« サトウカズマ > ナツキスバル | トップページ | MoOde3.6とVOLUMIO2.141(見た目は大切) »

2017年4月16日 (日)

MUSES03 on HP-A8

アニメも新しい期に移りまして、視聴に忙しいジャイアンです。
エ?「小林さんちのメイドラゴン」第13話は載せないのかって?
一応、更新しようと、画像は用意したんですよ。
でも、体力と気力と時間を用意できなかったんです(@@;)
で、アニメは旬の物ですから、時機を逸すると、話題性が乏しくなるので、最終話のエントリーはボツ、といたしましたw



個人的には「小林さんちのメイドラゴン」がぶっちぎり1位で始まった前期ですが、終わってみれば「ACCA13区特別監察課」とか「幼女戦記」とか、そっちの方に興味が傾いてました。
どいつもこいつも、第2期なんてありそうにない作品ばかりですw



今期、私の中でイチオシは「サクラクエスト」。
「花咲くいろは」が大好きですし、この「サクラクエスト」を観るために、予習までしました!
エ〜ト、何て言いましたっけ、あの作品?
「プル天」じゃなくて、「えくそだすっ!」でもなくて、「サンジョ」でもなくて(エ?シツコイ?)「SHIROBAKO」。
「サクラクエスト」は、女性声優陣が何気に今絶賛売り出し中やベテランが揃っていて、そんなところもオキニの理由です。
冴えない彼女の育て方♭」も気になりますし、異世界モノが苦手な私には珍しく「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」も作画や演出が素晴らしくて、気に入ってます。
内容にはほとんど期待していないのですが、「つぐもも」の遠慮ない下ネタツッコミには、モノスゴク期待していますw

そう言えば、新日本無線さんから「プレミアムオーディオ向け」と銘打って、MUSES03が発売になりましたね!
(いきなり、ソコ?)



応用例に「高級オーディオ機器/プロ用オーディオ機器」と、自ら堂々と謳っていらっしゃるところが、ステキです!
ヒトバシラーなジャイアンには、「さぁ手を出してみろ」と言わんばかりのアイテムですねw
1回路入りで単価が2,500円とか(2017/4/16現在)、オペアンプらしからぬ強気設定ですが、チョットした事情もありまして、コイツに手を出すことにしました。



で、四月中旬入荷予定ロットをゲット!
(翌日には無くなってましたねw)





Muses03_01





何にどうするのかと言うと、「高級オーディオ機器」ではないけど、結構品質は高い、手持ち機器の中では一番「高級」なこの方の中に、お収まりいただこうと企てました。





Muses03_02






フォステクス HP-A8!
発売日当日に、予約までして手に入れたアイテムでして、そうしたことからこの品は「ファーストロット品」と思われます。
で、コイツ、天板を開けますと...




Muses03_03





右側の、電解コンデンサーが集中して投入されている辺りに、2種類のオペアンプが2個ずつ、搭載されているのが分かります。





Muses03_04





中央にデジタルボリュームの “MUSES72320” が鎮座してまして、その両脇に、1回路入りのオペアンプ “OPA604AP” が、何故か「ピンソケット」の上に載っています。
(初めて買ったヘッドホンアンプキットと一緒に買った記憶があるぞ)





Muses03_05






さらにその下には、2回路入りの “OPA2134PA” も見えますが...





Muses03_06






コチラは基板にハンダ付けされています。


なぜOPA604APは、ピンソケットを介して搭載されているのか?
品質管理の観点からか、製造プロセスの都合が、性能的にそうせざる得ない理由があったのか、はたまた部品調達の都合か、皆目見当がつきません。
そもそも、この後のロットでもピンソケットが置かれているのかも、分かりません。
(普通、ピンソケはないよなぁと思うんですが。ホラ、振動とかの影響受けそうじゃないですか)




分かっているのは、私のHP-A8にはOPA604Aがピンソケットを介して搭載されていることと、信号はここを通ってラインアウトに出ているということ。
回路は読めませんが、実際に基盤をチョコチョコッといじって、確かにラインアウトの信号は、ここを通っていることを確認しました。




だったら、ここをMUSES03に置き換えてみよう!
そしたら、HP-A8が高級オーディオ機器に化けるっかなぁ〜的な試みですw
380円を2,500円(2017/4/16現在)のブツで置き換えようってんですから、それなりの結果を得られなければ、ただのバカw
(どちらもJ-FET入力ですし、なんとかなるやろ)



で、結構苦労して、OPA604APを引き抜きましたw





Muses03_07





逆に、簡単に引き抜けるようなら、オーディオ製品としてどうよ?なところですね。
引き抜くだけで汗をかくのも、当たり前です。
(できれば壊したくなかったし、慎重に作業を進めました)



で、MUSES03を載せる!





Muses03_08





ハイ、見た目だけは高級オーディオ機器の一丁あがりです!w
「HP-A8 03号機改」と命名します!
(エヴァかよ!)




取り敢えず、RPi3で鳴らしています。





Muses03_09






iUSBPowerやGEMINI、iPurifierなどを使って、USBの電源ラインアイソレートやジッター対策を施してあります。
(Mac Proから排他接続で鳴らすのが、一番リッチな音を高音質で楽しめると思ってます)
(散々I2SなDACで遊んできましたが、一周回って、元に戻ってしまいましたw)




これで鳴らしてみて感じているのは、「HP-A8って、やればまだまだできる子なのね!」って事です。
元々、素性のイイ音を鳴らしてくれるHP-A8です。
文句が無いばかりか、その素性の良いラインアウト信号があったればこそ、真空管アンプで遊んだりもできたわけです。



ただいかんせん、真空管アンプのハムノイズは、耳につかなくなったとは言え、やはり結構な音圧があるんです。
パワーアンプで入力ゲインを-8dBか-10dBに絞ってやらないと、殺せない程度の音圧です。
イヤモニでしばらく外音を遮蔽した後、スピーカーの前で外すと、「エ?こんなにあるの?」と驚くぐらいの音圧です。
そして、小編成でアコースティックな音を背景にしたヴォーカルものなら、真空管を通した方が、音が艶っぽくって楽しめるんですが、音数の多い大編成、特にクラッシックなんかになると、HP-A8から直の方がイイ!
つまり、真空管アンプで音を歪ませて楽しんでいただけ、だったんですね。
そう考えちゃうと、なんか、結構な音圧でハムノイズを鳴らしている意味が、私の中で無くなってきてしまいました。
なんて浮気性なジャイアンでしょう!
ブゥ〜!ブゥ〜!

(24時間通電させていたので、電気代が結構なことに...という事情もあります)
なので、最近は、あれほど手をかけた真空管アンプを通さず、HP-A8から直にパワーアンプをぶら下げて、鳴らしています(オイオイ)。
(その時の気分で真空管アンプ経由にして遊んでます)



だからこそ、MUSES03に、HP-A8ラインアウト信号の音質アップを期待したのです!



目論見は当たったようです!
今までは感じなかった、些細な音表現まで聴けるようになりました。
オケなどは、録音に使ったホールの反響音まで、チャンと聴き取れるように。
Waltz for Debbyを聴くと、ベースの音が生々しい!
(ピアノは録音品質の粗の方がさらに目立っちゃって...ピアノは難しいなぁ)
上から下まで、全域に渡って表現力がアップしたことが分かります。
元来、良い音でしたけど、中庸、悪く言えば凡庸とも言えるラインアウト信号でした。
それが、音源に含まれる情報を、より些細なものまでも、音として吐き出してくれるようになった感じです。
(あくまでも私のあり合わせスピーカーシステムでの話です。ヘッドホンは...関係ないんじゃないかな)



と同時に、「コイツに5,000円ものコストまでかけて手を加える必要ある?」とも感じました。
たぶん、ですが、HP-A8は確かにまだまだできる子なんですが、MUSES03は、さらに、もっともっとできる子のように感じたのです。
コイツには、もっとプレミアムなシステムこそがふさわしい。
そんな感じです。
(つまりHP-A8には分不相応)



HP-A8に搭載のAK4399は、今となっては一世代か二世代前のDACチップですが、それでも十分に良音を吐き出してくれる、今でも十分に通用するスペックも持ったDACチップだと思います。
また、そのAK4399の潜在力を遺憾なく発揮させるために、HP-A8では、本当に丁寧に電源も組まれていますし、信号の引き回し、基板固定用のビスなどなど、あげればキリのない様々な工夫を総合的に勘案すると、今でも価格以上の品質があるんじゃないかと思っています。



しかし、そんなHP-A8内で、AK4399の下流にMUSES03を置くのは、外れではないけど、勿体ないかも、ってのが、私の素直な感想です。
高級オーディオ機器/プロオーディオ機器用オペアンプというMUSES03の謳い文句に、偽りなしって感じですw



とは言え、HP-A8の直下にパワーアンプTOA P-150Dをツインモノでぶら下げて、スピーカー YAMAHA NS-200Mを鳴らしている私には、十分に意味のある投資でした!
(いや、その構成、オカシイでしょ?w)




とまぁ、以上、今までの真空管アンプにかけた手間暇・コストは何だったんだぁ〜!という、本日のエントリーでした!w


あ、このエントリーを参考に、HP-A8に手を加えてトラブルになっても、おりゃ知らんかんね!
あくまでも、私のヒトバシラーな自己満足目的な挑戦の報告であって、HP-A8の改造を薦めるものでは「全く」ありません。
そこんとこ、ヨロシク!




追記
OPA604Aは、HP-A8の電子ボリュームに使用されているMUSES72320用に置かれているオペアンプでした。
MUSES72320出力音の品質は、このオペアンプの性能に準拠するとのこと。
なるほど、MUSES03に換装して音が変わったのは、そういう理由だったのですね。
ということなので、ヘッドホンアンプの出力音の品質にも、確実に影響しているはずです。





ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ



« サトウカズマ > ナツキスバル | トップページ | MoOde3.6とVOLUMIO2.141(見た目は大切) »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

MUSES03の載せ替え(人柱)お疲れ様です。
1回路品なので、どこに使えるかなぁと呑気に見ていたら在庫切れになってました。
その後もずーっと納入無し(秋月)ですね。
それにしても HP-A8に搭載可能なのですね、これはスゴイ有益な情報ですよ。
私の筐体に載せられるよう同じ構成である事を祈りつつ、今後の楽しみになりました。
質問ですがこのオペアンプは、ラインアウトにだけ関係するのでしょうか?
こうなると是非回路図が欲しいところですね。
アニメもすさまじくバリエーションが豊富ですね、凄すぎです。
私は「ガルパン」CSでの一挙放送を繰り返し見て喜んでおります、間に「小林さんちの・・・」を挟みながら。

> ta_syumiさん
アハハハハ、コメントをありがとうございます!
例のコアブリッドBをHP-A8にも詰める時に気づいた事なんです。まさか、そのオペアンプを載せ換える事になるとは、その時は思ってませんでした。ひとえに、真空管アンプのハムノイズのおかげです!w
本文では、控えめに感想を書きましたが(マネされて「壊れた」と言われても困るし)、とても音がグレードアップしました。それが私の好みにそうモノかどうかは別にして、HP-A8に搭載されているAK4399からは、もっと情報量豊かな信号が出ているんだと言うことは実感できました。極々自然にスープアップされた低域が、とても気持ちいいです。他の音に隠れて聴き取れていなかった、微細な高域表現に「オォ!」と驚いてみたり。
しかし、だからそういった音が「プレミアムか?」と聞かれたら、そういうわけでもないんですよねぇ〜w そこはAK4399やHP-A8回路構成の限界なんだと思います。


本気でMUSES03を活かそうと思ったら、本気であらゆるところ見直して、一から開発し直さなければならない。それは本当に高価なオーディオ機器になると思います。また、そういうオーディオ機器こそが、MUSES03を必要とするんでしょうね。HP-A8に必要か?と問われた、私は「イイエ」と答えます。


で、肝心の「この1回路入りのオペアンプはヘッドホンアンプ部にも関係するのか」ですが、たぶんしてないと思います。確かめることは簡単なんですが(電源を入れた状態で足をピンセットの先でツンツンしてやればイイw)やってません(スピーカーではやりましたw)。一応TH900でヘッドホンアンプの音を確かめましたが、一聴した感じでは変化を認められませんでした。ヘッドホンアンプ回路は、MUSES72320から手前の領域に展開されている部分だと思うのですが、その間にはOPA2134がいるわけで、コイツがヘッドホンアンプ部への信号を吐き出しているオペアンプになるのかも知れません。これを取っ払って、ピンソケットに換装。そしてMUSES01でも載っけてみるという手もあるとは思います。が、私はHP-A8をヘッドホンアンプとしては全く使ってないので、その検証と挑戦は、他の方に譲りたいと考える次第です!w


それと、私の機体ではピンソケットでしたが、セカンドロット以降も同じ仕様である保証はありません。技術的に考えれば、ピンソケットを置く意味が無いと考えるからです。

今頃の書き込みですみません、何のお役にも立たない情報になります。
まだ「MUSES03」は入手していませんが、GW中に自分のHP-A8の中をのぞいて見ました。
「MUSES72320」と両脇にソケット化の「OPA604A」は同じ様に鎮座していましたが、近所の「OPA2134PA」は搭載されていませんで、チップ抵抗2個と半固定抵抗1個(違うかも)に置き換えられているようです。
なので「OPA604A」は「MUSES72320」のCH別の出力バッファ用と思いました。
私は秋月の電子ボリュームキットを使用していますが、出力バッファOPアンプを「MUSES01」へ交換してかなり変化しましたので、影響は大きいだろうなぁと勝手に納得しております。
HP-A8でSDカード再生し、アナログアウトをHPA-12へ接続して試聴しているのですが意外(失礼)と良い音なのに驚きました。ジャイアンさんが言われている事の一部を体感できたかもです。
結果としてHP-A8のヘッドホンアンプ部が残念と感じました、高音域に若干の色付けと全体の音の鮮度が削られる気がします。ここはホントに惜しいと思います。
良い機会なので、ラズパイ+SabreBerry32とは違う音色をしばらく楽しんで見ようと思っています。

> ta_syumiさん
毎度のコメントをありがとうございます!
また、貴重な情報をいただけ、感謝です!ta_syumiさんの機体は、いつ頃購入されたものなのですか?
先日もHP-A8の情報をフォステクスで漁っていて、ヘッドホンアンプ部を「オールフルディスクリート」と表現されていることに「?」と思っていたところだったのです。だって、その回路の頭、初段増幅部分に、シッカリチャッカリオペアンプが鎮座しているように見えたんですから。でも、ta_syumiさんのコメントで、現行機体のヘッドホンアンプ部は、本当にオールフルディスクリート構成なんだなと確認できました。
ってことはぁ...オイラの機体のOPA2134PAを引っこ抜いてピンソケット化して、MUSES01に載せ替える遊びができるじゃん!、なんてことを実はずっと思ってたんですよw そぉ〜か〜、初期ロットと現行ロットは回路設計を変えてたんですねねぇ、グフフフフ...コレは遊べる!遊べるぞぉ〜!
HP-A8のヘッドホン出力は、とても素直な良い音だと思ってます。本当にとても素直。悪く言えば最大公約数的な音。ちょっとクセが欲しいなぁ〜と思う人には、物足りなさを感じるでしょうねぇ。かくいう私が、HP-A8のヘッドホンアンプ出力は使ってないんですからw 回路設計には隙がないです。どうやっても接続されたヘッドホンを壊すことだけは絶対にないように、セイフティに組まれてます。出力信号に問題がないことを確認してから、リレースイッチでヘッドホンジャックが回路に接続されるという、念の入れようです。そうした一手間は、他の回路にも言える(内部クロックの切り替えでさえそうです)ところで、もうそこは「さすがフォステクスさん」としか言いようがないですね。


MUSES03は、たぶんラインアンプとして使われているんだろうなぁ〜と、勝手に推測しています。ラインアンプってのがどういう意味なのか、まだ良く分かってないんですけどw
このラインアウトの音を、手持ちのHeadRoom Balanced Ultra Desktop Ampにもぶち込んで、TH900をバランス駆動させてみました。今までならアンプの出力ゲインは「Midium」で良かったんですが、現在のラインアウトの出音では「Low」にせざる得ません。そして、全域に渡って音がうるさい!ボリュームを抑えて鳴らすのが吉という音に変わってます。とても音は良いのですが、やはり大元からの味付けがOPA604Aありきだからでしょうね。HP-A8のネガな部分も、思いっきり増幅してくれちゃっているのかもしれません。

私がHP-A8を購入した日付は、ハッキリしないのですが、2012年の3月か4月ごろだったと思います。ヨドバシ店舗で注文したのですが、納期日未定でしばらく待たされた記憶が有り、地方の店舗に品物が回ってこないとボヤかれたくらいです。
因みにシリアルは「1001395 1C」の機体でした。
ジャイアンさんのこの話題が無ければ、私も手を出していないと思いますし、今もHP-A8 SD再生(アナログアウト) => HPA-12 => ヘッドホン(色々)で聴いているのですが、ラズパイ3+SabreBerry32とは音色傾向が違うので新鮮です。
同じ曲ファイルデータ(WAV)を再生しているのに、全く違う鳴り方をしていて、すごく得をした気分です。
それにしても「MUSES03」の入手が出来ない・・・です。

> ta_syumiさん
貴重な情報をありがとうございます!
お話の通りなら、HP-A8は2012年2月リリースでしたので、ごく初期の製造ロットからOPA2134PAは搭載されなくなった、という事になりますね。
その基盤を見たいと「HP-A8 基盤」など日本語で検索をかけると、ヒットする基盤写真がことごとくココ!w ならばと「HP-A8 circuit」で、やっと目的の写真を見ることができました。ta_syumiさんが書かれたとおり二つのチップ抵抗器、一つの半固定抵抗器らしきものが見えますね!OPA2134PAを外したら、そこには何が見えるんだろう?ますます興味が湧いてきましたw


SabreBerry+でもそうでしたが、SabreBerry32も分析的な音を鳴らしてくれますね。こういう音もいいです。色づけのし甲斐があるように思います。しかし、msBerryDACの音もとても気持ちよい響きで、コレにはコレにしか出せないものがありますです。
それらに比べ、HP-A8のラインアウト音は良くも悪くも素直。加えて、音に厚みや安定感を感じます。この辺はDACチップのキャラクターもあるでしょうが、周辺回路の影響も小さくないだろうと私は思ってます。RPi用のI2S DACには、やはり基盤サイズからくる回路回しや使用パーツの制約はあるでしょうから。例えば、RPiと一緒に使う利便性を考えれば、供給電圧5Vでしょ。そうすると、自ずと基板上で生成できる電源電圧にも制約が。電源耐圧の低い部品を使う事で小型化はできますが、それはもしかしたら、音質とバーターになっちゃう部分であるかもです。そう考えると、HP-A8はまず出力品質にゴールを設けて設計されているでしょうから、そのための電源電圧、そしてその耐圧にみあった部品と、RPi用I2S DACに見られる制約とは無縁の世界だと思うんです。事実、事前にOPA604APの駆動電圧を計測したら、約15Vありました。そうしたことが、音の安定感となって現れているのかなぁ〜、なんて素人ながら考えています。


それにしてもMUSES03の在庫、復活しませんねぇ(^_^; たぶんどこぞのメーカーさんや商社さんとかが、ロットごと品物を抑えてるんでしょう。MUSESの冠を付けて製品を売り出す、絶好の商機ですからね。新日本無線さんは早期に初期投資を回収できそうですねw

すみません。
事前に断りもしないでこちらの内容を自分のブログに使用させて頂いてしまいました。

> ta_syumiさん
どうぞどうぞ、ご自由に利用してください。
楽しい仲間と情報交換をするために起ち上げたブログです。
このような使い方、大歓迎です!


私の方もコメントを落としておきました。
笑ってやってくださいw

基盤に直付けのオペアンプの交換を写真付きで教えてもらえませんか?

> 奏ファン
交換作業の詳細は撮影しておりません。また、当ブログ上で公開している以上の情報を、追加で公開する予定もありません。直付けのオペアンプと言うことですので、OPA2134PAの事だと思いますが、このオペアンプの取り外し、ピンソケット等への載せ替えについては「MUSES01 on HP-A8」で公開している情報が全てです。
老婆心ならが一言添えさせていただきます。お問い合わせいただいた程度の情報や技術、経験を持ち合わせていない人が、HP-A8の分解や、ましてやハンダ付けされたオペアンプの交換など、行うべきではありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576892/65159809

この記事へのトラックバック一覧です: MUSES03 on HP-A8:

« サトウカズマ > ナツキスバル | トップページ | MoOde3.6とVOLUMIO2.141(見た目は大切) »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 音楽
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト