« SANSUI SP-100iEXがやって来た | トップページ | SANSUI SP-100iEXウーハーのエッジを貼り替える »

2020年7月21日 (火)

SANSUI SP-100iEXのウーハーを取り外す

先輩宅から引き取ってきたSANSUI SP-100iEXですが、ウーハーのエッジを交換するための準備をしてみたという内容をアップしたいと思います。
エッジは既にファンテックさんに注文済み、先方も発送済みで、到着待ちです。
ちなみにエッジは、税込みで一枚2,904円。
ボンドも一緒に注文しまして、送料込みで7千円ほどになりました。

 

後学のためにエッジの交換をファンテックさんに依頼した場合の見積もいただきました。
あくまでウーハーユニットを自分であらかじめ取り外すか、業者に依頼して取り外していただき、ユニットだけをファンテックさんに送る必要がありますが(それがちょっとした仕事なんですけどね)、2個で2万ほどになりました。
これに往復の送料がかかりますから、3万近くは見た方がいいんじゃないでしょうか。
普通の素人がウーハーユニットを自分で取り外すというのは荷が重すぎますから、全部の作業を業者に依頼したとすると、10万仕事になるんじゃないかなぁと、素人頭で考えてみました。
そう考えると、SANSUIのSP-100iが中古でちょこちょこ出てくる意味も分かるような気がします。
高い金を払ってメンテしてまで使い続けようと思わない人が出てくるんでしょうね。
(私の個体の前オーナーがそのタイプ)

 

 

さて、作業の開始です。
私はまず、ウーハーの正面にはめ込まれているゴムのリングを取り外す作業から開始しました。

 

Sp100iex_01_20200721165001

 

適切な方法が思いつかないので「エェイ、ままよ!」と小さなマイナスドライバーをあてがって、木槌でコンコン。
テコの原理でゴムをベリベリと剥がす作業を繰り返す。
ある程度剥がれたら、今度は手でゴムを引っ張って、ベリベリと剥がしていく。

 

この手順で一個目はうまくいったんですが、事件は二個目で起こりました。
手で引っ張って剥がしている途中で、ゴムが「バツん!」と切れました!😵

 

Sp100iex_02_20200721165301

 

ヤベ、やっちった!と思ったのですが、ココはまた元通りにはめてしまえば全く目立たない場所なので、これはこれでヨシとします。
ただし、もうこれ以上切りたくないので、この後は慎重にマイナスドライバーを打ち込んで剥がすの作業の繰り返しになりましたが。

 

Sp100iex_03_20200721165401

 

全て無事に、とはいきませんでしたが、2本とも外れてくれました。
そしてゴムの裏側に、古いエッジと白い紙製のリングが残っていますので、コレをカッターナイフを使ってこそぎ落す。

 

問題は金属製のこちらでして...

 

Sp100iex_04_20200721165601

 

このままにしようかとも思ったのですが、一部が剥がれていたりと表面が均一になっていないので、「大丈夫かなぁ?」と思いつつ、こちらも彫刻刀でキレイに剥がしてしまいました。
さぁ、コレが凶と出るか吉と出るか...
(残したまま作業をすすめた方もいらっしゃるようですね)

 

と、外側の作業はここまで。
いよいよエンクロージャー内部に舞台を移し、ウーハーユニットを取り外します。

 

なので裏蓋を外さなければならないのですが...

 

Sp100iex_05_20200721165801

 

なんともう1本の裏蓋がウンともスンとも外れてくれません!
あれこれ試行錯誤を繰り返しましたが如何ともしがたく、最後の手段と、ココにもマイナスドライバーをあてがいまして、つなぎ目に打ち込みました!

 

結果、数カ所の傷を作ることに...😖
しかし強硬手段に打って出た甲斐があって、やっと裏蓋が外れてくれました。
個体差とは言え、こういうこともあるんですねぇ...アァ、モッタイネェ

 

いよいよウーハーを取り外します。
まず、ウーハーにつながっているラインを取り外し、ウーハーを背面から固定してある2箇所のボルトと2箇所のナットを緩めまして...

 

Sp100iex_06_20200721170301

 

全部取っ払っちゃいます。

 

Sp100iex_07_20200721170401

 

写真は2箇所のスタッドボルトだけが残っている状態。
次に、中央のボルトを締め上げます!

 

Sp100iex_08_20200721170401

 

運が悪いとここのボルトを固定している鬼目ナットがトルクに負けて緩んでしまう場合もあるそうですが、私の場合は2本とも最後まで締め上げることができました。

 

Sp100iex_09_20200721170601

 

この時の作業でとても役に立ったのが、この近所のDIYショップで買ってきた小さな13ミリのラチェットレンチ。
税込み700円程度。

 

Sp100iex_13

 

エンクロージャー内部は狭いですから、これくらい小さな工具の方が効率がいいです。
ソケットレンチを使うという手もありますが、そうするとスタッドボルトに付いているナットを外せません。
そういう意味でも、このラチェットレンチは買って正解でしたね。

 

中央のボルトを完全に締め上げた状態で、ウーハーはここまで前に出てきます。

 

Sp100iex_10_20200721170901

 

しかしこの状態からでも、腕の力では引き抜くことができません。
ウーハーの裏側から棒状のもの(私は木槌の柄を使った)でグイグイと押してやると...

 

Sp100iex_11

 

ゴロンとウーハーが完全に出てきます。
この写真で、ウーハーに黒いテープのようなものが巻かれていますが、これはブチルテープ。
エンクロージャーの気密を保つために、エンクロージャーの開口部とウーハーの隙間を埋めています。
だから腕の力では抜けなかったんですね。

 

で、完全に外れたウーハー...

 

Sp100iex_12

 

何ともゴッツイウーハーユニットです!
ここでコーン裏側に残った古いエッジの残りをこそぎ落とすのですが、既にエッジは完全に剥がれ落ちていて、古い接着剤のカスが残っている程度でした
また、写真の状態でコーンの裏側にアクセスしなければならないため、作業性が悪い悪い。
これは新しいエッジを貼る時に苦労しそうです💦

 

さて、今回の作業はここまで。
次は新品のエッジが届いてからのお話となります。

« SANSUI SP-100iEXがやって来た | トップページ | SANSUI SP-100iEXウーハーのエッジを貼り替える »

趣味」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SANSUI SP-100iEXがやって来た | トップページ | SANSUI SP-100iEXウーハーのエッジを貼り替える »

フォト

本日のアクセス累計数


Twitter


カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • オーディオ
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • 住まい・インテリア
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 趣味
  • 音楽
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ブログランキング

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト