« 罠にはまる | トップページ | 干渉と鑑賞 »

2016年11月17日 (木)

オーディオ的ペンパイナッポーアッポーペン

今どき、涼宮ハルヒなんぞを観ているジャイアンです!




Haruhi_suzumiya_logo





2009年放映分なのですが、Amazonプライム・ビデオにいきなり登場!
「涼宮ハルヒって時々目にするアニメの名前だよなぁ〜」ぐらいの認識しかない私。
それでもその名は私にまで知れ渡っているぐらいだから、きっとオモシロいアニメなのだろうと、何気なく視聴。



学園ギャグコメディ?



と思ったのは2話目までで、3話目で既視感を感じる(エヴァのアレだ)絵が出てきたところから、目が離せなくなっちゃったw
まだ5話までしか観てないが、これ、28話まであるんでしょう?
当分、暇を持てあますことはないなw
(音だけAirPlayでmsBerryDACに飛ばしながらiPhoneで観る、なんてこともしてますw iPhoneよりも絶対に音はイイし遅延もない。なかなかヨイ!)




で、前回のエントリーがこの絵で終わってるんですが...




Poweriq_01





実はこの写真を撮り終えた直後、MoOdeがまともに動かなくなった!
明らかに挙動がオカシイくなった。
“Playback”のレイアウトも崩れてる。

そして、例えば“Customize”などは、こうなってなければいけないんだけども...




Poweriq_00





問題発生時には、全てが空欄!
ホワァ〜イ?ホワッツハップン?
何が起こったって言うんだい?



メニューから“Restart”も選択できなくなったので、終了も再起動もできない。
もうこうなれば力業。
電源を供給しているマイクロUSBを抜いて、物理的、かつ、強制的に終了させるしかないんですが...



その後、電源を投入すれども、起動途中で赤と緑のLEDが両方とも点灯しっぱなし状態で、見た目はフリーズしているっぽい...



オイオイオイΣ( ̄ロ ̄lll)



電源をモバイルバッテリーからACアダプターに替えてみたが、結果は同じ...
こりゃ、起動ファイルに何か問題が起こったね!
問題は、何が原因で起動ファイルがオカシイことになったのか、だ。



そういうわけで、SabreBerry32用のバックアップから起動ディスクを作成して(この段階ではmsBerryDAC用にいじったOSのバックアップはとってなかったorz Wi-Fi設定とかいじっちゃってるから、この方法が一番手っ取り早い)、何が問題なのかの検証作業に入ったというわけさ。
それが、今エントリーのテーマ!



問題点をあぶり出すには


1.問題が起こった時の要素を全て揃える
2.一番プレーンな状態で起動するか確かめる
3.(2で問題がないのを確かめて)可能性が低い要素から1つ加え、起動するか確かめる
4.さらに要素を加えつつ、起動確認を繰り返す


で、最後に「コイツが一番怪しい」ってヤツを加えて、問題が再現できれば、ソイツが犯人!
今回、第一容疑者にあげられたのは、ANKERのモバイルバッテリー!
(さぁ、大人しく吐いてもらおうかANKER君!)



まずは、RPi3単体をLANケーブルでネットにぶら下げ、ACアダプターで起動させてみる。




Poweriq_02
(ケースが諸般の事情で前回とは違う)





当然、問題はない。
ここで問題が起こるようなら、RPi3本体の不良を疑わなきゃいけない。
(LANとACアダプターに問題のないことは、事前に確認済み)


次に、これまた低リスクと思われるUSBメモリを刺して起動...




Poweriq_03





問題なんか起こって欲しくないところであり、事実、問題なく起動。



次にLANを有線から無線に切り替えてみる。
この辺から、ちょっとだけ怪しさが増すw




Poweriq_04





しかし、すんなり起動!



で、次はDACカードのmsBerryDACだ!




Poweriq_05

(諸般の事情でSabreBerry32を載せた写真になってます)



これまたあっさりと起動。
となると、もう原因はコイツぐらいしか思いつかない...



モバイルバッテリーからの給電に切り替えて起動を試みる...




Poweriq_06





問題発生!



実のところは、この段階ですぐに問題は発生しなかった。
そう、起動ディスクを作り替えただけで動いていたんですよ。
それでしばらく動かしていたら、いきなり最初に説明した状態に...
振り出しに戻ったわけだ!
問題の再現確認!
犯人はお前だ、ANKER君!



で、より問題を単純化させて考えてみます。
今までmsBerryDACをRPi2に載せて、モバイルバッテリーで問題なく使えていた。
操作できなくなるとか、起動できなくなるとか、過去に一度もない。
ところが今回、RPi3にしてから、いきなりこのような問題が発生した。



となると、これは手持ちのANKERのモバイルバッテリーとRPi3の相性問題だとしか考えられないんですよ!
(そうだろう、ANKER君!)



そこまで考えていてピン!ときたのが、ANKERが独自技術として謳っている機能“PowerIQ”。
詳しくはANKERの関連サイトを見ていただくとして、簡単に言えば、USBに接続されたスマホなどの仕様に合わせ、可能ならば自動で急速充電に切り替えちゃうよ!っていう、とってもスマートな機能なのですよ。
そりゃ便利だよねぇ〜、ホント便利だよねぇ〜、相手がスマホやタブレットなら...



でだ、この機能が消費電力が増えたRPi3では、問題になったのではなかろうか?
使い始めは問題ないようでいて、使っているうちに起動ファイルがオカシイことになるような誤作動を、RPi3にさせちゃってるんじゃなかろうか?
ジャイアンはそのように推理した、と言うわけです。



だったらPowerIQじゃないモバイルバッテリーを用意すればいいじゃん!って話だけども、その解決方法は不経済でしょ〜?
不経済だよねぇ〜!
msBerryDAC買って、HPAキット買って、トランジスタ壊したから買って、電源を燃やしたからDigi-Keyで買って...



不経済だよねぇ〜!(。>0<。)




しかも、モバイルしたいのはmsBerryDACであって、SabreBerry32じゃない。
そしてmsBerryDACを使うのに、RPi3である必要はない!



だったらRPi3はSabreBerry32にくれてやって、msBerryDACはRPi2とペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)しちゃえばいいんですよ!




Poweriq_07





この組み合わせなら、手持ちのANKERモバイルバッテリーでも、当然問題ナシ!
そして今日は、通院のために遠方まで出かける日。
なのでコイツとバッテリーを2つをカバンに潜ませ、フィールドテストを実施。
その顛末や、帰宅してから加工を加えた部分もあるし、さらに検証を重ねたい部分もあるので、その辺は次回のお話となるのです!




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ



« 罠にはまる | トップページ | 干渉と鑑賞 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576892/64503321

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオ的ペンパイナッポーアッポーペン:

« 罠にはまる | トップページ | 干渉と鑑賞 »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト