« Terra-Berry DAC2にシリアル接続 | トップページ | トラウマを乗り越えたら作法が待っていた話 »

2017年11月 4日 (土)

苦ロックレース

先日、シリアルポートからTerra-Berry DAC2の設定をいじれるようになった私。
本日、Terra-Berry DAC2のアナログアウトに、直接パワーアンプをぶら下げてスピーカーを鳴らすという暴挙に出ました。
そのアンプとは、あのアンプです。





Toa_p150d_01





まごう事なき業務用パワーアンプ、TOA P-150D改です。
電源を落とすと最低でも三時間、普通に三日間は拗ねるので、電源を落とせないという問題児(しかも二台。電気代約100円/1日)
あのApple Musicよりも金を喰うという、電力会社の回し者のような課金アンプですw



Terra-Berry DAC2は、ミュートの“0”から“255”まで、0.5dBステップ、256段階でハードウェアボリュームをかけられます。
(AK4490内部でDACの前段に置かれてる機能。なのでもしかするとビット落ちとかあるかも。AK4137で768kHz/32bitとかまでアップサンプリングされて渡されているので、心配いらないのだと思う。実際聴いた音にも劣化はまったく感じなかった)
(SabreBerry32のそれとは違う機能です。SB32のそれはDAC内蔵ヘッドホンアンプのボリュームです)
で、我が家の問題児アンプはとてつもなくパワーがあるので(ありすぎるので)、164までデジタルアッテネータを絞らなければなりませんでした。
(つまり91段下げたってこと)
-0.5dB x 91 = -45.5dBですね。(HP-A8で絞るときと値はだいたい同じ)
昼間だったから、これぐらいで済んでます。
(夜は50dB以上絞らないとご近所の耳が怖い)
で、91段も下げたということは、90回も“.att- + enter”と手入力してるわけです。
やっといじれるようになったというのに、まったく現実的な方法ではないということがよく分かったという結果になりました(@@;)




でもそれは、事前に予想がついていた結果です。
実は、それよりも知りたかったことがあります。
それは、HP-A8経由で馴らす音と、問題児アンプ直結の音で、どれだけ音質差が生じているのか、でした。




結果を細々と書くまでもなく、明らかに直結の方がイイです!
ラインケーブル一本で音が変わるのがオーディオです。
その間に回路が挟まれば、音に影響が出ない方がオカシイ。
問題は、それが許容できる差なのか?です。
音質も大切ですが、使い勝手も大切。
良い音を聴くために、苦痛が伴うのでは、本当に楽しむことはできませんもん。




私の判断は、この差は十分に許容範囲!
音質傾向がまったく変わっていないことも確認できました。
つまり、HP-A8のアナログ入力や電子ボリュームでの無意味な色づけが、私の中の最低限度を下回ってる。
HP-A8を改造しておいて良かったですw
(壊さなくて本当に良かったよ)
(煩いことを言えば違うし、直結の音で楽しめるなら楽しみたい。しかし現在の住環境で、そこまで音を突き詰めることにどれだけ意味がある?と自問すると、ほぼ無意味だなと思えるのです)



さて本題。





私なんかとブログ友でいてくださる、とてもありがたい方々がおられます。
その中に、ta_syumiさんと言う、いつの間にかHP-A8を改造し、Terra-Berry DAC2を購入し、symphonic-mpdを使っていらっしゃる方がいます。



アレ?
何か既視感と親近感を覚える話w



このta_syumiさん、symphonic-mpdを走らせているRPi3を1550で安定駆動させていらっしゃいます!
そのRPi3が日本製なのです!
(やはりクーリングファン置いて風を当てています)



皆さまもよくご存じの通り、こんな事実を知って、色めき立たない訳がないジャイアンなのでございます!




だから、ドン!




Freq_race_01

Freq_race_02






今度こそ、まごう事なき日本製です!





Freq_race_03

(いい加減にしろの3台目)




上が今回買った日本製。
下が前回届いたUK製。





Freq_race_04




Freq_race_05






裏も同様に...






Freq_race_06




Freq_race_07






どちらもRev.1.2です。
製造国が違うので、使われている部品のロットは違う。
私がしげしげと観察して、分かった違いはそれ位。
これが、最初に購入したメードインチャイナなElement14だと、違いも分かったかもしれません。
(ただいまHiFiBerry Digi+ Proの座布団になっています)




で、トーゼン、私もオーバー1500を目指しますので(UK製では起動すらしなかった)、ここでやっと放熱対策のために購入したアレを登場させられます!





Freq_race_08






放熱フィルム、クーススタッフです!



コイツを半分の25mm x 50mmにカットしまして、こうしてやりました。





Freq_race_09





例のアルミケースに収めますので、CPUの熱がケースに逃げやすいよう、ケースに接する部分の粘着シート側を折り返してあります。
その時分かったのですが、コイツの表面を被っている樹脂の層は、とても剥がれやすい。(裏は粘着層)
剥がれたところは導電性がありますから、使う場所によっては気をつけなきゃいけないですね。




ちなみに、ケースから引きずり出されたTerra-Berry DAC2は、現在、このようになっています。





Freq_race_10






まるでイカを捌いた時のような絵面ですねw
LEDが断線しそうだったのでこうしたのですが、今回の作業で、結局片方断線!(T_T)
もっと丁寧に作業しようよ!



で、いきなり1500で起動させてみました。





Freq_race_11





起動する!
音も出る!




気をよくして、1510にチャレンジ!





Freq_race_12





今度も音が出る!
しかし、こうやってDashboardを表示させたり引っ込めたりしていたら、無限リピート再生に陥りました。
フリーズですねw



1500に落としても、音楽再生中に他の作業をすると、無限リピート再生!
1490でも、同じく。



結果、現在は...






Freq_race_14






1480で稼働中です。
(結果20kHzだけ向上。個体差ってあるんですねぇ)
(オフィシャルな使い方とはまったく違います。マネして壊れても私は知らない)

今のところ、問題ナシ。
これでしばらく様子を見ます。
さらば、1550駆動の夢よ!





問題のクールスタッフ効果ですが、2℃くらいはいつもより低いかなって感じです。
(プラシーボ程度の効果ッス)
今は43.5℃。
下からクーリングファンで、常時、風を当てていますからね。
そもそもこんな使い方なら、クールスタッフなくても大丈夫なんですよねw
(それよりもクールスタッフに電磁波を遮ってくれる効果を期待できないかな、なんて思ってるんですが)
もうこれは、来年の夏対策ですねw
(ちな、RPi4の登場は来年ではないだろうという観測ニュースが流れてました。エェ、そうあって欲しい!)




最後に、symphonic-mpdだからできるこんな芸当ですが、そのsymphonic-mpdが新WebUIのお試し期間に入っています(11/5まで)





Symphonicmpd_01




Symphonicmpd_02







私のマキマキな再生内容は無視して頂いて、実用一点張りで色気も素っ気もなかった従来のUIから、大変身を遂げようとしています。
今回、スマホやタブレットでは、フリック操作で画面切り替え可能。
パパリウスさん、意欲的です!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ



« Terra-Berry DAC2にシリアル接続 | トップページ | トラウマを乗り越えたら作法が待っていた話 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

日本製Pi3を入手されて、arm_freq= 1500の起動できましたね。さすが日本製は良いです。
私のPi3ですが現在でも arm_freq= 1550 で稼働はしていますが、symphonic-mpd の新Web UI へチェンジしたタイミングから、連続再生2〜3時間で無限ループが発生する事があります。同じタイミングで気温も +5℃ ほど高い日だった事も有り原因は分かりません。どーもDashboardのTemparatureが33℃を超えてくると、無限ループになってしまう気がしてます。
なのでこちらでも使用されているクールスタッフに期待していたのですが、特効薬とまでは行かない様なので1550での稼働時は、ケースに入れるのは無理かも知れませんね (笑)
ジャイアンさんのPi3個体も、Temparatureを32℃台を可能にできれば1550で回す事ができるかもです。根拠は全く無いですので責任は持てませんが・・・。

> ta_syumiさん
いつもコメントをありがとうございます!


30℃台の運用!!それはさすがに、ケースに入れてでは無理がありますね。symphonic-mpdはCPU Tempのリミットを70℃に設定してあったと記憶してます。今も、かなり風通しのいいケースで例のデジタルトランスポーターを動かしていますが、やはり40℃台前半。クーリングファンを活用しても、ケーシングした上での1500以上安定運用は無理のようですね。そう考えると、この状態で1480で動いていること自体、実によくできたお話なんだなと思えてきました。
とは言いつつ、実は今朝、1回だけフリーズしましたw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576892/65999844

この記事へのトラックバック一覧です: 苦ロックレース:

« Terra-Berry DAC2にシリアル接続 | トップページ | トラウマを乗り越えたら作法が待っていた話 »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト