« 蘇れ!SS-2250M(ホーンツイーターの其の三) | トップページ | 蘇れ!SS-2250M(本当に蘇った其の五) »

2020年3月20日 (金)

蘇れ!SS-2250M(インピーダンス整合の其の四)

性懲りもなく前回同様のスピーカーネタです。

 

 

あれからアレコレ鳴らして遊んでいたのですが、今一つ音に面白みがありません。
オリジナルのSS-2250は、あんなに面白い音だったのに...
何かある範囲の周波数成分が抜けているような音なんですよね。

 

 

これは前回、シマネコさんからご指摘いただいた「インピーダンス整合」が必要なんじゃないだろか?

 

 

何てったって、オリジナルのツイーターはインピーダンスが16Ωもありました。
そこに8Ωのユニットを取り付けたんです。
そもそもからして無理があるわけです。
ウ〜ン、これは何とかしたい!

 

 

 

ちなみに、SS-2250の中域用ツイーターのバンドパスフィルターは、このようになっていると思われます。
(たぶんどこかにアッテネーターも入っているんだとは思うんですが)

 

Network_original

図は「林正儀のオーディオ講座 第7回:スピーカーの仕組みを知ろう(4) ネットワークについて(後編)/ATTについて」を参考にさせていただきました。
(とても分かりやすく読みやすい内容です)
ちなみに、実際のネットワーク基板はこうなっております。

 

Dividing_network

 

コイツを引っ剥がして、バンドパスフィルターの部分を8Ωユニット用に改造しちゃえば話は早いんです。
しかしです、ジャイアンはスピーカーのネットワークにとんと暗い。
YAMAHAのNS-100Mの場合は、ネットワーク自体がいじりやすい構造だったので、コンデンサーを交換したりして遊べましたが、コイツはどこにどう手を加えればいいのかサッパリ分かりません。
ジャイアンの知識量と経験値では太刀打ちできそうにありません。
なので、ネットワーク自体に手を加えることは諦めました。
(ココをいじれたら、ブログネタとしてはとてもオイシイんですけどねぇ)

 

で、ユニットが8Ωなら、ユニットの入力に直列で8Ωの抵抗かませりゃ、都合16Ωになるんですが...

 

Network_bad

 

これでは抵抗で音が著しく劣化してしまいます。

 

そこで、シマネコさんからご教授いただいた「手っ取り早くマトモに鳴らす方法」に飛びつくことにしました。
それがコレです。

 

Network_modified

 

ツイーターの入力に直列でコンデンサーを入れる方法です。
なぜこれで「手っ取り早くマトモに鳴らす」ことができるのか、ジャイアンはサッパリ分かっていません。
(コマッタモンダ😖)
そして今回も、シマネコさんがご親切にも、手持ちで余らしているフィルムコンデンサを送ってきて下さいました。
いやもうほんと、いつもいつもありがとうございます!
あらためて感謝申し上げます!
(自分でも4.7µFを買ってきた)

 

「だいたいこの辺だろう」という値は既にシマネコさんからご教授いただいていたので、後は実際に鳴らしてみてどうか、確かめてみるのみです。
先ずは秋月電子通商で購入した4.7µFから。

 

Capacitor_01_20200320152001

 

Capacitor_added

 

ツイーターの下の方が、盛大に出るようになりました。
ちょっとウルサイくらいです。
クライスラーのホーンツイーターではウルサすぎて聴いてられなくて、少しは音がおとなしいドームツイーターに置き換えたぐらいです。

 

次はシマネコさんから送られてきた2.2µFを2個パラって4.4µFにして...

 

Capacitor_02_20200320154401

 

オォ!
あれだけウルサかったツイーターの下の方がグッと引っ込みました!
(なのでツイーターをクラスラーのホーンツイーターに戻しました)
たった0.3µFの差ですが、音への影響は数字以上に大きく感じます。
ピアノの音がとてもイイですね。
アート・ブレーキーの「Moanin'」とか聴くと、テナーサックスとトランペットの音がとても気持ちよく響きます。
かといって、例えばシンバルの音がウルサくなることはない。
ジャズを聴く分には確実に幸せになれる音です。

 

とても気に入りました。
とても気に入ったのですが、大きな難点もありました。
女性ヴォーカルものを聴くと、ヴォーカルに楽器の音がチョイチョイ被さって響いてきます。
インスツルメンツだけだと大いに楽しめるのですが、ヴォーカルが入るとヴォーカルの良さを他の金属的な音が邪魔して、途端に残念な気持ちになってしまいます。
ウ〜ン、惜しいなぁ...

 

 

と言う訳で、今度は1.2µF3個をパラって3.6µFにして挑戦です。
(コレもシマネコさんから提供いただいたものです)

 

Capacitor_03_20200320155301

 

ウン、これなら女性ヴォーカルの良さが他の音によってスポイルされることもなく、美しく響きます。
その分、特に金管とかシンバルとか、金属系の音は若干フツーになりますが、ここはバランス重視で3.6µFでいくことにします。
(だったら4µFならどうよ?とか疑問は尽きませんが、それはまた次回以降の楽しみに取っておきます)

 

最初はツイーターユニットを替えて遊ぶだけのつもり(しかも最初はP650Kを使おうと考えていた)で始めた挑戦でしたが、気がつくと某所からツイーターユニットは飛んでくるはコンデンサーまで飛んでくるはで、思いもしなかった展開になりました。
そもそもが、ツイーターが壊れてるSS-2250をヤフオクでお安く落札できたことから始まったネタ。
スピーカーに詳しい人なら、もっと美味しくしゃぶり尽くせるんでしょうが、今のジャイアンにはこの辺が限界。
それでも、十分にオイシイ音をたててくれているので、これでイイのです!

« 蘇れ!SS-2250M(ホーンツイーターの其の三) | トップページ | 蘇れ!SS-2250M(本当に蘇った其の五) »

趣味」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

何とか聞けるようになって良かったです。
NS-100と合わせて5.1chで鳴らせますね。
私も機会があれば5.1ch挑戦したいと思います。
これからも挑戦ネタ、よろしくお願いします。


>シマネコさん

この度は重ねてのご厚意に感謝です!
実はネタにするほどてもないとブログにはアップしていませんが、一月に5.1chは組んであります。それで感じているのですが、5.1chのキモはセンタースピーカーかもしれません。現在はYAMAHAの2Kで購入した安いセンタースピーカーを使っているのですが、ココをなんとかしたいなぁ、などと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蘇れ!SS-2250M(ホーンツイーターの其の三) | トップページ | 蘇れ!SS-2250M(本当に蘇った其の五) »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト