« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月26日 (月)

ジングルベルはDクラスの響き(後編)

D級アンプって、調べれば調べるほど、ワタクシ的には不思議なアンプなんですよねぇ〜


我が家のスピーカーを駆動させているパワーアンプも、LinkmanなD級(LVX-PWAM-SETっていう100W+100Wパワーアンプで発振周波数は〜500KHz。Rコアトランスと電源ボードの最小限構成で組んでます)なわけでして、コイツが良い働きをしてくれています。
なので、以前から「D級アンプってなにさ?」的な興味は尽きない訳でして、何度も関連情報を漁ってはいるのですが、実は今もってもう一つ「ピン」ときていません。
(D級の“D”が“Digital”の“D”ではないってこと「だけ」は分かりましたがw)



ただ、手持ちのパワーアンプの構造から「発熱が少ない、電力効率にとても優れた増幅方式」と言うことと、関連サイトで何度も見せられる図から、入力されたアナログ信号を、基準とする発振信号(手持ちアンプの場合、その周波数が〜500KHzなわけですが)と比較して(コンパレートして)、“High”か“Low”の2値の信号をとりだし、その信号をゴニョゴニョ(例えばトランスを通過させるとか)すると、非常に電力効率に優れたアンプとして機能する「らしい」って事ぐらいしか分からないのですのよ、トホホのホ。
(でもトランス載っけるとポータブルにはならないし、それ用の小型トランスを特注するとコスト高になるのかな?どこのメーカーもポータブルプレイヤーのアンプって言えばオペアンプを使うかディスクリート構成を謳うかだもんね。HPA回路が1チップに収まっちゃう、もしくはDACチップに収まっちゃう時代だから当然だよね)



でも、その基準とする発振信号と比較して2値化するって、DSDレコーディングでアナログ信号を2値化させるのと何が違うのよ?とは、ずっと思ってました。
DSD信号もローパスフィルターを通過させることで、簡単にD/A変換できちゃうわけで、そうしたところもD級アンプの後段と似てる、というかクリソツじゃん!マンマじゃん!と、素人目にはそんな風に見えるわけです。(DSDで使用する周波数はCD-DAの規格である44.1kHzの64倍=2.8224MHzやその整数倍の値ですけど。こうして得られたDSD信号は単純なフィルターを通過させるだけで、16bit/44.1kHzのCD-DAデータを生成できたから、らしいんですけどね。昔は今のようにリアルタイムにデジタル処理できるシステムなんてありませんでしたから、こうやってCD-DA用のPCM信号を生成してたようです。現在のリアルタイムでマルチトラックなPCMレコーディングでも、量子化ノイズを除去する意味もあって、内部的にはDSD変換を行っちゃったりしてるらしいです。でも1bitじゃイフェクトとかの後処理が無理ですから、結局はPCMにしちゃうようですが。ア、私は部外者な電気素人なので、無粋なツッコミはナシねw)
あ、なんか括弧の中が思いっきり脱線気味ですが、色々と読んでいく内に、分かっていくようでますます分からなくなるような、そういうジレンマに陥っております。
(まだA級とかAB級の方が「分かった気」になりやすい!)



DSDもnabeさんが開発したPWM-PHA2も、ΔΣ(デルタシグマ)変調を利用しているってことと、前者はPDM(パルス密度変調)で後者は名前の通りPWM(パルス幅変調)なんだって事ぐらいまではなぁ〜んとなく分かったんだけども、その区別が良く分かってないw(って思って調べたらPDM方式のD級アンプってのもあるのね。ますますワケ分かんねぇ〜!)




nabeさん開発のPWM-HPA2に限って見ていくと、信号入力部の「コンパレーター」で信号を2値化させてるんだけど、比較するための基準とする信号をどうやって生成させているんだろう?と不思議だったのだけど(だってそれらしい回路やパーツは全くない)、「nabeの雑記帳」の過去記事を読みたどっていくと、バッファーからのフィードバック信号をワザと良い感じに遅延させ、位相反転させてコンパレーターにぶっ込むことで、35MHzもの矩形波を生成させているらしい...



だから自励式って言うんだ...



と、言葉で綴るととっても簡単に思えるけど(でもヤッパリワケ分かんねぇw)、ココまでのソリューションに到達するnabeさんのプロセスがもの凄くて(しかも35MHzだよ!こんなこと思いついたのってnabeさんくらいじゃないの?)、「これが電気の技術屋さんの本気かぁ〜、執念かぁ〜」と、ホトホト感心させられると言うか、ビックリさせられると言うか...
MOS-FETを2個重ねた高速ロジックICを3パラ(つまり6パラでスイッチング!)で使用するとか、普通のD級パワーアンプじゃ絶対にやらない(やっちゃぁならぁ〜ないぃ〜)禁忌の手法なんだそうだけど、実は「低電圧駆動が求められ低出力でオッケ〜」なPHPAならばまさにうってつけの手法じゃん!みたいな着想は、本当に見事!だと、電気回路ど素人のワタクシからしても拍手喝采モノだと、ど素人レベルですが驚いた次第です。
これはもう、立派な「電機屋根性物語 〜The Spirit of Electrical Circuit Development〜」デスヨネ!



それでもまだ、私はその理屈をよくワケ分かってないんだけどねw
PWMをそのままスピーカーに突っ込んでも、実は鳴っちゃうってことは、何となく分かったよ。
フィードバック信号は分かるよ。
2回路入りオペアンプをワザワザ2個使って、バカの1つ覚えのように同じ回路でオペアンプを変えては、散々ステレオヘッドホンアンプを作ってきたからね。
(それでe8のボイスコイルを2度も焼いたんだから!DC漏れ対策も知らなかった電気ど素人なんだから!)
そん時「1回路は増幅用で、もう1回路は位相補償用のフィードバックなんだろうなぁ〜」って漠然と思ってたから(信号増幅に歪みはつきもの、のようです)
そりゃ、そこの信号を遅延させたり反転させりゃ、いとも簡単にオペアンプは発振しちゃうよね(オペアンプは信号を発振する装置です)
パルスジェネレーターになっちゃうよね。
ウン、それぐらいまでなら、なんとかジャイアンでも分かるような気がするヨw
あくまでも「気」だよ。
気分だよ!



でもヤッパリD級アンプの仕組み、分かんねぇ〜!
具体的に頭ん中でイメージできねぇ〜!
ってか、そもそも「増幅」って制約や謎が多すぎるよね!
誰か、いつかお馬鹿なジャイアンにも分かるように、分かりやすく説明してちょうだいYo!


続きを読む "ジングルベルはDクラスの響き(後編)" »

2016年12月25日 (日)

ジングルベルはDクラスの響き(前編)

実はこのエントリー、当ブログの500回目の更新です!
イヤ、メデタイ!!
500回記念にふさわしいネタは何か?(問題、そこ?)
そう悩みに悩んだ末の、本日の更新です!w



世の中におかれては、昨夜はクリスマスイブであったとか...



別にとある聖人様の生誕を祝おうという趣旨ではないのですが、ま、そこは世の流れに便乗して、自分にプレゼントをしてやろうと私は思ったのです。
ただ、そのプレゼントが、なぜか丸一日以上、最寄り郵便局の集配所で足止めを喰らって、イブ当日に届いてしまったw
どうもあまりの忙しさに、日本のトナカイたる日本郵便は、ちょっと機能不全に陥っていたようですw



何が届いたのかというと、コレです!




Pwmhpa2_0_1






続きを読む "ジングルベルはDクラスの響き(前編)" »

2016年12月12日 (月)

電源の音を聴く

先週の木曜夜から寝込んでしまっているジャイアンですorz



突然、腹痛などをかまされやがいまして「腹でも下したか?」と疑ったのですが、さに非ず。
実は感冒性胃腸炎だったようです。


どうもその前の週から、鼻をかむ度にティッシュがキチャナイことになるし、出血までみられるしと思っておったのですが、どうも既に粘膜が炎症を起こしていたようです。
ウン、確かに鼻腔粘膜が段々と痛くなってた!



そして悪寒とか発熱とか一切抜きで、病がいきなり我がストマックを直撃!
翌金曜日は、なぁ〜んも食べられんかった!
土曜日に、やっとおかゆをすすれるようになった!
今日はやっと布団から起き上がれて、こうやってブログの更新もできちゃいるけど、ちょっと腹が冷えるとすぐ腹痛...



もう一日、布団の中でイイ子にしてます!




続きを読む "電源の音を聴く" »

2016年12月 7日 (水)

グラウンド分離接続

今回のエントリー名には、ひねりはありません。
書いたとおりのテーマです。
ってか、よくこうも次々にブログネタが出てくるよな > 自分!



先日の日曜日、近所の喫茶店でmsBerryDACなラズパイDACで音楽を聴きながら、「パネル取付式の4極ジャックってあんのかな?」などと検索してしまったのが運の尽きでした。
あるんですね!
見つけてしまいましたw




Gndseparation_01





マルツでみっけたんですけどね、コレを見つけてからは、音楽を聴くのはそっちのけで、頭をグルングルン回転させながら次々に品定めをし始めまして、気がついたら決済まで終わっておりました(なんて他人事な書き方)
日曜日の夜に発注しましたから、「こんな田舎には水曜日ぐらいに届くのだろう」とたかをくくっておりました。
しかし予想に反して、昨日の夕刻には自宅ポストに「ネコポス」が投函されておりましたとさw

続きを読む "グラウンド分離接続" »

2016年12月 6日 (火)

帯電男

色々と試しておりました、冬になると帯電しまくるジャイアンです!
静電気は溜まるのに、お金だけは貯まりません...
(無駄なものばかりたまりやがって...)



その昔、私の友人に「帯電女」がいらっしゃいまして、この人も私と同じように面白いように静電気が帯電する方でした。
ただ、私とは極性が違っていたようです。



ある時、この方の指と私の指が、たまたま触れ合う瞬間があったんです。
この方、喫茶店を経営しておられたのですが、お会計の時に、ちょっと手が触れちゃったりするじゃないですか。
まさにその時でした...



バチィ〜!



イッテェ〜〜〜〜〜〜〜〜



二人して顔をしかめ、その場にうずくまりましたよw
その時、私は間違っても同じ帯電体質の女性とはお付き合いできないなと、身をもって知ったのでありますw




その静電気がなぜ発生するのかを、量子物理学的な見地で考察するとヒッジョォ〜に興味深いのですが(電磁力・重力・大きい力・小さい力、でしたっけ?)、またその辺にケーブルの構造や材質で音が変化する要因もあるのかなぁ〜、なんて考えると、なお興味深いのですが、そんなことを書き出すといくらでも長くなりそうなので、とっとと本題に入りたいと思うのですw




続きを読む "帯電男" »

2016年12月 1日 (木)

そして静電気は伝わるのです

今年の流行語大賞が発表になりましたね!


神ってる...
なんだソレ?って思ったら、カープの緒方監督が発した言葉じゃないですか!
広島県民だというのに、地元愛の薄いジャイアンですw
私はてっきり、今年の流行語大賞は「センテンススプリング」で決まりだ!と思ってたのに...(『ゲス不倫』がTop10入り。同じくTop10入りの『盛り土』が受賞者辞退なのに笑いましたw)




何はともあれ、今期のアニメでは「響け! ユーフォニアム2」がイチオシのジャイアンです!(アァ、最初から話の脈絡が...)



このアニメ、オープニングを観る度に、私は思っていたんです。
奴らはいったい何をしているんだろう?って...



その「奴ら」と「している」ことは、コレです。




Mikuru_2






確認したけりゃYouTubeで検索してもらうなり、テレビ放映を観ていただくなりするとして、このホルンパートの四人がやってるフリがですね、私にはとても不思議だったのですよ。(ちなみにホルンパートが4人なのには意味があります。ホルンは4本で1つみたいな立ち位置の楽器です)
ストーリーとも関係なさそうだし、他に思い当たるフシがないし...
でも京アニって、意味のない演出はしないでしょ?
どんな演出にも、必ずなにがしかの意図を持たせてますもんね。(氷菓なんて分かる人には分かる演出のオンパレード。私にはゼェ〜ンゼン分からなかったw)
オープニングにも、既に全国大会での演奏シーンが挿入されているわけだし、久美子と明日香先輩が肩寄せ合って笑い合ってるシーンなんて、今後のストーリー展開を彷彿とさせるカットだし...
よく考えられたオープニングじゃないですか!




それなのにそれなのに、そんなオープニングのほぼ冒頭部分で、この謎カットっすよ!
きっと何かの意味があるはずと思っていたんですよね、ずっと。




そんな時、世の中から十年遅れでハルヒを観ていた私は、今ごろ観てしまったんです。
その謎カットの意味を知ってしまったんです。
あれは「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」で朝比奈みくるが見せる戦闘ポーズじゃないですか!




Mikuru_1






「涼宮ハルヒの憂鬱」10周年を記念しての、あのカットだったんですね。
(その道のヲタな方達には、既に周知の事実なのかも知れませんが...)
さすが京アニと、感心せざる得なかったジャイアンです!




続きを読む "そして静電気は伝わるのです" »

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト