« HITACHIの仇をTOAで返す!(たぶん其の一) | トップページ | HITACHIの仇をTOAで返す!(やっちまった其の三) »

2017年2月23日 (木)

HITACHIの仇をTOAで返す!(そして其の二)

最初にゴニョゴニョと呪文をば...


※当記事はTOA P-150Dの修理・改造を薦めるものではありません。
※当記事に準じた作業を行って、いかなる問題が生じても、当ブログ管理人は一切の責任を負いません。



アァ、メンドくせぇ(ーー;)
要は「どこまでも自己責任だよぉ〜」ってことなんですけど、この記事書いてるワタクシが、一番ワケ分かってないんですからね!
そんな奴が書いている記事を当てにする方が、どうかしてるってもんです!w
(だからイイ子はマネしないようにしよう!)



で、一台は無事に稼働中です。
入力ゲインを「0dB」にして、絶賛スピーカーを駆動中。
入力ゲインは開放しちゃった方が、スピーカーの駆動力が増すみたい。
反面、ハムノイズのようなものも、少し聞こえるんですけど...




ま、その対策は後で考えよう!



とにかく、この問題発生中のブツを、どうするかです!




Toa_p150d_30




このまま1台だけで、ステレオモードで運用するのもアリです。



しかぁ〜し、ブツに手を加えた後で、一旦モノラルモードでスピーカーを駆動させちゃったんですよねぇ〜
その時の音が忘れられないんですよねぇ〜
上はヒュルルルルゥ〜と伸びるし、中域がとても気持ちよく響くし、「もしかして床も鳴らしてます?」って感じの圧を感じる低域も聴いちゃった。
あの音を知っちゃったら、やっぱツインモノで鳴らしたくなっちゃった!



ちょっとだけ、お話が寄り道...



私のメインスピーカーは、いただき物のYAMAHA NS-200Mです。
今となっては、かなりな年代物です。
そして、この時代のスピーカーは、現代のそれと違って鳴らしにくい!
(たぶん...)
FOSTEXのユニットを使った自作スピーカーもあるので分かるんですが、明らかにユニット自体の能率が悪いんだと思うんです。



そうした能率の悪いユニットを鳴らし切るには、音声信号にトルク(という表現が適当かどうかは分かりませんが)が必要だと思うんです。
実際に、正常動作しているP-150Dをステレオ動作させてみて「確かにそのようだね」という実感を覚えてます。




現代のスピーカーを鳴らすなら、それがPA用スピーカーとかでない限り、P-150Dなんて物量は不要かも知れません。
しかし私のメインスピーカーはNS-200M。
まずはコイツをチャンと鳴らし切れるようになりたい!
(手持ちのLinkmanなD級アンプでは無理な事を、先日、実体験してしまいました)
なのでの、今さらのP-150Dなのです!
(HMA8300が手に入ってりゃ、こんな面倒なことはしてませんぜ、ダンナw)



と以上、今さらP-150Dをいじる言い訳、終了!w




実は問題のブツの、問題を起こしている基板上のオペアンプに、指を近づけるとランプが消えるのが確認できました。
つまり、オペアンプが発振してるんですね!
なので、まず「いの一番」に、オペアンプへの電源経路上にあるバイパスコンデンサを疑いました。





Shuntregulator_01





この2ヵ所です。



一度、ハンダを除去してコンデンサを外し、コンデンサ単体でスペックを満たしていることを確認。
基板上に電源がリークするようなモノがない事を確認。
もう一度、コンデンサをハンダ付け。



でも、問題はまだ起こります。




一体何が起こっているんだ?



と、電源を入れたまましげしげと基板を確認しておりましたら...




バチン!




と盛大な音をたてて、スイッチが切れました。
ココです。




Shuntregulator_02






ブレーカースイッチでして、過電流が流れると、勝手にスイッチが切れます。
そうすることで、基板上の回路や、さらにその先のスピーカーを、過電流から保護してくれるわけです。
しかし、この段階では、まだ過電流発生の原因は不明のまま...



プラグを電源コンセントから抜き、一旦外しておいた基板に、電源コネクタをさそうとしたら...




バチィィィィィィィ!




と、コネクタ部でスパーク!




Shuntregulator_03
(スパークした跡が見て取れるでしょうか?)





トランスにぶら下がっているブロックコンデンサ(10000µF x 2)内の電気が、一気に放電されたもようです(@@;)
(怖かったよぉ〜)



もうこうなると、基板上の「電源回路」が盛大にショートしていると疑わざる得ませんね!
ι(´Д`υ)アセアセ



で、あちこちテスターを当てて分かったのが、この部分...




Shuntregulator_04
(抵抗器の下に赤く見える小さなパーツ)





3.9KΩの抵抗からGNDに落とされているツェナーダイオードが、昇天されていることが判明しました。
(アノード側、カソード側、双方とも35KΩ程度の抵抗値とか、ダイオードのクセにふざけてるでしょw)



この部分、回路図に描き起こすと、こうなってます...




Shuntregulator_05

(実際にはツェナーダイオードのカソード側を下にして、基板上には実装されています)





今回の件で、色々ググって資料を読みあさって、これが「シャントレギュレータ」と呼ばれる定電圧回路を構成していることを知りました。




Shuntregulator_06





もの凄く単純な構造ですが、コイツで±15V電源を生成しているんですね。
でもって、過電流が流れた途端にツェナーダイオードがぶっ壊れて、正負両電源が短絡。
さらなる過電流発生でブレーカースイッチを作動させることで、下流の回路を守ることにもなっているという、もう業務機としてこれ以上ない電源回路だなぁ〜と、感心することしきりですw
(オーディオ的には「こんなんでいいの?」的な電源回路だと思うのですがw)
つまり、こうなっちゃったってことです...




Shuntregulator_07





原因が分かれば、対策も自ずから判明します。
亡くなったツェナーダイオードを交換すればイイ!



問題は、実装されているツェナーダイオードが、どうも15V/2W品のようだということです。
(表面に「15」と「2」の印字がある)
ブツを漁りましたが、千石で15V/1W品(単価20円)と他店で15V/500mW品しか見つかりませんでした。
なので千石に発注し、1W品2個を並列に、計8個を付けようと考えています。
今夕、千石を発送されたようなので、早ければ明日の夕刻には到着するでしょう。



という訳で、この件、後日に続きます!






そうそうそう、この基板上には「GND」「+Idle」「-Idle」とプリントされた端子と...





Shuntregulator_08





たぶんアイドル電流を調整するためであろう可変抵抗器が実装されています。





Shuntregulator_09





バラス前に、ここの値を計っておけば良かったと、今ごろになって気づいたりw
正常動作している1台も、モノで動かすと、正負の出力信号電圧差が10mVありまして、0.1mV程度フラフラしている状態。
上に問題が解決したら、4枚の基盤それぞれのアイドル電流を計測してみて、可能なものならば調整もしてみたいと思ってます。



たぶんP-150Dに限らないと思うんですが、メンテナンス情報が一切、表に出てないんですよね。
基板上にも、パーツNo.の印字はあっても、定格の記載は一切ありません。
「そういうことは、TOAのメンテナンスセンターへ」ということなのでしょう。
しかし、コンデンサー類を盛大に載せ替えちゃった後なので、自分で何とかするしかありません!
(もとよりTOAさんの手を借りようなんて、最初から些かも考えてませんけどw)




果たして文系出身者のジャイアンは、あのLo-D事件から少しは成長しているのか?
無事に、まだ動かないP-150Dの片chを動かせるようになるのか?

(はたまた、また火を噴かせるのか?)
念願のツインモノ環境は完成するのか?
(今までも動かしてましたけど、今の音は過去のソレとはまったくの別ものですw)



電気素人ジャイアンの傍若無人はどこまで続く?
今後の展開を乞うご期待です!
(自分で煽る煽るw)




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ



« HITACHIの仇をTOAで返す!(たぶん其の一) | トップページ | HITACHIの仇をTOAで返す!(やっちまった其の三) »

「趣味」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576892/64931712

この記事へのトラックバック一覧です: HITACHIの仇をTOAで返す!(そして其の二):

« HITACHIの仇をTOAで返す!(たぶん其の一) | トップページ | HITACHIの仇をTOAで返す!(やっちまった其の三) »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト