« ジャイアンのクソ駄耳伝説 | トップページ | symphonic-mpdユーザーのためのLinux Tips(プラグイン機能編集編・其の一) »

2019年7月14日 (日)

ユーもいっちゃいなよ的な

どうしたんでしょう、私。

どうも最近、オーディオづいているようです。

なぜなら、今日も今日とてオーディオ絡みの案件が発生したからです。

二日間で三回もエントリー書くのは、ホントーに久しぶりです!

 

 

 

今日、我が家に、AlloのDigiOneが着弾しました!

 

Digione_01

 

つい数日前、Twitterではうあみさんと呟き合ってたら、いきなり「手持ちのDigiOne使ってみます?送りますよ」との提案をいただいたのであります!

 

さっそく会話の続きはDMに移り、条件を確認の上(条件らしい条件はないんですけどね)で送付先を連絡。
それが今日、着弾したと言うわけです。

 

中身はこうです!

 

Digione_02

Digione_03

 

実装されているパーツが多いです。
HiFiBerry Digi+ Proと比べて、直販価格で倍以上お高いのも納得ですね。
金属製の弁当箱のような物体が見えますが、おそらくオシレーターを電磁波から守るカバーなんじゃないかなぁ...

基板上には、ひときわ大きな樹脂製パーツがあるのですが...

 

Digione_055

 

DC/DCコンバーターでした。

 

S/PDIF変換には...

 

Digione_04

 

シーラス・ロジックのWM8805が搭載されています。

 

HiFiBerry Digi+ Proに搭載されているWM8804との一番の違いは...

 

WM8805は、8つの受信チャネルと1つの送信チャネルをサポート

WM8804は、受信チャネルと送信チャネルを1つずつ備える

 

ってところでしょうか。
そのためか、DigiOneに使われているWM8805の方が、チップサイズは大きいです。
受信チャンネルが多いということは、それだけ性能も高いということかもしれませんね。

 

で、さっそく手持ちのRPi3Bに装着して...

 

Digione_05 

 

鳴らしてみたんですが、何かオカシイ...
言われるほどよい音ではない。
なんか霞がかかったような、新鮮味のない音だ...

 

ア、設定がマスターモードのままだ!

 

HiFiBerry Digi+ Proで使ってるSDカードで、ドライバーだけ書き換えて動かしちゃったものですから、マスターモード用dt-blob.binが入ってたんですね。
スレーブ用をマスターモードで使うのは全然アリなんですが、逆はデータ送出タイミングがずれてダメなんですよ。
しかもcore_freq=401での設定だったから、なおさらだったかも知れません。

Allo DigiONeはマスターモード駆動です!

Digione_11

 

慌ててデフォのスレーブ用ソースをDLしてコンパイル、dt-blob.binの入れ替え。
そうしてやっとDigiOneの音を聴くことができました。

 

驚いたのは、

HiFiBerry Digi+ Proと比べても桁違いに情報量が多い!
音が分厚くて、キレもある。
スレーブモードでこの音出すか?(もちろんマスターモードです)HP-A8はこんな音を出せるんだ!と驚いてしまいました。
(クソ駄耳伝説を持つ男の言うことですので、話半分に受け取って下さい)
(本当にそうなった...💦)
DACの潜在能力をこんなに引っ張り出してくれるなんて!
コレはイイ!


幸いなことに、はうあみさんからは貸出期限を定められておりませんので、ここは一つHiFiBerry Digi+ Proにはご隠居願うと致しましょう😃

 

私がHiFiBerry Digi+ Proと置き換えるならば、避けて通れない道がございます。
それはI2Sカードの外部電源化です!

 

ですので、はうあみさんに許可をいただくDMを送りました。
したら、「いいですよ。私も結果に興味があります」と、アッサリ認めてくれちゃった!
(俺のモノは俺のモノ!人のモノも俺のモノ!というジャイアン的思考が遺憾なく発揮されております)

 

ありがとうございますぅぅぅぅぅ〜〜〜〜〜!!!😃

 

で、さっそくジャイアンは、DigiOneに対して陵辱の限りを尽くすのであります!

 

Digione_06

 

DigiOneのGPIOソケットには基盤を貫通するピンはなく、基盤裏側のランドに表面実装パーツのようにハンダ付けされています。
その2番ピン(5V)と6番ピン(GND)のランドに、リード線をハンダ付け。
その上で...

 

Digione_07

 

秋月電子通商で購入したゲタを履かせてやります。
もちろん5V(2・4番ピン)はカットしてあります。
さらに言うと、チェックの意味で1番ピンと17番ピンもカット。
この二つ、3.3V給電ポイントなんです。
HiFiBerry Digi+やmsBerryDACでは必須なんですが、事前にテスターでDigiOneには必要ないことは確認してあります。
それを実際に確かめたかったという訳です。

 

これを載せるRPi3Bは...

 

Digione_08

 

HiFiBerry Digi+ Proが載っているヤツです!
(はうあみさんもDigi+ Proからの乗り換え組だそうです)

 

で、こうなる。

 

Digione_09

Digione_10
(掃除しとけよという絵面でスイマセン!)

 

さっきまでDigi+ Proが鎮座していた場所に置きました。

 

で、外部給電にした後の印象ですが...

 

ラズパイから給電させるデフォ状態だと、ちょっと音がブーミーかなぁって感じがありました。
おそらく若干のノイズが乗っていたんだと思うのですが(あくまで私の聴感ですので当てにはしないでネ)、それがすっかりなくなった感じです。
(実はチョット残ってる。それもなくなるんだけど、それはまた後日のお話)
それでいて音が痩せるとか、ネガティブな変化は全く感じられません。
ほんのチョットの差ですが、そのチョットが重要だったりしますからねぇ。
誰にでもオススメできる方法ではないですが(何気にあの小っこいランドにリード線をハンダ付けするのはチョット大変)、私はやってよかったと思っています。
はうあみさん、ありがとうございます!

 

と、わざわざ外部給電にするぐらいならDigiOne Signatureをユーも買っちゃいなよと言われそうですが...

 

年内には実現したいなと考えています🎵

« ジャイアンのクソ駄耳伝説 | トップページ | symphonic-mpdユーザーのためのLinux Tips(プラグイン機能編集編・其の一) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャイアンのクソ駄耳伝説 | トップページ | symphonic-mpdユーザーのためのLinux Tips(プラグイン機能編集編・其の一) »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト