« ノイズをホイホイ(前編) | トップページ | 続・コンデンサーの音を聴く »

2019年11月 8日 (金)

ノイズをホイホイ(後編)

前回からの続きです。
ハッキリ言って、前回とはそんなに代わり映えしない内容ではあります。

 

 

あれからFront Regulatorと名づけた基板は、こうなりました。

 

Dcarrow_01_20191108201701

 

パーツの手配ミスで大きめの電解コンデンサを載せてありますが、ここは容量が大きくても問題なさげなので、取り敢えずはこのまま使いました。
問題は後段のDC-Arrowでして、こうなりました。

 

Dcarrow_02_20191108201901

 

平滑用コンデンサを置いていたところにOS-CONを。

 

Dcarrow_03_20191108203001


そして、DC-Arrow後段の電解コンデンサを、オーディオグレードなものに替えました。

 

Dcarrow_04_20191108203001


つまり、このようにしたわけです。

 

Dcarrow_05_20191108203501

 

Dcarrow_3terminal-regulator_20191108202201
(10µFのところに写真では470µFを載っけてるけど、そこは気にしないでね💦)

 

回路図だけ見ると、だいぶDC-Arrowの面影が薄れてきましたね...💦

しばらくの間symphonic-mpdを走らせているラズパイだけに、この電源を繋いでいました。
で、好印象だったので、これはもう全部こうしちゃおうということで、こうなりました。

 

Dcarrow_06_20191108203701

Dcarrow_07_20191108203801

 

DC-Arrowが無駄に6台もあるので、Front Regulatorも6台です。


音の感想は前回書いたとおりなんですが、音の帯域を形状にたとえるとピラミッド型に変化したように感じます。
非常にドッシリとした低域になりました。
とても気持ちの良い響きを伴った低域です。
まったくゆるくない。
そして決して過多でもない。
高域も気持ちよく伸びるようになりましたね。
しかし決して刺さることはありません。
加えて、また「こんな音も入っていたのね」という驚きも。
透明感を演出された音は、本当に透明感を感じる音に。
ギュインギュイン来る音は、まさにギュインギュインと。
この辺は毎度のことになっちゃっているので、もうそんなに驚かないですが(笑)

 

じゃ、それがビックリするような変化かと問われると、決してそうではないんですね。
なんて言うのかなぁ、なんとも表現が難しいのですが、鳴るべき音が鳴っているって感じ。
とても安心して聴ける音が、フツーに鳴っているって感じです。
元々こう鳴るべき音だったのを、今までがそのように聴けていなかったんだなと、そう思わせてくれる音なんですよ。

 

今鳴らしているのはAllo Digione Signature → HP-A8とmsBerryDACの2台です。
一連の電源の改造で、HP-A8はまだこんな音を出せる潜在力を持っていたんだと、また改めて驚かされました。
msBerryDACのはじけっぷりも面白いですね。
やはりそこはHATサイズの制約があるI2S DACなので、音のスケール感はDigione Signature & HP-A8に遠く及びません。
しかしmsBerryDACでないと出ない音もありまして、私の環境では、ほぼこの2つがいつも同時に走っている状態です。

 

さて、最後にFront Regulatorの図面を公開。

 

Parts_location_1

 

改造をそそのかすわけではありませんが、A4用紙にプリントアウトできる解像度(150ppi)は持たせてあります。
(図面の倍率はちょうど2倍です)
作業する上でちょっと問題になりそうなのは、ここです。

 

Parts_location_2

 

ヒートシンクの足は、決してユニバーサル基板の穴を通りません。
足をへし折るか、コレとかコレを使って穴を拡張する必要があります。

 

では最後のおまじないを...

 

ジャイアンは決してDC-Arrowの改造を薦めるものではありません。
またこの内容に沿って改造を施した結果、問題が生じても、傲慢なジャイアンは一切関知いたしません。
そして、これがもっとも大切な点ですが、この件でたかじんさんに決して問合せなどをしないで下さい。

« ノイズをホイホイ(前編) | トップページ | 続・コンデンサーの音を聴く »

趣味」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

ついに完成形ですね!
おめでとうございます!!!

私もまねっこしようと思っていまして、色々と質問させてください。
(ここで聞いた方が他の方にも良いかと思って、こちらに書かせていただきます)

1. DC-Arrow側のメタライズドポリプロピレンコンデンサーとか積層セラミックコンデンサも取っちゃうのでしょうか?(それともお好みで残しておいても可?)
2. LM388Tの放熱板を、DC-Arrowで使ってらっしゃる半分の高さのが余っているので、代わりに使おうと思っているのですが、そんなに大きいのは必要ないでしょうか?
3. 放熱板を変えると、レイアウトが変更になってしまいますが、もし距離が飛ぶような配線になってしまった場合には、AWG22とか23の電線で接続しても大丈夫でしょうか?
(短い配線に越したことはありませんが。。。)

よろしくお願い致しまする m_( o )_m
mgroovy


mgroovyさん


いつもコメントをありがとうございます!


>1. DC-Arrow側のメタライズドポリプロピレンコンデンサーとか積層セラミックコンデンサも取っちゃうのでしょうか?(それともお好みで残しておいても可?)
残しておいても問題はありません。
実は私も同じ疑問を持っていまして、少々その道の方に質問しました。
曰わく、回路の後段になるほど効果は薄れる可能性あり。
今の音に不満がる訳ではないのですが、私も音への味付け用に新たにコンデンサを用意しちゃってるので、Front Regulatorの8200µFに抱かせようと考えています。
効果のほどはやってみないと分かりません。
フィルムコンやセラコンとは話が変わりますが、mgroovyさんが今現在お使いの電解コンデンサを取っ払って私と同じことをすると、かなり音の傾向性は変わります。


>2. LM388Tの放熱板を、DC-Arrowで使ってらっしゃる半分の高さのが余っているので、代わりに使おうと思っているのですが、そんなに大きいのは必要ないでしょうか?
ヒートシンクが大きくなる分には問題ありません。
特にラズパイ給電用に使う方の三端子レギュレータは、かなり熱をもちますし。


>3. 放熱板を変えると、レイアウトが変更になってしまいますが、もし距離が飛ぶような配線になってしまった場合には、AWG22とか23の電線で接続しても大丈夫でしょうか?
全く問題ないと思います。

こうなりましたかぁ、出音の方も派手では無いのでしょうが気持の良い方向へ変化したみたいですね。
このような音の変化ですと思わずニヤニヤしちゃう感じかなぁと。
まだ続きがありそうですね、Front Regulatorの8200µFにどのコンデンサを抱かせるのかも楽しみにしてます。


ta_syumiさん


いつもコメントをありがとうございます!
確かに派手ではありません。派手ではありませんが、聴き込むほどに気持ちの良い音です。スピーカーの前で居眠りをこく機会が増えました(笑)


>まだ続きがありそうですね、Front Regulatorの8200µFにどのコンデンサを抱かせるのかも楽しみにしてます。

その前にDC-Arrowのあそこのコンデンサにゴニョゴニョを抱かせたら...
その内アップします。

少しお堅いコメントですが。。。(笑)

>確かに派手ではありません。派手ではありませんが、聴き込むほどに気持ちの良い音です。スピーカーの前で居眠りをこく機会が増えました(笑)

本当の意味で「音が良い」方向に変わったようですね。派手さや華美な色付けは一聴すると良く聴こえますが、聴き疲れの原因になりますし、曲によって合う合わないが出てきます。また、慣れてくると飽きてくるものですよね。

高解像度を実現するには基本スペックがとても重要です。歪率やS/N比、ダイナミックレンジ、これらの基本スペックがしっかりと確保できていないと真に良い音は出せません。確かにCDの理論的なダイナミックレンジは96db程度ですが、そのあたりで妥協したDACと、それ以上のスペックを持ったDACには決定的な違いがあるように思います。色付けを考えるのはその先の事だと思います。

デジタル時代に入って簡単に一定レベルのS/N比やダイナミックレンジが実現できるようになり、ソフトで簡単に色付けを変えられるようになって、基本スペックがおろそかになっているように思います。
この辺りも電源が大きく影響しているのかもしれませんね。


本当に良くなったようなので、後はお好みでコンデンサやトランジスタを変えてお楽しみください。
また何か面白い発見があったらブログで発信して下さいね。楽しみにしています。

Passさん


この度も大変にお世話になり、ありがとうございました!
以前Passさんが、突き詰めるとどのDACも同じ音になるという趣旨の話をされたことを思い出していました。
確かにそうした傾向が、今回の改造で現れたように思います。


電源は一番地味で、物量がかかる割にはそれが売り文句になりにくいといった特徴があるのでしょうか。「高音質のためにこの電源を採用したんだよ」といったコンシューマー製品は少ない(もしくはない)ように思いますね。

で、さっそくコンデンサで遊んでいます。
派手さのなかった音が、あっと言う間にギュインギュイン来る音に変わりました(笑)
私はチョットだけ艶っぽさが欲しかっただけなんですが、思っていた以上に効果が出ちゃったようです。

ジャイアンさん

ちょっと皆さんに誤解されちゃうとまずいので補足させてください(笑)


>突き詰めるとどのDACも同じ音になるという趣旨の話をされたことを思い出していました。


D/Aコンバーターという装置全体からみるとDACチップの支配力は全体の20%もないのではないかという意味です。
どちらかというと電源を含めたアナログ回路やパターンレイアウト、デジタルインターフェースの方が影響力は大きいですね。

smpdもかなり精度が上がってきている事もあり、今回の電源の改造で、DACのデジタルインターフェースの性能差がかなり縮まったのだと思います。

さすがにアナログ回路の差までは縮まらないですけどね(笑)


>私はチョットだけ艶っぽさが欲しかっただけなんですが、思っていた以上に効果が出ちゃったようです。

いろいろと試して楽しんでください(笑)

Passさん


重ねてのコメント、ありがとうございます!
なるほど、デバイスとしてのDAC全体を見た時のDACチップの支配力という意味でしたか。


>>私はチョットだけ艶っぽさが欲しかっただけなんですが、思っていた以上に効果が出ちゃったようです。

>いろいろと試して楽しんでください(笑)


だいぶ音がこなれてきまして、これはなかなか面白いですねぇ。
すでに存分に楽しんでおります!!

10周遅れの書き込みですみません。このページに在ります回路図の定数で、たった今Front Regulator+DC-Arrowを組み上げて再生してこれを書き込んでいます。何ですかこれ‼︎全く次元の違う出音じゃないですか。本当にジャイアンさんが言われている通りの音がしますね。何でこんなに聴こえない音がどこに隠れていたんでしょうか、今まで凄い損な音を聴いてたんですね。驚きを超えてショックを受けています。こんな音を聞かされてしまって今晩寝れるかなぁ・・・ヤバイです。

> ta_syumiさん

コメントをありがとうございます。
そうですか、とうとう試されましたか!効果が感じられたようでなによりです。
ちなみにこの電源、一部でDC-Yarrowと呼ばれています(笑)

これでもラズパイ用電源として十分な性能を持っていますが、以下の内容、特にPLMCAPは試してみる価値があると思います。

http://mark-create.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-74944d.html

かかるコストや手間は小さいですし、さらにブラッシュアップされた音を楽しめますよ。

お勧めのPMLCAPが手持ちに、有りましたので付けてみました。こちらも見事に言われた様に化けましたね。こんな小さなコンデンサなのにスゴい効果です。銅箔PPSもどこかに多少残っていたハズなので落ち着いたら試して見ます。
DC-Yarrowですか(笑)、この名前の由来を理解しました。私も今後この名称を使わさせて頂きますね。このDC-Yarrow方式は私には絶対発想できないです、なのでジャイアンさんの行動力とPassさんのスキルに感謝です。

> ta_syumiさん

デショデショ!私もこれを試した時には大層驚かされました。

ちなみにDC-Yarrowの名付け親はパパリウスさんです。パパリウスさんのネーミングセンスには脱帽です!

厚かましいお願いですが、こちらのDC-Yarrow、フロントレギュレータの回路図などを、私のブログに使用させて頂けないでしょうか。

既に勝手にリンクも張らしてもらっています、すみません。

> ta_syumiさん

ハイ、かまいませんよ。
ご自由に転載してください。
私も後ほどブログを覗かせて頂きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノイズをホイホイ(前編) | トップページ | 続・コンデンサーの音を聴く »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト