« 同軸なスピーカーケーブル | トップページ | MUSES01 on HP-A8 »

2017年5月 8日 (月)

同軸なラインケーブル

そう言えば、VOLUMIO2が2.163にバージョンアップしてますね!





Volumio2_01





バグフィクスも含まれますが、今回のバージョンアップのホシは、何と言ってもダイレクトDSD再生のサポートではないでしょうか。
(I2SなDACには関係のない仕様です)





Volumio2_02






私の手持ちにも、DSD再生ができるフォステクスのHP-A8があるので、さっそく試してみましたが...





Volumio2_03





やはりDoPでなければ、DSD再生はできませんでしたとさ^_^;
まぁ、それで何の問題もない(そもそもDSD音源も少ししか持ってない)。
VOLUMIO2がサポートしたダイレクトDSD再生については、コチラに詳しいです。
基本、XMOSを搭載したUSB DACが対象の機能になるようです。
また、CPUパワーもそれなりに必要なようです。
ま、私は試せないんですがw
(もしかしてnano iDSDで使える?でも壊しちゃったからなぁ...)




VOLUMIO2のSystem Pannelからバージョンアップを行いました。
SabreBerry32なドライバーを再インストールする必要は生じませんでした。
SabreBerry32がMasterモードでも、Airplayストリーミングで再生できることも確認しました。



しかし、残念なことが一つ。



My Music Panelを見たら...





Volumio2_04






明らかに少ない!
イヤ、少なすぎるだろ!

アルバムが67枚分とか、何の冗談だい?
確か2千曲やそこらは入れてたよね?



で、BrowsからMusic Libraryを開いていって、分かってしまいました。



AIFFのメタデータが認識されてない...





Volumio2_05_2






VOLUMIO2よ、お前もか?
Moode OSに引き続いてのAIFFのタグ情報が認識されない問題です。
コレ、双方に搭載されているMPD (Music Player Daemon閣下)に潜在している、どうもバグのようです。
Moodeの中の人も、4月には関連フォーラムで問題を提起してました。
(今ごろ気づいたw)
ウ〜ム、しばらくはこの問題、続く、だな...





というRPiな話題から入った本日ですが、AbemaTVで「傷物語」を視聴していて、更新が遅くなったジャイアンですw




今日、というか昨日、「モノさえあれば確実に安いサウンドハウスさん」から、RCAとフォンプラグのジャックが届きました。
(西日本の物流センターを徳島の阿南市に置いているようです。日本の音楽産業を裏側から支えている企業ですからねぇ、流通品目と言い、出荷スピードといい「サスガだな」と毎回思わされてます)





Linecable_01



Linecable_02






もちろん、先日入手した同軸ケーブルで、HP-A8とP-150Dを繋ぐためのラインケーブルを作るのです!






Coaxialcable_02






しかしこのケーブル、外径が7.7ミリと、とても太い!
RCAプラグは7.4ミリまで対応しているようなので、ムリクリ収めることは可能かも。
(見た目がアレになっちゃうんですが)
しかし、このノイトリのフォンプラグに、加工なしにはこのケーブルを収めることができません!





なので、あらかじめコイツの尻を切り取ったり...





Linecable_03






ケーブルをかしめる内部部品を、カットしたり削ったり...





Linecable_04






特に削る作業に、かなり時間がかかってしまいました。




で、できあがったのが、コチラ。






Linecable_06






RCAプラグが完全に締め込めなかったのと、プラグ外皮に傷を入れてしまったのがアレですが、ケーブルをガッチリ噛み込んでくれているので、イイ!
(内部のケーブルをかしめるパーツを削れば、キレイに入るんですけど、削るのがメンドイ!人に見せる訳でもないので、見た目は二の次です)
ハンダは銀入り、鉛フリーなヤツを。




で、せっかくBELDEN 88760で作ったP-150D用ラインケーブルを撤去!





Linecable_05






この線材の音、好きなんです。
モガミのマイクケーブルなんかと比べても、とても素直なんだけど、ちょっとキラキラ感のある音を聞かせてくれます。
そのクセを分かって使えばオモシロイじゃん!と思って、愛用してました。
だって、元来のHP-A8のラインアウト音は、素直過ぎるぐらい素直なんですもん。
(そこにクセのないモガミを使ってもねぇ)
そして、何てったってお安い!
(だからまとめ買いしておいた)
欠点は、細いくせに、取り回し性があまりよろしくないところですね。




それを、敢えて撤去しての、銅単線のラインケーブルですw




今日、ずっと鳴らしてたんですが、まぁ変わりましたね!
昨日はスピーカーケーブルに、このラインを使ったわけですが、それで出てきた音の特徴が、そのまま強化された感じです。



低域はさらにタイトに、かつスピード感や、床を這うような響きが強まりました。
「同軸ケーブルを使うと高域が減衰するんじゃ?」と心配の向きもあるようですが、コイツの音を聞いている限りでは、高域が聞こえなくなたって感じはありません。
確かにベルデンのケーブルを使っていた時よりは、感じ取れる高域の量感自体は減っています。
しかしその時の音は、高域以外の音がチャンと出ていない、ハイ上がりな、バランスの悪い音だったんだなと、この音を聞いた後ならば言えます。
だから、高域の量感が減ったのではなくて、他の帯域の(たぶん全ての帯域に渡って)情報量が増えたんだろうなぁ〜と考えてます。



とっても分かりやすいのは、ヴォーカルもの。



ヴォーカルがセンターに「ビシ!」と定位して聞こえます。
伴奏音が、全くヴォーカルの邪魔をしません。
逆に、チャンとヴォーカルを引き立てるように、音が設計されていることを聴き取れます。
音場が広がって、スピーカの奥からも、両脇からも、伴奏音が聞こえてきます。
その手前で、ヴォーカルが歌ってる。
スピーカーから聞こえてくるんじゃなくて、そこで音が鳴っているように聞こえる。
そのように聞こえるように作ってあるのだから、そんなのは当たり前なのに、その当たり前が、なかなかできないんですよねぇ。
それが、こんなあり合わせシステムでねぇ...と、感慨しきりですw
(かけた手間暇は相当なものですが、かかったコストは本当にたかが知れてるシステムですよw)
音量を上げて鳴らすと、まぁ気持ちいい!



もちろん、音源によるんですけどねw



無理して鳴っている感じがしない。
チャンとした音源なら、音量を上げても、全くうるさく感じません。
(そうでない音源は聴きませんけど)
バランスの取れた出音ってのは、こういうのを言うんだなぁ〜と、また認識を改めさせられました。
あんまり気持ちが良いので、いつの間にか椅子の上で寝入ってしまってましたw
(今思えば、これまではどこかバランスの悪い音で、悦に入っていたのかなぁ)



このシステムで、配信アニメなんか観たら、笑っちゃうぐらい音に感覚を持っていかれたりしますw
音響設計の人が、本当にイイ仕事をしてるんだなってことが聴き取れたりすると、映像よりも、ついついそっちの方に神経がいっちゃうんですよね。




頭のHP-A8の電源を落とすと、両スピーカーからは、若干のノイズ音が出てきているのが、耳を近づければ分かります。
(P-150DとHP-A8間のラインが、ノイズを拾うアンテナになってます。電源を入れて内部のリレースイッチが入った途端に消えるんですけどね)
左よりも右の方が、若干、ノイズ音のレベルが高いです。
理由は、右スピーカーの上方に置かれているWi-Fi親機でしょう。
(だからといって、今さらWi-Fiのない生活には戻れねぇ...)



その電源OFF時のノイズ音も、ラインを変えて性質がガラッと変わりました。



ベルデンを使っている時のノイズ音は「ブチブチ」って感じの、色んなノイズが混じった感じの濁った音。
それが、この同軸ケーブルに変えてからは「サー」って感じの音。
特に左からは、ほっとんど聞こえなくなりました。
右だけは、やっぱりダメですねw
オーディオにWi-Fiのような高周波ノイズを撒き散らすデバイスは、禁忌なんですねぇ...
なのに、iPhoneからAirplayストリーミングで再生させてみたりとか、何をしてるんだかw



今月は色々と出費がかさむので、オーディオには金をつぎ込まないぞ!と決めてたのに...
目の前にケーブルをぶら下げられた途端に、あっさりと節を曲げてしまったジャイアンでしたorz




気持ちよくなったから、イイっか!





ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ



« 同軸なスピーカーケーブル | トップページ | MUSES01 on HP-A8 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576892/65250538

この記事へのトラックバック一覧です: 同軸なラインケーブル:

« 同軸なスピーカーケーブル | トップページ | MUSES01 on HP-A8 »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 音楽
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト