« 振動増幅 | トップページ | オーディオ的緊縛プレイ »

2017年3月21日 (火)

ジャイアンのフレンズ(観てないんですけどね)

Maidragon10_01





マッチ!





Maidragon10_02







マッチ!






Maidragon10_03








マッチを買え!





この方だけでなく...






Maidragon10_04







もう最初3枚の画像だけでお腹いっぱいだ!と言われる方も多いでしょう!
ハイ、このブログは「小林さんちのメイドラゴン」第10話「劇団ドラゴン・オンステージ(劇団名あったんですね)」のネタバレしか含みません!





Maidragon10_06







私の友人が「仕事の昼休憩にココを見るのを楽しみにしてるんだ」と殊勝なことを申しますので、頑張って更新したいと思います!w






実はこの第10話、ジャイアン的にはいけてません!
画的クォリティは京アニですが、ストーリーや演出が「小林さんち」らしくない。
それでも、ずっと膝を叩いて笑いながら観てたんですがネw
そういう意味では、居並ぶ今期アニメの中で、一番オモシロいのはやはり間違いない!
(けもフレは私的にはダメなんだぁ〜)
しかし、前回の「神回」と呼ばれてもおかしくない第9話の後でこれでは、苦言も呈したくなります!
京アニを、そして「小林さんち」を愛するが故の苦言!
愛のムチ!

(アァ、ダクネスが悦びそうw)





Maidragon10_08



Maidragon10_07





と、クリスマス装飾でいっぱいの朧塚商店街で...




あいつの息子の誕生日を祝うのもシャクですが、イベントとしてはオモシロそうですねぇ!




と、ドラゴンとしては至極当然にして不穏なセリフを吐くところから、今話は始まるのです!
(そういやガヴもそういう話だったなw)



そんなトールたんが、足を怪我した脆弱な肉屋の店主から





Maidragon10_09






トールちゃんは商店街の華なんだから!




とおだてられ...






Maidragon10_10






分かりましたぁ〜!
私に任せてください!

(お前に任せてろくな事はなかったがなw)




とチョロゴンぶりを発揮して、今話がスタート!
ぶっちゃけ、この部分、ストーリー導入としての逸話性に「イマイチどうよ」と思うジャイアンです。
ギャグ的要素に異世界なシリアスを軽妙にぶっ込み、それでいて視聴者の心を無理なくストーリーに引きずり込む今までの「小林さんち」に比べると、なぁ〜んか話の導入に無理を感じる。
他のアニメなら全然アリですけど、「小林さんち」的にはねぇ...




そのように感じてしまうのも、ココまでの「小林さんち」のクォリティが、色んな意味で高かったからですヨ!
それが、一視聴者ジャイアンのアニメ鑑賞眼を、いたずらに磨き上げてしまった!
つまり、京アニが悪いのです!w




そして...




フッフッフ〜!
今こそ頼りになる仲間に協力を仰ぐ時ですねぇ〜!




とトールたんはのたまい...





Maidragon10_11






さぁ皆さん、頑張りましょ〜!




と、やる気満々のトールたんに召喚された、たとえばコイツらは...






Maidragon10_12





やる気もπも見るからにマンマンでw






Maidragon10_13






オ、オォ~!と見るからに「なぜココに居る?」感がマンマンでw




コイツらに至っては...





Maidragon10_14






ちょっと待てぇ!




と、明らかに不満がマンマンでw




ま、エルマは年末の繁忙期にもかかわらず...






Maidragon10_15







職場で戦力外通告を受けているので、ココにいて問題ナシ!w
そしてこのドラゴンは...






Maidragon10_16






くだらんな!
大事な話があると聴いて来れば、人間のために見世物になれと。




らしい!
らしいぞ、ファフニール殿!
そのブレないキャラ、さすがファフニール殿!
と明らかに不満なコイツ、実はのちのちに存分にぶっ込んでくる為にココにいますw




という各人各ドラゴンの思惑など一切お構いなく、打ち合わせが始まるのですが...






Maidragon10_17

(ホォ!そこにもドラゴンの羽を描くか)





あるドラゴンは、食い物競争がイイと主張し...






Maidragon10_18


(ソレ、一方的にお前の欲望なw)





とあるドラゴンは、前話の流れを引きずって「かけっこ」を主張し...






Maidragon10_19


(ジジババ死ぬぞw)




別のドラゴンは、
VRのFPSでFFAでもやるか!
と、あからさまに趣味を主張しますw
(日本語喋れよw)





Maidragon10_20






と、ココまではヨイ!
「小林さんち」らしい展開。
で、なぜかコイツがまともな事を言う。





Maidragon10_21







演劇なんかいいんじゃないかと。
エ?
才川リコって、そういうキャラだった?
女王さまで、カンナ萌えなのが、才川リコ。
それが、居並ぶドラゴンの中で、まともな発言をするとか、才川らしくねぇ〜!
ってか、ドラゴンたちがギャグをぶっ込む流れから、ストーリーを本筋に引き戻すのに、この手は普通に過ぎないか?




と言う、ジャイアンの魂の叫びなどとは些かも関係なく...




演劇?
石の舞台の上で人間たちが芝居をするやつか!






Maidragon10_22






と、エルマが異世界的ギャグ路線に引き戻そうとするんだが...






Maidragon10_23






クリスマスだからマッチ売りの少女とか?
(後々、童話そのものが完膚なきまでに灰じんと化すがな)




などと、またもや才川リコにストーリーの調整役をやらせる今話!
何だかなぁ〜(ーー;)
で、才川が「マッチ売りの少女」を語るんだが...






Maidragon10_24



Maidragon10_25



Maidragon10_26



Maidragon10_27






「婆さんはパトラッシュか!」と思うような語りに、トールたんは...





Maidragon10_28






自分の孫娘を絞め殺すとは!



と、見当違いな理解をするトールたん。
(まぁ、それはそれでオモロそうなんだがなw)




何にしても、これで老人ホームでの出し物は「マッチ売りの少女」と言うことで、いつの間にか衆議は決着。






Maidragon10_30






なぁ〜んかなぁ〜、「マッチ売りの少女」をやる必然性が、シリアスな意味でもギャグ的にもないんだよねぇ〜
無理押しっぽい話の進め方。
ニコ生で誰かがコメントしてたが、今話の内容、原作にはないアニメオリジナルだとか。
ナルホド!
そこに、今までになく「小林さんち」らしくないと感じる所以がありそうです。




で、ファフニール殿が演出の主演選抜戦で、ストーリーに迷走的なギャグをぶっ込もうと試みるんだが...






Maidragon10_31


(ちな、消去法でファフニールが演出だと。それもなぁ、その後の展開を思うと矛盾するんだよなぁ〜)




演出のファフニールだ!
俺が演出になった以上、ぬるい芝居は揺るさん!
ここでは俺が絶対だ!
異論は認めない!

先ずは演劇の顔となる主演を決める。
一人ずつマッチ売りの少女を演じて見せろ!
とっとと始めろ!
俺を失望させるな!



で、トップバッターはトールたん...





Maidragon10_32






に、ファフニール殿は...





Maidragon10_33






つまらん!



と一言で切って捨て...





Maidragon10_34






貴様には見えている!
目の前を行き交う薄情な人間の姿を。
感じろ!
そうすれば自然とセリフが出てくる!





で、出てきたセリフが...





Maidragon10_35







下等で愚かな人間共よ!
我を無視するとはいい度胸だ!
その罪、死をもって償うがいい!





と、お決まりの「小林さんち」的異世界ギャグを飛ばし、落選!
次、エルマ...





Maidragon10_36



Maidragon10_37



Maidragon10_38







お願いします!
話だけでもいいんです!
全部売れるまで会社に帰れないんです!






と、「ハ?」な演技をしてみせるのだが...





Maidragon10_39







ウチの会社に来る営業さんは、いつもこんな感じだぞ!





童話が世知辛くなるので、却下!





才川リコも挑むが...





Maidragon10_40



Maidragon10_41



Maidragon10_43



Maidragon10_42








ファフニール殿のにらみに逃走w





Maidragon10_44








重ねてぶっ込む為に、ルコアが提案!





Maidragon10_45







翔太くんを主演にしようと!





Maidragon10_46







で、翔太くんの赤ずきんちゃんはカワイイんだが...





Maidragon10_47







この後の展開は、もういつもの通りw





Maidragon10_48



Maidragon10_49






童話に読みふけるシュールなファフニール殿をよそに...





Maidragon10_50








演出はエルマに(勝手に)決定!





Maidragon10_51








で、問題は主演だが...





Maidragon10_52



Maidragon10_53



Maidragon10_54







さっさとカンナで決定!
(だったらさっさと決めとけよ!)
で、最初の画像になるんだが、この時点、既に才川リコ、萌え死済みw





Maidragon10_55








翌日から演劇の練習が始まるんだがな...





Maidragon10_56







近所の公園に、ホンモノの石の舞台を作るとか、コチラの世界に干渉しすぎだろ、エルマ!






ココでもストーリーの迷走は続き...





Maidragon10_57








ルコア殿!
おばあさんは裸で少女を暖めようとはしない!






Maidragon10_58







ウン!
確かに使い方を間違っている!
それは「少女を暖める」もんじゃない!
「男を熱くさせる」ものだ!





ファフニール殿については...






Maidragon10_59







論外認定!




怒りを撒き散らす、演出のエルマ!





Maidragon10_60



Maidragon10_61







どうして脚本通りにできんのだぁ〜!





そこにトールたんが発言し、ストーリーの迷走は佳境を迎える!





Maidragon10_62







と言うか、この話、ボリュームが足りないですよねぇ〜。
これではお年寄りも退屈ではないですかぁ?






という発言を皮切りに...






Maidragon10_63







笠地蔵をぶっ込み...





Maidragon10_64








マッチ売りの少女の隣で笠を売らせるとか...






Maidragon10_65







いっそ主人公は魔法少女ということにして...






Maidragon10_66








穢れた世界を焦土にするための力を手に入れる話にしてしまえと、無茶ぶりのオンパレード。
既に若干一名が、この展開に萌え死ずみw





Maidragon10_67







もはや原作の原形を留めていないのをいいことに、「お年寄りには人気だよね」と忠臣蔵を盛り込み...





Maidragon10_68


(昭和な香りがするなぁ〜(ーー;))






人間特有の仇討ちと言うヤツだな、オモシロい!




というファフニール殿の発言により、仇討ち物に筋書き変更!





Maidragon10_69







ドラゴン出ない?のカンナな発言に...





Maidragon10_70








この際だから出しちゃおう!ということで、お話はマルっとまとまった!
(まとまってねぇよ!)






で、画像数が既にハンパないことになっているので、コチラの都合でさっさと本番シーンに移らせてもらうんだが...






Maidragon10_71








才川リコの語りで舞台は始まる。
(今話の才川、ホンマ才川らしくねぇわ。カワイイから許すけどw)





Maidragon10_72







マッチ、マッチはいりませんか。




で、打ち合わせ通り、笠地蔵から笠を売るジイサン登場!





Maidragon10_73







暖をとるため、売り物のマッチで、これまた売り物の笠に火をつける!
(世の全ての童話に謝れ!)





Maidragon10_74



Maidragon10_75







すると何と言うことでしょう!
煙の中から怪しい男が出てきたではないですか!

(リフォームの匠ではなく?エ?番組そのものが消えた?ア、ソウ)





Maidragon10_76



(アァお前かw)






Maidragon10_77







哀れな人間よ!
キサマは選ばれた。
受け容れよ!
この穢れきった世界を正す力を!
(適役だなオイ)





Maidragon10_78







ウン!
分かった!

(即答かよ!)




しかしそこで...





Maidragon10_79



Maidragon10_80







病気のばあさんにいいもんを喰わせてやるために、魔女っ子の力であくどいことをしてお金を稼ぐんじゃぁ!
と、笠地蔵のジジイが魔女っ子志願!
(ナ、ナンダトォ~!)





Maidragon10_81







臆面もなく自分の欲望をさらけ出すとは!
いいだろう!
それでこそ人間だ!
(受け容れるんかよ!ってかお前が言うと正当性を感じるよ)





で、魔女っ子降臨!





Maidragon10_82







ついでにコッチも...





Maidragon10_83







もう滝谷君との生活で、色々学んだんだね、ファフニール殿!





Maidragon10_84









しかし、問題発生だ!





Maidragon10_85







魔法少女のステッキは一本しかない!
二人で闘って、生き残った方が手にしろ!と、よもやの無茶ぶり!
その無茶ぶりに重ねての...





Maidragon10_86








コイツの登場!
(まぁ外せませんよねw)





Maidragon10_87







止めて!
ボクは魔法の妖精!
そんな怪しい男の言葉に欺されてはダメだよ!
人々の心をもてあそぶなんて、許せない!





Maidragon10_89






一同「ウンウン」と欺されているジジイ共w
(魔法の妖精じゃなくてπが妖性なんだなw)





Maidragon10_90



Maidragon10_91



Maidragon10_92



Maidragon10_93







ありがとう!
あなたたちと一緒にいた時間、とても楽しかったよ!





と、登場は一瞬にもかかわらず、大仰なセリフを吐いて...





Maidragon10_94







登場は異世界的だったのに、捌けるのは学芸会的というw
(そこも魔法使えばいいんじゃねw)






舞台に残された二人には、魔法少女としての役目が待っていた!






Maidragon10_95







腐ったヤツ、どぉ〜こだ!
(どストレートだなぁ〜オイ!)




で、ご近所に痛烈ヒット!
(だから異世界的演出はよ)


Maidragon10_96







これまた学芸会的演出で現場に向かうんだが...





Maidragon10_98








現場で大石内蔵助と思われるエルマ登場!
(その衣装でもってそのπってさぁ...)





となれば...





Maidragon10_99







主君の敵(かたき)、吉良上野介が出てこなきゃ、話が進まないw
で、言い放つ!



ハァ〜ハッハッハッハッハァ〜ッ!
主君の仇討ちとはオモシロい!
命が要らぬならかかってこい!

(コイツがケガレの元凶だそうです)





Maidragon10_100








ドラゴンな本性むき出しに、舞台上の全てを塵に焼き払おうとするw
エルマな大石内蔵助もドラゴンな能力で立ち向かう!





Maidragon10_101







もう、なんで老人ホームの出し物で異世界な演技が繰り広げられているんだ?と腹を抱えて笑ってたんだが、実はこの人たちも楽しんでいた!





Maidragon10_102







しゅごいねぇ〜!





Maidragon10_103







あれがCGいうヤツですわ!





Maidragon10_104







誰がジジイや?
(ベッタベタなオチやw)





舞台上では異世界な格闘が、ドラゴン同士の肉弾戦に変わり...





Maidragon10_105







ドラゴンになった大石内蔵助が敗れ去った後、魔法少女たちの攻撃ターン!





Maidragon10_106



Maidragon10_107



Maidragon10_108







こうして主君の仇討ちと、この世界のケガレをも落とすという物語は完結した!
(もうマッチ売りの少女と笠地蔵は跡形もない!)





Maidragon10_110








最後の舞台挨拶で、全員が礼をする中...





Maidragon10_111







ファフニール殿は最後までファフニール殿だったw





喜ぶジジイ共!





Maidragon10_113







やり切った感いっぱいのトールたん!





Maidragon10_112







と、ココまでで何か感じないだろうか?
私は思ったよ。
で結局、なんでマッチ売りの少女だったのよ?と。
童話の必要性って何?って。





今までの「小林さんち」だったら、それが異世界なリアルであれ、こちらのリアルであれ、シリアスな理由が背景にあったんだよ。
そうした本筋には直接かかわらないサイドストーリーが、キャラに表情を持たせ、演出の深みにも繋がってた。
異世界の力を借りて、リアルな不条理をえぐり出す。
それらが「小林さんち」らしさなんだと思う。
このアニメの素晴らしさ、本質は、その辺にあるんだと思う。
今話には、そうしたストーリーの「含み」が、全く、完全にナイ!





さらに今話では、小林さんの頭ナデナデが安売りされてたのも、私的にはイラっときた。





Maidragon10_124



Maidragon10_125







今話の締めのシーンでも...





Maidragon10_114



Maidragon10_115



Maidragon10_116



Maidragon10_117



Maidragon10_118



Maidragon10_119



Maidragon10_120



Maidragon10_121



Maidragon10_122







と、動かないカットを連投して画を繋ぐという演出の意図が、今一つだった。
手抜きか?と思われても仕方ない演出ちゃう、コレ?
(トナカイな才川リコが萌えてるってのは笑ったけどw)





そして、一番ガッカリしたのは...





Maidragon10_123







小林さんとトールのプレゼント交換!
トールへのプレゼントが、ドラゴン柄のマフラーってのはイイよ!
その細かい演出は好き。
でも、このシーンの小林さんの表情には、全く「らしさ」がないんだよ!
普通のアニメの普通のキャラの顔。
ここでトールにまたがって夜景を眺める流れそのものに、全く必然性がないしね。
トールたんからの贈り物にしたって、あちらの世界では貴重品とか言いながらモザイクじゃん!
脚本や演出が安直!と私は感じた。
異世界のモノなんだからモザイクでもいいだろう、なんてのは、このアニメを愛する視聴者の心をバカにしてる。
(呪いのアンソロは別だ!あのモザイク使用は正当だ!)
なので、腹を抱えて笑っておいてなんなんだが、今話への私の評価はずば抜けて低い!
ニコ生のアンケートでも、久しぶりに95%台だったし。
十分に高いんだけど、安定して96%以上を叩き出していた今までを思うと、この1%の下落は、コアなファンの心に応えられなかった証じゃないか?
私には、そう思えた。





今話でのストーリー間の4コマ的ギャグ担当は、カンナ!





Maidragon10_126



Maidragon10_127







トールさま、この家には煙突ない?
才川が、サンタは煙突からやって来るって言ってた。





Maidragon10_128







あぁ、あの全身返り血みたいなオジサンですか!
(ウン言い得て妙!)




で、煙突を作っちゃうんだなw





Maidragon10_129



Maidragon10_130


(オイオイ、これ賃借物件だろw)







カンナは不安だった!





Maidragon10_131







サンタ、ココ知ってる?
ちゃんと来る?







だから全身返り血オジサンが迷わないように、激しく目立たせた!





Maidragon10_132







今どき、ネオン管の電飾とかよぉ(ーー;)
(今どきならLEDだろ、LED!ネオン管独特のノイズまで載せてよぉ〜w 昔のラブホかw)
小林さんの、唐突な煙突の出現と、昭和な電飾の出現に驚く表情の変化を見よ!





Maidragon10_133







もはやコレぐらいでは、腰を抜かすことはないわなw




3つ目のギャグは、本編を観てくれ!





Maidragon10_134







では最後に、カンナちゃんからのお言葉を拝聴せよ!





Maidragon10_135



Maidragon10_136



Maidragon10_137





ブログランキング・にほんブログ村へ



« 振動増幅 | トップページ | オーディオ的緊縛プレイ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

私も今回の内容には違和感を感じていました。
無理矢理に色んな事を盛り込み過ぎて、消化不良だと思います。
なんか、らしくないです‼︎
なので届いたばかりの、「小林さんち」ブルーレイ第1作を見て気分転換しています。
まだ全部は見れていないですが、保存版なのでゆっくり楽しみます。

> ta_syumiさん

いつものいつものご来訪とコメント、感謝です!
最初に視聴している時は感じなかったんですが、私は二度目の時に「アレ?らしくねぇな」とw
まさかブログで「ボロカス」に書くことになるとは思いませんでしたw
で、もうBDの第1巻がお手元にあると...
裏山でんなぁ〜!(・∀・)イイ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576892/65045363

この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアンのフレンズ(観てないんですけどね):

« 振動増幅 | トップページ | オーディオ的緊縛プレイ »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト