« 軟着陸 | トップページ | 久々に呻く »

2017年5月19日 (金)

突き放す

背筋の激痛はなくなった。
相変わらずコリや痛みはあるが、激痛でうめき声をあげるということはなくなった。
睡眠の質も、良くなっている傾向と思われる。


午前中に半分覚醒するが、無理矢理寝る。
頭の芯に、相変わらず重いものを感じるから。
今日は午後2時頃の起床になった。
それでも夜も9時を回るぐらいには、目がしぶい。
頭が睡眠を欲するようになる。



どこかのタイミングで、しっかり、徹底的に疲れを抜きたい。
そのために入院したい。
とは思っているのだが、期待した通りにならないのが、今までの私なのだ。



それでも、この5月か6月のどこかの時点で、現在の状況は大きな転機を迎えるだろうとは感じている。
それは年明け頃から、ずっと感じてきたこと。
期待とかではなく、無根拠な確信めいたものだ。




先日、5月15日の外来付き添いで、私は一定の仕事をやり終えたと感じている。
ここから先は、オマケみたいなステージだと思っている。



今までは我慢に我慢を重ね、徹底的に男性の想いに寄り添うことを旨としてきたが、その方針を転換。
意図して転換させた訳ではない。
気がついたら、そうしている自分がいる。




なるべく自分を客観的に捉え、理知的に行動しようと考え、生きてきた男性だ。
しかし、一人の努力で勝ち得たもの差しで自分を計れるほど、人間は単純にできていない。
そうした考え方、生き方は、ともすれば偏屈な人間を生みやすいのだろう。
男性が、その典型例だ。



そのように物事を捉えたい動機は、よく理解できる。
生まれてこの方、生きてきた時代背景や個別具体的な事情を斟酌すれば、それは当然だろうと思う。
そして、現代にあって、その男性を理解できる人、理解しようという人が皆無であろうことも、よく分かる。
だから私は、言うべきことは山のようにあるけども、それらを全て腹にしまい込み、敢えて男性の言い分に、そのありように、全面的に寄り添ってきた。



そうした関係の在り方が、主治医をして「共依存だ」と言わしめるものだったんじゃないかと、私は捉えている。



5月15日を境に、そうした事情が私の中で、大きく変わってしまった。



身勝手な解釈、ワガママな考えには、もう付き合わない。
どうでもいいことは、本当にドウデモイイので、真剣な面持ちで聞き流す。
しかし、コレはと思う点があれば、断固として「それは違う」と言い返す。
そして、理路整然と、徹底的に、コッテンパンにやり込める。
そうやって、状況へのより深い理解と同意を引き出す。
その時の私には、笑みがない。
真剣勝負で向き合う。



そうしたことが影響してか、それ以降は、男性宅を訪れて、疲れ果てるということがなくなった。
それでも実は疲れていて、部屋に戻って小一時間は横になるんだが、それでも疲れ果ててはいない。





左肩の傷口が、少し広がっているようだ。
体液の漏出量も増えている。
傷口はキレイなので、差し迫った問題ではないが、この状態が続くのは良くない。
胃ガンや肝臓の影に怯えている間に、肩の傷でやられたなんて、シャレにならない。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

« 軟着陸 | トップページ | 久々に呻く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576892/65302364

この記事へのトラックバック一覧です: 突き放す:

« 軟着陸 | トップページ | 久々に呻く »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Blog Ranking

  • にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ
  • にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

アフィリエイト

  • Amazon ウィジェット
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazon アソシエイト