« 二段重ね | トップページ | symphonic-mpd & SabreBerry32ユーザーのためのLinux中級講座 »

2017年12月 9日 (土)

ジャイアンは他力本願

先日、こんなものまで用意して...





Connection_05






SabreBerry32をコイツに載せた私ですが...





Connection_07_2







どぉ〜しても出音が気に入らなくて、今日もチョコッとだけ工作してみたジャイアンです。
同時に工作した別の機体が、期待以上の変化を見せてくれたものですから、どうにかコイツにももっと頑張ってもらいたいと思ってしまったのです。







Raspberry Piに使用しているアルミケースですが、コイツは表面に塗膜があります。
その塗膜の一部をガリガリと剥がし...





Earthing_01




Earthing_03






銅箔テープをくるっと丸めたものを載せ...





Earthing_02




Earthing_04






アルミケース自体がRaspberry PiのGNDに落ちるようにしてみたのです。





Earthing_05






電磁波対策になるかなぁ〜と期待したのですが、結果、すこぉ〜し良くなったかなぁ〜のプラシーボ程度の効果しか感じなくて、悔しい思いをしたんです。
(SabreBerry32を収めてるケース内にもコアブリッドBを詰めてみたりと、小細工を施した。ココで買っておいたストックを利用)





コレはもう、せっかく苦労して改造したHP-A8だけども、やはりこの辺がコイツのアナログ入力部の限界なんだろうなぁ...などと思ってしまったのです。
だってさ、HP-A8のアナログ入力部にはオペアンプが鎮座していらっしゃるわけです。
それをMUSES03に置き換えたんだけどもさ、やはりどうしたって音質が影響を受けるのは避けられないんじゃね?と考えたのですよ。
で、私の環境で、今以上の音質をSabreBerry32に求めるなら、もうココを通しちゃダメなんじゃね?って。
(使い勝手は最高なんですけどねぇ...)
(ウ〜、使い勝手のいいプリアンプかプリメインアンプが欲しい...)




で、私にとっては初めてのことなんですが、SabreBerry32のハードウェアボリュームを使って、直接パワーアンプに音を出してみました。
詳しい設定方法は、symphonic-mpd



Web UIからボリューム操作をしたい


に詳しい説明があるんだけども、SabreBerry32の場合はmixer_type "none"を


"hardware"


に書き換えことに加えて、audio_outputセクションに


mixer_control "Digital"


の一行も書き加える一手間が必要。




SabreBerry32に搭載されているSABRE9018Q2Cには、32bitハードウェアボリュームが内蔵されている。
ソイツを始めて使ってみて、改めて、HP-A8のアナログ入力を使う場合は、何かしらの音質変化は避けられないんだなと痛感しました(@@;)
だって、ダイレクトにパワーアンプに出したらスンゲェ〜良い音なんだもん!




ちなみに、symphonic-mpdでボリューム操作を有効にすると、UIではこのようになります。





Sb32_volume_01_2




Sb32_volume_02


(上はPC、下はスマホ。スライドバーの左右をクリック・タップすることで1%刻みのUP/DOWN)




で、私はこの後、罠にはまるw
(もうこの流れはお約束ですねw)



実は今、チョット昔に戻って、手持ちの真空管アンプをプリアンプとして使い始めてます。
(やはり音質の変化は避けられないのだけども、HP-A8のアナログ入力部を通したときのような、一枚ベールが被ったような変化にはならない)
(真空管ヘッドホンアンプの入力セレクターを使うため。HP-A8も、Digi+ ProとMac Proからの音を出すために必要ですから)
ぶら下がっているパワーアンプがパワーアンプなので、ボリュームをあまり開けられないのと、チョットだけ、ホントに低レベルなのだけどハムノイズが載る。
(周囲に生活音があると気づけない程度)
そのアンプを通してSabreBerry32の音を出すために、せっかく書き換えた“/etc/mpd.conf”の内容を元に戻した。
そう、ただ元に戻しただけ。
(内蔵デジタルボリュームで絞ってから出すという手もあるんだけどねw 実際、コレを書いてる今はそうしてる)



その後、mpdを再起動させても、symphonic-mpdをシャットダウンさせて一旦電源を落としても、SabreBerry32の出音のレベルが低いままという状態になって、私、プチパニックw



結論を書けば、このボリュームを...





Sb32_volume_01






100%に戻してから、“/etc/mpd.conf”の内容を元に戻すべきだったようです。
設定内容を元に戻す前に、ボリュームも元に(100%に)戻しておく必要があったようなのです。
(そういうものなの?)




で、思った。
こういう作業こそ、symphonic-mpdに実装されたプラグイン機能で解決させるべきじゃん!って。
しかし、しかし...私にそのスキルはない!



なのでどなたか、SabreBerry32のデジタルボリューム機能ON/OFFのプラグインを作ってくださいませんでしょうか?<(_ _)>
(スピーカー鳴らすときは“ON”にして、ヘッドホン使う時は“OFF”にしたいという、私の得にしかならない理由です)






ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ



« 二段重ね | トップページ | symphonic-mpd & SabreBerry32ユーザーのためのLinux中級講座 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

#!/bin/bash

target_mpd=/etc/mpd.conf

if [ "`grep '^mixer_type \"none\"' $target_mpd`" = "" ]; then
mpc stop
mpc volume 100
sed -i -e "s/^mixer_type \"hardware\"/mixer_type \"none\"/" $target_mpd
sed -i -e "s/mixer_control \"Digital\"/\#mixer_control \"Digital\"/" $target_mpd
else
sed -i -e "s/^mixer_type \"none\"/mixer_type \"hardware\"/" $target_mpd
sed -i -e "s/\#mixer_control \"Digital\"/mixer_control \"Digital\"/" $target_mpd
fi

systemctl restart mpd

exit $?

上に書いたシェルを
/home/pi/plugins/sb32vol_toggle.sh
として保存し、
chmod + x /home/pi/plugins/sb32vol_toggle.sh
で実行権限をつけてください。

プラグイン定義
{
"menu" :"Soft⇄Hard",
"active" :"yes",
"icon" :"volume-up",
"form" :"",
"command":"/home/pi/plugins/sb32vol_toggle.sh",
"output" :"",
"success":"success!",
"error" :"error!"
} ,

バグってたら教えてください!

事前にmpd.confに
mixer_control "Digital"
の行は追加しておいてください。コメントアウトしていても大丈夫です。

noneの時に実行すると、
mixer_typeをhardwareに変更してmixer_control "Digital"の行のコメントを外し、mpdを再起動します。

hardwareの時に実行すると、
再生を停止してボリュームを100%に変更し、mixer_typeをnoneに変更してmixer_controlをコメントアウトしてmpdを再起動します。

面白そうなお題だったのでプラグインを作ってみましたが、
sabreberry32のデジタルボリュームはvolume 100%ならビットパーフェクトですので、
常時hardwareボリュームを有効にしていても問題ないかなと思います。

プラグイン定義の
menu" :"Soft⇄Hard",

menu" :"None⇄Hard",
ですね。

> パパリウスさん
本当に本当にホントォ〜にありがとうございます!
笑点じゃあるまいし、「オモシロイだろう」とお題を出したつもりではなかったのですが、パパリウスさんの手にかかると、こうも素早く回答が返ってくるんですね...まさか翌日のお昼までに(つまり12時間以内に)情報が寄せられるとは思ってもいませんでした!(他のsymphonic-mpdユーザーから『開発者の手を煩わせやがって』とお叱りを受けそうです...)
感服すると共に、重ねて御礼申し上げます。


記述の内容で、チャンと動きました。一点だけ
chmod + x /home/pi/plugins/sb32vol_toggle.sh

chmod +x /home/pi/plugins/sb32vol_toggle.sh
である必要がある点は、チョット調べて自力で修正しました。
私にとっても、とても美味しいネタをいただいたようなものです。コレでエントリーを一本書ける!w


パパリウスさんが仰るとおり、Hardware Volumeを有効にした状態のままで大丈夫じゃないか!と、私も昨晩、床につく前に気づきました。目が覚めてから追記をすればイイヤと思って、目が覚めたら、パパリウスさんのコメントです!二度ビックリです。
そもそもDAC内部でアップコンバートされたデータに対しての32bitデジタルボリュームですので、通常の使い方なら、ボリュームを絞ってもビット落ちは起きないハズなんです。確か、理屈ではそうなるはず。Terra-Berry DACのデジタルアッテネータも同様の理屈で、よほど絞らないとビット落ちは発生しないとサポートの方が教えてくださいました。その内容は、下記に追記で載せてあります。


http://mark-create.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-dffa.html


私は基本、二台のI2S DACのいずれかを使っているんですが、その二台を一枚のSDカードで運用しているのが、こうしたプラグイン機能を必要とした本当の理由です。説明がメンドイので、本文ではその辺の事情を思いっきり端折りました。SDカードは他にもあるんですから、それを使えばいいんですが、バージョンアップの度に三枚のSDカード(他にI2S DDCがありますから...)にアプデをかけるのが面倒で、こんな特殊な事情が発生しています。ちなみに、config.txtでは


# I2S DAC
#dtoverlay=hifiberry-dac
dtoverlay=sabreberry32
#dtoverlay=hifiberry-dacplus


と、三種類のドライバを並べて、即座に切り替えられるようにしてあります。
ア、いけね、また変なことを思いついちゃった。この設定を切り替えられるプラグインがあれば...ま、コレぐらいの手間は手間の内に入りませんから、本気に取らないでくださいね。メニューがプラグインでパンクしちゃいますからw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576892/66137441

この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアンは他力本願:

« 二段重ね | トップページ | symphonic-mpd & SabreBerry32ユーザーのためのLinux中級講座 »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト