« 負荷過渡応答性能 | トップページ | フィルター(前編) »

2019年7月26日 (金)

symphonic-mpdユーザーのためのLinux Tips(任意の文字列をWebUIに表示)

7/15に、symphonic-mpdの掲示板でおもしろい情報が公開されました。

 

複数のI2Sカードを使っている人にはアルアルなのですが、WebUIを見ただけでは一見してどの機体を動かしているのか分からなくなっちゃうんですね。
特に私のように2台同時に走らせたりしていると😃

 

そこで開発者さんが、任意の文字列(例えばI2Sカードのモデル名とか)をWebUIに表示させる方法を公開して下さいました。

 

実際に自分でやってみて、この辺が初心者の落とし穴だなぁと思う所もあったので、図を交えて説明を試みたいと思います。

 

 

この方法、うまくいくと、例えばこのようになります。

 

Script_05

 

エ?
よく分からない?
ココですよ、ココ!

 

Script_11

 

エェ、ジャイアンはアニソンばかり聴いていて...

 

じゃなくて、画面上部のタイトルに“msBerryDAC”と表示されていることにご注意を。
これ、どうやるのかを、具体的に説明していきたいと思います。

 

先ずプラグイン機能を編集するので、これを叩きましょう。

 

 nano /home/pi/plugins/.plugin.json 

 

で、ファイルの末尾にコレを入れます。

 

  {
    "menu" :"<script>$.getScript('/plugins/user.js');</script>",
    "active" :"yes",
    "icon" :"",
    "success":"",
    "error" :""
 }

 

Script_01

 

簡単に1行目を説明を試みると、同じ“plugins”ディレクトリに“user.js”というJavaスクリプトのファイルがあるから、そいつを読み込んで実行、ぐらいの意味だと思います。

この時、上のスクリプトと区切るために、必ずカンマを入れるのを忘れないで下さい。

 

Script_02

 

編集が終わったところで、“ctrl”キーと“o”キーを叩き、画面下部に“File Name to Writ: home/pi/plugins/.plugin.json”と聞いてくるので、“enter”キーを叩きます。
ついで“ctrl”キーと“x”キーを叩いて、一旦nanoから抜けます。

 

次に、/home/pi/plugins/user.js ファイルを新規作成するのですが、それはコレを叩けば大丈夫。

 

 nano /home/pi/plugins/user.js 

 

ブランクのウィンドウが開きます。
そこに、コイツをコピー・ペーストしてやって下さい。

 

/* hide menu icon */
$('.glyphicon-').parent().hide().parent().prev().hide();

/* your script */
$('.navbar-brand').append(' norinori');

 

そして、4行目の“norinori”を自分のお好みの文字列に入れ替えて下さい。

 

Script_03

 

私はI2Sカードのモデル名を入れました。
この機体はmsBerryDACだったので...

 

Script_04

 

こうなりました。

 

この時に、文字列の頭、一文字目はスペースを入れましょう。

 

Script_06

 

スペースを入れずに、こういう入力をすると...

 

Script_07

 

WebUIの表示が、こうなっちゃいます。

 

Script_08

 

symphonic-mpdと入力した文字列が繋がっちゃうんですね💦

 

最後に注意点ですが、2行目には手をつけないで下さい。

 

Script_09

 

先にプラグイン機能を編集しましたが、この2行目の記述は、プラグインにこの項目を表示させないための記述です。
この記述があるから、プラグイン機能を編集したにもかかわらず、プラグインのプルダウンメニューにはそれらしい項目が現れないんですね。

 

Script_10

 

編集が終わったところで、“ctrl”キーと“o”キーを叩き、画面下部に“File Name to Writ: home/pi/plugins/user.js”と聞いてくるので、“enter”キーを叩きます。
ついで“ctrl”キーと“x”キーを叩いて、nanoから抜けます。

 

手続きは以上です。

 

単機で使っている人でも、自分のシステムに名前がつけば、より楽しくなるかも。
遊び心のある機能だと思います。

 

追記(7/29)

 

開発者さんも仰っているように、“home/pi/plugins/user.js”には文字列だけでなく、任意のCSS(カスーディング・スタイル・シート)やJavaスクリプトを置くこともできます。

ジャイアンにJavaを操るスキルはないので、代わりに簡単なタグをおいた例をご紹介したいと思います。

 

こうです!

 

Script_12

 

エ?
分からない?
こうしてるんです!

 

Script_13

 

文字列の前後に...

 

 <b> </b> 

 

を置いただけです。
これで文字が太字になります。
例えばこのように...

 

Script_14

 

ネ、見栄えがいいでしょ!

 

ジャイアンはこんなことしかできませんが、色々と応用が利く機能なんです。

とこんな具合に、色々と工夫しても楽しいのではないでしょうか。

« 負荷過渡応答性能 | トップページ | フィルター(前編) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 負荷過渡応答性能 | トップページ | フィルター(前編) »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト