状態だと、何かの拍子にネットから落ちちゃうんですよね...
たぶん、iPhoneが発するWi-Fi電波って、据置ほどの強度はないからかな。
そういう時は、一度ドングルをUSBから抜いて、再挿入してやればイイ。
そしたら勝手にiPhoneを探してぶら下がってくれます。
(そういう設定にしてあるし)
ちょっとしたことですけど、手間ではあるよねぇ〜(ーー;)




他にも、使用環境に依っては、iPhoneからなかなか接続しづらくなる時も...
たぶんアレは、他に強度の高いWi-Fi電波が飛び交っている、鉄筋コンクリートに囲まれた環境だったからだと思うのです。
(そうした環境下でのAirPlay再生は、かなり絶望的でした)



でもま、それくらいの手間はかまわない。
ラズパイDACが鳴らなくなる訳じゃないし。



問題は、やはり操作時にノイズがのること。
そしてAirPlayなんかさせようものなら、音量レベルは低いものの、ずぅ〜っとノイズが鳴っている...

音楽と一緒に、干渉してくるノイズも鑑賞しなくちゃならなくなる!
(サァ〜、笑って笑って!)




なので、もう一度ドングルへのシールディングをやり直し!




Shielding_02






今度は見事にノイズがのりません!



前回の作業で、Wi-Fiドングルからヘッドホンアンプへのノイズ侵入を防げなかった原因は、シールドに使ったアルミホイルを、チャンとGNDに落としてなかったことにありました。
(ドングルの金属部分に接触させればモーマンタイ)
そして今回は、側面の穴は無視してアルミテープで覆い、ドングルの前面だけを開放状態にしてます。
少しでもヘッドホンアンプ回路方向へのノイズ放射を防ぎつつ、テザリングから勝手に落ちる現象も、可能な限り回避したいという理由で。




実はこの作業を行う前には、こういう方法も試してみました。




Shielding_03





樹脂ケースのI/Oポート付近だけをアルミテープで覆い、GNDに落としました。
これでうまくノイズ輻射を防げれば、テザリングに安定してぶら下がるようになるだろうし、AirPlayも問題なく楽しめるだろうと期待して...



でもノイズ防げず...(ーー;)



でも、せっかくここまで綺麗に貼っちゃったんです!
ついでに言うと、この小さなUSBメモリが結構発熱してくれるので、その熱を効率よく外部へ放熱できるようにと、熱が伝導するように加工してあります。
おかげで、USBメモリが発する熱はうまく逃げてくれているようです。
メモリ自体の温度も、かなり低くなりました。
思惑通り、貼り付けたアルミテープが放熱してくれているようです。
なので当面、この形で運用します。




Shielding_04





他にも気づいたことがあるのですが、そうした諸々は、もう少し検証を行ってから報告したいと思うのです。




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ



« オーディオ的ペンパイナッポーアッポーペン | トップページ | 棲み分け »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576892/64511559

この記事へのトラックバック一覧です: 干渉と鑑賞:

« オーディオ的ペンパイナッポーアッポーペン | トップページ | 棲み分け »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト