« 今度はYAMAHAなアンプ | トップページ | ナ(イ)スなストレージ »

2019年6月 1日 (土)

SB32+PRO DoPがやって来た!

昨日、残り少なくなってきた頭髪を刈りに行ってきたら「次はどのアンプにする?」と先輩(床屋さん)に言われたジャイアンです!
あの先輩は、私の家をアンプだらけにするつもりなのでしょうか?
しきりに「スピーカーぐらい作ろうよ。工具は全部揃ってるよ」と焚きつけてくるし...

 

先日、YAMAHA DSP-AX540を動くようにしたわけですが...

 

Dspax540_01_1

 

コイツのおかげで、ズッと遊ばせてきたサブウーファーにもやっと出番が。

 

サブウーファー使うって邪道じゃん!

 

と、今までは心のどこかで思ってきた私ですが、何の何の。
少しばかりですが鳴らしてみたら、低域の繋がりがスムーズになり、中高域もよりキレイにハッキリと聞こえるようになりました。
サブウーファーって、低域を強化するためだけにあるんじゃないんですね!

 

ついでに、劇場版エヴァンゲリオンの破とQを再生させてみたら、効果音などがとんでもないことになって、今まで私は何を聴いてきてたのだろうと思ってしまったジャイアンです。
多チャンネルもオモシロそうですね!

 

 

そんな私のもとに、つい先日、こんな玉手箱が届きました...

 

Sb32pro_dop_01

 

中には...

 

 

Sb32pro_dop_02

 

アノ...

 

Sb32pro_dop_03

 

SB32+PRO DoPが鎮座されてます。

 

Sb32pro_dop_04

 

 

購入した訳ではなく、R&D Clubの貸出機です!
たかじんさんがR&D Clubに寄贈してくださった基盤を、Clubメンバーに貸し出すサービスが始まっています。
その栄えある第一号に名乗りを上げさせていただきました。

 

名乗りを上げた主な理由は2つ。

1.当面購入する予定はないが音は聴いてみたい
2.誰かが電気工作をする必要がある

ちょうど遊ばせていた端子もあったので、だったら私がRCA端子を付けようかなと、手を挙げさせていただきました。
コレです...

 

Sb32pro_dop_05

 

SabreBerry+に付けてたんですが、もう本当にこのI2S DACの出番がなくなってきたものですから、端子だけでも延命させて、R&D Clubに寄与させようという算段です。

この端子、一応たかじんさん推奨のブツなのですが、「音が出ればイイ」ぐらいの抵当なハンダ付けをしてたので、先ずはそれを手直しして、SB32+PRO DoPに移植...

 

Sb32pro_dop_06

 

そして、手持ちRPi3Bに載せる...

 

Sb32pro_dop_07

 

貸出機なので、抵抗を一ヵ所取っ払って、電源をRPi3と別にするなどという工作はできない。
だったら、ゲタを履かせたらできるかな?と思ったけど...

 

Sb32pro_dop_08

 

これではムリでしたトホホホホ...

 

それでも、その音は大変に素晴らしく、これがHATサイズの基盤から出てくる音か?!と、かなりビックリさせられました。

比較対象にSaberBerry32を引っ張り出して、鳴らし比べてみたのですが...

 

Sabreberry32_01

 

見た目はアレですが、SabreBerry32です💦

 

Sabreberry32_02

 

コチラはRPiとは別電源。

 

SabreBerry32も素晴らしい音をたててくれるんですが、音の完成度という意味で、私の手持ち機材の中ではHiFiBerry Digi+ Pro → HP-A8の方が勝るという位置づけでした。
Terra-Berry DAC2もイイ仕事をしてくれるのですが、音の傾向は当然のように、同じくAKMのDACチップを載せるHP-A8と同様。
だったらHiFiBerry Digi+ Pro → HP-A8でイイじゃん。
そして、音を変えたくなったらmsBerryDACを鳴らせばイイじゃん、というのが最近の私の環境でした。

 

Msberrydac

 

msBerryDACにはゲタを履かせ、5Vだけでなく、3.3Vも外部のリニア電源から供給しています。
この3.3Vも外から入れるという最後の一手間が、msBerryDACをしゃぶり尽くすのに、大いに貢献してくれてます。

 

で、本題のSB32+PRO DoPですが、コイツの音を聴くまで、私は「SabreBerry32のDACチップを替えて、更にはPCM5122をエミュレートさせてHiFiBerryDAC+ Pro互換仕様にしただけでしょ(電源の仕様は相当気になってましたが)」ぐらいに思っていたのです。

 

届いてから数日間、エージング。
今日、改めてしっかり聴き込んだのです。

 

で、上に書いたように「これがHATサイズ基盤から出てくる音か?!」と、腰を抜かすことになったのです!

 

音の安定感がヤバイです!
全域に渡り、とてもリッチな響きを持ってます。
この音を聴いた後でSabreBerry32を鳴らすと、敢えて非常に誇張した表現をすると、トタン板を叩いたような音に聞こえます。
あれだけ「コレイイよなぁ〜」と思っていた音が、SB32+PR DoPを聴いた後だと、スカッスカな音に聞こえる。
(もう一度書きますが、敢えて誇張して表現してます。それぐらい驚いているんです)
SabreBerry32は、とてもイイ音を聴かせてくれるDACなんですよ!
コスパを考えても、非常に優秀なんです。
(電源関連の追加出費を考慮してもです)
それがSB32+PRO DoPによって、いとも簡単に追い抜かれてしまった...
そんな音がこのコストで手に入るって、これはちょっとした事件です。

 

今やRaspberry Pi用のI2S DAC/DDCは、特にインドや中国を中心にとんでもない種類が出てきてますが、ここまで徹底して電源品質にこだわり抜いたI2S DACはないですよね。
ホント、日本でオーディオ趣味もってて良かったぁ〜!と実感させられたジャイアンでした。

 

 

あ、そうそう、蛇足ですが、先日紹介したiPod classic 160GBですが...

 

Nas_ipod_04_1

 

コイツをストレージにすると、すこぶる音が良いです!
音の硬さが取れて、とても気持ちよく鳴ってくれます。
SB32+PRO DoPは、もっぱらこのiPodをNASストレージにして鳴らしています。
たぶんこんなiPodの使い方をしてる人、他にはいないよね?💨

« 今度はYAMAHAなアンプ | トップページ | ナ(イ)スなストレージ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度はYAMAHAなアンプ | トップページ | ナ(イ)スなストレージ »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト